女性 舌を出す

舌を出すのは印象悪め!舌を出してしまう10の心理と癖を直すコツ

怒られたときなどに、ペロリと舌を出してしまう癖はありませんか?幼い子供にありがちな癖です。大人になってからも、その癖が直っていないのでしょう。ビジネスシーンで舌出しの癖が出ると、不真面目に思われることがあります。一般的に舌出しは、自分が好意のある人の前やリラックスしているときに見られるものです。舌を出す人には、どのような心理があるのでしょうか?

舌を出す行為が周りに与えるデメリット

舌
どんなときに舌を出すかですが、ちょっと失敗してしまったときなどにペロリと舌を出す人がいます。その失敗が重大なことで、緊張しているときに舌は出ないでしょう。舌を出すのは、失敗を軽く見ているということです。舌を出す行為は、周りの人にふざけていると思われるおそれがあります。初対面の人だと、軽くて頭が悪そうな印象を与えてしまうでしょう。

ふざけていると思われる

状況しだいでは、舌を出す行為がふざけていると思われる場合があります。真面目な人相手だと、態度が悪いと叱られることもあるでしょう。舌を出して叱られるのは、20代ぐらいの若い年齢までです。30代以降のいい大人が舌を出したとしても注意はされず、「いい年をして」とあきれられるだけでしょう。むしろ若者が舌を出したときに、「イマドキの若者は」と注意する側にまわる年代です。

ブリッコしていると思われる

女性 舌を出す
舌を出すのが若い女の子であれば、まだかわいいと思われそうです。いい年をしたオバサンが舌を出しても、ブリッコしていると思われるだけでしょう。まだまだ自分は若いと思っていたりすると、ついペロリと舌が出てしまうことがありそうです。いつまでも若者気分が抜けずに、そのまま大人になってしまったような人がいます。

頭が悪そうだと思われる

ペロリと舌を出す行為は、頭が悪そうに見えます。常識のある人は、何か失敗したとしても舌を出したりはしないでしょう。育った家庭環境がしっかりしていれば、親が注意していそうなマナーです。厳しい会社に勤めていれば注意されたときに舌を出すのは、上司に叱られるレベルです。

舌を出す人のあるある?心理状況別に原因分析

舌を出す人の心理として、相手に甘えたいという気持ちがあります。自分のことをかわいいと思っている人がやりそうな仕草の一つです。その一方で舌を出す行為が、強い敵意として示される場合があります。相手を挑発するときにも、舌を出します。舌を出すという行為が何を意味するのかは、舌を出している人の性格にもよるでしょう。

相手に甘えたい


相手に甘えたいという気持ちがあると、思わず舌が出てしまうようです。子供の頃からの癖のようなものでしょう。誰の前でも舌を出すということはなく、甘えられる相手は限られています。恋人とか仲の良い友達の前であれば、気持ちがリラックスしているから舌が出るということもありそうです。舌出しには、親愛の情みたいなものがあります。

その場を平穏無事に納めたい

その場を平穏無事に納めたいという気持ちがある場合も、うっかり舌が出てしまいます。舌を出す行為というのは無防備な状態なので、ホッとしたときに出やすい仕草です。舌を出す人は自分のチャームポイントのように考えており、気のゆるみから舌を出していることもあるでしょう。

周りの人間に対して安心している

舌を出す行為が許される環境というのは限られています。周りの人間に対して安心している場合でしょう。仕事で緊張しているときに怖い上司に向かって、笑いながら舌を出す人間はいません。舌を出しても許されると思っているから、平気で舌が出せるのです。対人関係の良い職場でなければ、そこまでリラックスできません。

相手に媚びる気持ちがある


相手に媚びる気持ちがあると、ペロリと舌が出やすくなります。舌を出しやすいのは、相手がそれを許してくれそうな場合です。相手は舌を出しているのを見て、「しょうがないな」と許す気持ちになるのでしょう。相手とのコミュニケーションがうまくいっている場合に許される行為です。

「自分かわいいでしょ」アピールがしたい

ペロリと舌を出す人は、「自分かわいいでしょ」とアピールがしたいのかもしれません。恋人同士の場合は、彼に向けて彼女がペロリと舌を出して見せたとしても、甘えた行為の一つにすぎません。周りの人が恋人同士のやり取りを見たとしても、それほど違和感は感じないでしょう。

強い敵意の表れ

ペロリと舌を出す行為は、人によっては強い敵意の表れとなります。なかには挑発的に舌を出して見せつける人がいますから、舌出しの使い方は人それぞれです。怒っている相手に向かって舌を出す人は、相手を挑発する行為となるでしょう。バカにした行為と見なされ、より相手を怒らせることになりますから気をつけてください。

緊張を緩和したい


笑ってはいけない場面で笑ってしまう人がいます。自分の中の緊張を緩和しようとして、つい笑ってしまうのでしょう。舌を出す行為もそれと同じで、その場の緊張をほどこうとしているのかもしれません。場をなごませたい気持ちはわかりますけど、笑ってはいけない場面がありますし、リラックスできるにしても舌は出さないほうが良いでしょう。

異性を誘いたい

異性を誘いたいときに、舌を出して見せる人がいます。ちょっとした愛想を振りまいているつもりなのでしょう。舌というのは、自分の身体の内側にありますから、舌を見せるということはセクシーな意味合いが含まれています。セクシー系の女性がやると効果的です。

相手に好意がある

好きな異性と嫌いな異性がいるとしたら、舌を出すのは相手に好意がある場合です。気を許している相手だからこそ、舌を出すという気軽な行為が行えるのです。嫌いな異性に対しても反抗の意味で舌を出す女性がいますけど、好意があると誤解されやすいのでやめたほうが良さそうです。

物事に興味がある


物事に興味があるときに、舌を出す行為をする人がいます。ちょっとした癖の一つでしょう。口元のゆるい人にありがちですけど、たいして意味のないときに舌が出てしまう場合があります。むやみに舌出しをしないように、口をしっかり閉じておく習慣をつけましょう。

無意識に舌を出してしまうのを直すポイント

友達に気付いたら注意してもらうよう頼む


舌を出してしまったときに、友達に気付いたら注意してもらうように頼んでおきましょう。友達に注意されたらその都度謝っていれば、そのうち癖が出なくなります。舌出し1回につき100円を払うようにすれば、お金がかかることもあってやらなくなるかもしれません。

下の歯の裏側に舌の先を付けて固定する癖をつける

無意識に舌が出るのを直す方法として、下の歯の裏側に舌の先を付けて固定するやり方があります。ヒマなときに意識して行うようにすれば、舌を出す癖が止まる可能性があります。舌を出す癖を直したいと思う場合は、この方法をお試しください。

いい年して舌を出すのは恥ずかしいことと認識する


ペロリと舌を出す行為が似合うのは、若い女性か小さい子供のうちだけです。いい年をして舌を出すのは恥ずかしいと認識することでしょう。どこか大人になりきれていないから、子供の頃の癖が抜けきらないのではないでしょうか?

まとめ

舌を出す行為が似合うのは、小さな子供か若い女性までです。ビジネスや大事なシーンで舌を出すと、相手に不快感を与えるおそれがあります。舌が出ていると気づいたときに直しておいたほうが良いでしょう。無意識にこの癖が出ている場合は周りの人に、気づいたときに舌が出ていると教えてもらえるように頼んでおきましょう。