怒らない人の特徴15個!怒らない人になるための方法

ちょっとしたことで怒る人は、怒りの感情を上手にコントロールすることができない人でしょう。。怒ることで人間関係も悪くなりますから、感情をおさえることが大切です。どうしたら怒らない人になれるのでしょうか。怒らない人になるための方法について考えてみましょう。

怒る以外の感情が激しい人は、こちらもチェック!

感情の起伏が激しい人は本人もつらい?原因とコントロール法を解説

あわせて読みたい

感情の起伏が激しい人は本人もつらい?原因とコントロール法を解説

続きを読む

怒ることのデメリット


怒ることで身体に力が入って疲れますし、怒った相手との人間関係も悪くなります。

なにより自分の気持ちがおさまらず、怒った後もしばらくイライラした状態が続きます。怒ると血圧も上がり、ストレスが溜まるなど健康面にとってもマイナスです。

怒ることには、たくさんのデメリットがあります。それでも怒らずにいられないのは、どうしてでしょう?

心身ともに自分が疲れる

怒るには、大きなエネルギーが必要になります。怒った後におなかがすくのは、それだけ大きなエネルギーを使っているということでしょう。

怒って物事が解決するならいいですけど、怒るだけで何の解決にもならず、誰も反省しないということになれば、怒り損というものです。自分が疲れるだけでなく、怒ることはエネルギーの無駄遣いになります。

正常な判断ができなくなる


怒ると感情のコントロールがつかなくなり、正常な判断ができなくなります。怒っている人は怒鳴ることで、怒りがどんどん大きくなっていきます。まず、怒ると他人の意見が耳に入らなくなります。

怒っている人は「自分は正しい」と思っていますから、他人の意見を聞いて考えが変わることはありません。それどころか怒っている人に意見を言うと火に油を注ぐことになり、ますます怒らせてしまうでしょう。

怒った相手との人間関係が悪化する

怒りっぽい人は、自分がイライラするだけでなく、怒った相手との人間関係も悪化します。怒られた相手は、怒られたことをうらみに思うでしょう。怒った相手から嫌われることは、目に見えています。

さらに難しいのは怒った後の接し方であり、怒った人に対するフォローが必要になります。

怒らない人の15個の特徴

怒らない人には、優しい性格であるとか、人の話をよく聞くといった特徴があります。怒らない人の特徴を知ることで、あなたも怒らないようになれるかもしれません。怒らない人は、どのようにして感情をコントロールしているのでしょうか?

怒ることのデメリットをわかっている

笑顔

怒った後で、後悔することはありませんか?怒らない人は、怒ることのデメリットがよくわかっているから、できるだけ怒らないようにしています。

怒った後に悪くなった人間関係をフォローしなければいけないことまで考えれば、怒るのを我慢するほうがまだマシというものです。怒ることのデメリットを理解すると、怒る気持ちにセーブがかかります。

他人に興味がない

怒らない人には優しそうな印象がありますが、他人に興味がないから怒らないということもあるようです。あなたは、路上で会った初対面の非常識な人に対して怒ることはあるでしょうか?

怒らない人にとっては、自分の周りの人も路上で会った初対面の非常識な人も、同じように見えています。他人に興味がないと、相手が怒っていたとしてもサラリと流すことができます。

他人に期待していない


怒る人は他人に期待するから、その期待を裏切られたときに怒るのでしょう。最初から他人に期待しなければ、怒る必要はありません。

友人と何かを約束したときなども、相手に期待しすぎると怒りたくなってしまいますが、最初から期待していなければ約束を破られたとしても、それほどガッカリすることはないでしょう。

自分と他人を比べない

怒らない人は自分は自分、他人は他人と分けて考えることができるから、他人のことでイライラさせられることがありません。自分のことで怒るのはまだしも、他人の話を聞いてまるで自分のことのように怒る人がいます。他人の問題を自分のことのように考えることのできる人です。

怒らない人はこれとは逆で、自分のことを他人のように客観的に見ることができるから怒らずにいられるのでしょう。

怒ることにエネルギーを使うのがもったいない

怒るには、大きなエネルギーを必要とします。怒って問題が解決するならまだしも、なんの解決にもならない場合は怒るだけ無駄というものです。

怒らない人は、「怒ることにエネルギーを使うのはもったいない」と考えます。怒る人に対しても、そのエネルギーをもっと有意義なことに使ってほしいと思っているに違いありません。

細かいことはあまり気にしない


怒らない人は心が広いのか、細かいことをあまり気にしない傾向があります。怒りっぽい人には繊細な人が多く、いろんなことで傷ついては自分を傷つけた人に対して怒ります。

怒らない人には、他人が怒っている理由がまったくわからない場合があります。細かいことが気にならないからでしょう。

我を忘れるほどの執着がない

怒りっぽい人は、怒りの原因がなくなった後でもイライラが止まりません。それは感情というより、すでに執着になってしまっています。

怒りっぽい人は「昨日こんなイヤなことがあった」とすでに終わったことに執着しますが、怒らない人は「そんなこともあったかな」と気に留めることがないようです。イヤなことが怒ったとしても、すぐにそのことを忘れます。イヤなことは、忘れるのが一番です。

強い信念を持っていない


強い信念を持って生きていると、信念に反することが起きたときに怒りっぽくなります。

強い信念を持っていると、別の信念を持った人と意見がぶつかることもあるでしょう。怒らない人には、良い意味でそこまでの信念はないようです。

怒らない人は信念を持つ人に対してスゴイとは思っていますが、他人の信念に自分が動かされるようなことはないでしょう。

心に余裕がある

怒らない人は、心に余裕があります。相手の立場に立って物事を考えられるので、相手の気持ちを理解できます。

相手の人も自分が理解されていると思えば、怒らない人の立場を尊重し、一歩引いて付き合うようになります。その結果として怒らない人の周りには、大きなトラブルが少なくなるのです。

優しい性格

怒らない人には優しい性格の人が多く、たいていのことは黙って譲ってくれます。怒らない人は気配り上手で、人の悪口を言ったり、誰かの失敗を非難するようなことはありません。他人の失敗をそっと陰に回ってフォローするような人です。

平和主義


平和主義な怒らない人は、穏やかな環境を好みます。まったく怒らないわけではありませんが、怒るぐらいであれば自分が我慢しようと考えます。相手の立ち場に立って考えることができます。自分が平和主義を通すことで周りの雰囲気も、自然に穏やかなものになるでしょう。

育ちがよい

子供の育ち方は、親の育て方も関係しています。怒らない人はおおらかな人間になるように、親に大切に育てられています。親が子供に対して理不尽に叱ることがなく、優しく諭すような育て方をしている場合、穏やかな子供に育つでしょう。

怒らない人の親も子供と同じで、おっとりとした性格をしている場合があります。親が子供の手本となります。

論理的な性格

論理的な性格をしていると、理不尽な理由で怒ることが少なくなります。怒っても無駄と思える場面で、感情的に怒ることはないでしょう。

怒ることに意味がないと思えば、論理的な人はもっと効率の良い方法を考えるものです。怒るにも目的が必要で、状況を改善できない怒りは怒るだけ無駄と考えられます。

人の話をよく聞ける


怒らない人は、人の話をよく聞きます。判断が難しい場合は、他人の話をよく聞いた上で怒るかどうかの判断をするでしょう。

怒りっぽい人は、人の話を聞かずに思い込みで怒ることがあります。人の話を聞く耳があれば、そこまで怒らずにすんでいるかもしれません。

マナーのある常識人

マナーのある常識人は、周囲の状況を考えずにカッとなって怒鳴ったり、当り散らすようなことはありません。怒る前に、「この怒り方で大丈夫!?」と自問自答することもあるようです。怒るときでさえマナーを重んじ、常識的な怒り方をします。

怒りっぽい人は声が大きく、言葉遣いが悪い傾向があります。マナーのある常識人は、怒りっぽい人をマナーの悪い非常識な人と見なすでしょう。

怒らない人になる方法

女性 笑顔
怒らない人になる方法ですが、気持ちを穏やかに保ち、つまらないことでイライラしないことでしょう。

イライラの原因となりそうな感情をコントロールすることが大切です。怒らない人でも、怒って当然なトラブルにあうことがあります。

怒りっぽい人との違いは忍耐力が強かったり、怒りに対する考え方に違いが見られることです。

 

自分がどのような性格なのかを理解する

すぐに怒る人が、怒らない人になるためには、「イライラの原因となりそうな感情をコントロール」することが必要となります。そのためにはまず、自分が何に感動し怒りを感じ、喜びを感じるのか、自分の性格について知ると近道となるでしょう。

自分の性格が分かれば、事前に怒る原因を避けることができます。ここでは自分の性格を知ることのできるサービスをご紹介します。

自分の性格を知りたいなら「グッドポイント診断」がおすすめ

グッドポイント診断は、選択式の問いに答えると、18個の素質を導き出してくれるもの。就活や転職のサービスを展開しているリクナビが作っている診断で、無料のストレングスファインダーと言われるほど密度の高い診断結果が魅力です。

「怒る人」によくある資質、「怒らない人」によくある資質などもわか流ので、自分でどのようなことを意識すると怒らない状態を保つことができるかも気づくことができます。

\自分の持っている素質がわかる/

怒らない人と自分の違いを理解する

同じような出来事に遭遇したとしても、すぐに怒る人と怒らない人がいます。あなたの周囲の怒らない人をしばらく観察してみてください。

怒らない人がどのような方法で怒らずに対処しているのかがわかるようになるでしょう。それを見習っているうちに、自分も怒らない人になっていきます。

6秒間我慢する

砂時計 時間
怒りをおさえる方法ですけど、カッとなったときに「6、5、4、3、2、1」と数字をカウントダウンしましょう。6秒間我慢するだけで、怒りの気持ちが消えてなくなります。

この方法を繰り返すうちに、数字を数えなくても怒りを我慢できるようになります。

「こうあるべき」という考えを捨てる

怒りっぽい人には、「こうあるべき」というこだわりのようなものがあり、その考えからはずれた場合に怒ります。こうあるべきという固定観念は、その人自身の考えをしばります。

もっと物事に柔軟に対応するようにして、「こうあるべき」という考えを捨てることで、怒ることが少なくなるでしょう。

他人との価値観の違いを割り切る


人にはそれぞれ価値観に違いがあります。他人の価値観を受け入れることができないと、怒りにつながります。価値観は違って当たり前ですが、他人の価値観を受け入れることのできないのが問題です。他人との価値観の違いを理解することで、人間関係はスムーズなものとなるでしょう。

まとめ

怒らない人は、多少イライラすることが起こったとしても感情的にならず、気持ちを上手にコントロールします。怒ることは健康に良くありませんし、人間関係も悪化させます。

日頃の努力しだいで怒らない人になることは可能ですから、デメリットをよく考えて怒りをコントロールしてください。