目が泳ぐ人の10の心理状態!目が泳ぐ癖を直す方法

目が泳ぐとは、人が動揺するさまを示した表現です。一般的に嘘をつく人の目が、キョロキョロと左右に泳ぐ状態などを言います。目は心の動揺が出やすい場所です。特に気の弱い人に起こる傾向があります。目が泳ぐ癖がある場合は、自信をつける方法を考えて早めに直したほうが良いでしょう。

目が泳いでいる人に対する周囲の印象

女性 目
目が泳いでいる人を見たとき、周囲の人に動揺していることが伝わります。つまらない理由でたびたび動揺すると、頼りない印象を与えるでしょう。情緒不安定だと思われる場合もあります。事前に情報を得ておくだけで気持ちが落ち着く場合もありますから、動揺せずにすむ方法を考えましょう。

頼りない

ささいなことで動揺してすぐに目が泳ぎがちな人は、他人に頼りない印象を与えます。もともと性格的に気が弱いとか、心配症なところがあるのかもしれません。優柔不断さが周りの人をイライラさせることがありますから、もっと気持ちを強くもってリラックスしてください。

嘘つき

目が泳ぐ状態は、しばしば嘘をつく人に見られます。気の強い人は、嘘をついたとしても相手の目を見ることができますから、気の弱い人に多い状態でしょう。気の弱い人は嘘をついていることがバレそうになると挙動不審になり、キョロキョロと目が泳ぎます。すぐにバレてしまいそうな嘘をつくことにも問題があります。嘘がバレないと思っていれば、目が泳ぐことはないでしょう。

情緒不安定


情緒不安定な人にも、目が泳ぐ癖のようなものが見られます。情緒不安定な人は感情の起伏が激しく、すぐに自分の気持ちをコントロールできなくなります。目が泳ぐ理由として、睡眠不足やストレスなどが原因かもしれませんから、気持ちを落ち着けるために自分をイライラさせる原因を取り除くことが大切です。

目が泳ぐ人の10の心理状態

目が泳ぐ状態は、気持ちが動揺しているときに現れます。焦っているときや緊張している場合に、出やすくなるようです。嘘をついている場合や隠しごとがあるときは、それを正直に話すことでしょう。動揺する原因がなくなれば、目が泳ぐこともなくなります。

恥ずかしい

恥ずかしさがあると、顔が赤くなったり、気持ちが動揺したりします。それが性格からきている場合は、ある程度の開き直りが必要です。テレ屋の人は、少しのことですぐに恥ずかしくなってしまうようです。恥ずかしさから目が泳ぐのは、一時的なものでしょう。少し時間がたって恥ずかしさがおさまれば、目の泳ぎも止まります。

焦っている

女性 焦る
気持ちに焦りがあると、目が泳ぎやすくなります。気持ちが焦る原因ですけど、時間が迫っていたり、誰かに急かされている場合でしょう。時間に余裕を持って早めに対処することで、目が泳ぐこともなくなります。予防策としては、焦らなければならない状況まで自分を追い込まないことです。気持ちに余裕がないから、焦る必要のないところで焦ることになってしまいます。

緊張している

緊張している場合も、目が泳ぐことがあるようです。とりあえず深呼吸でもして、気持ちを落ち着けましょう。軽く身体を動かしてみると、緊張状態から解けることもあります。余裕があるならストレッチでもすれば緊張が解けて、自然に目の泳ぎは止まります。

嘘をついている

女性 嘘
嘘をついている場合に、目が泳いでしまうことがあります。嘘もバレなければ平気でしょうけど、バレそうになると目が泳ぎます。どうせバレる嘘なら、自分から話してしまうのはどうでしょう?バレるのを隠そうとするから、動揺をおさえられなくなります。目を見て相手に気づかれたのでは、隠す意味がありません。正直に話せば気持ちが軽くなります。

隠しごとがある

嘘と同じで、隠しごとがあるときにも目が泳ぎます。目が泳いでいるのを見られれば、何か隠しごとがあることはバレバレです。隠しごとがあるのではないかと疑いを持たれている場合は、話してしまったほうがスッキリするでしょう。隠しごとを素直に話せば、許してもらえることもありそうです。

人とコミュニケーションを取るのが苦手


人とコミュニケーションを取るのが苦手な人は、自分が嫌っている人と話すときに目が泳いでしまうことがあります。仲が良い人と話しているときに、目が泳ぐようなことはないはずです。相手を怖いと思ってしまうと、目に動揺が出てしまいます。普段からコミュニケーションを取って、苦手意識をなくしておきましょう。

目の前の相手が苦手

目の前の相手が苦手な場合に、目が泳ぎやすくなります。できるだけ相手の良いところを探して、苦手意識をなくすような努力をすれば、目が泳ぐことがなくなるはずです。一対一だと緊張すると思う場合は、ほかの人と一緒に話すようにすると会話がスムーズに進むのではないでしょうか?

その場がつまらない

その場がつまらないときに、目が泳ぎやすくなるようです。つまらないという気持ちが表情に出ないように努力することでも、目が泳いでしまいます。つまらないと思ったときは、頭の中で楽しいことを思い浮かべてみてください。表情がやわらかくなって、目が泳ぐようなことはなくなります。

悩みがある

女性
目が泳いでいるのは、何か悩みがある場合ではないでしょうか?心配なことがあるから、心の動揺が目に出てしまうのでしょう。相手に悩みがないか聞かれた場合は、目に動揺が出ていることになります。心配ごとがなくなれば、表情に落ち着きが出て目の泳ぎもおさまります。できるだけ早く悩みを解決しましょう。

思い出したいことがある

思い出したいことがある場合に、目が泳ぐことがあります。思い出そうと一生懸命に考えているときの目の動きです。なかなか思い出せないイライラが、瞳に動揺となって現れます。思い出しさえすれば、目の動きは自然におさまるでしょう。

目が泳ぐ癖を直す方法

目が泳ぐ癖を直す方法ですが、自分が動揺する原因になる隠しごとや嘘をついたりしないことでしょう。目が泳ぐ傾向は、自分に自信のない人に多く見られるため、自信を持つために自分磨きをすることも大切です。自信のある人は目に安定感があり、つまらないことで動揺することもありません。根拠のない自信でもかまいませんから、もっと気持ちを強くもってください。

自信を持つために自分磨きをする


動揺しやすい人は、自信をつけるために自分磨きをしましょう。自分に自信がつけば、滅多なことでは目が泳いだりしなくなるものです。何か人に自慢できる特技のようなものがあれば、心の支えになりそうです。これまでに人からほめられた経験があれば、長所を伸ばすことで自信につながることもあるでしょう。

隠しごとはしない

何か隠しごとをしていると、それがいつかバレるのではないかと動揺して挙動不審になります。心の動揺が、目の動きとなって出るのです。隠しごとを他人に知られたくないと思うと、毎日ビクビクして過ごさなければいけなくなります。挙動不審になるのを避けたければ、他人に知られて困るような隠しごとをしないことでしょう。

嘘をつかない

嘘をついている人の目が、キョロキョロと泳ぐことがあります。嘘をつかなければ、そこまで動揺することもありません。目の動きを止めるには、つまらない嘘をつかないことでしょう。正直に毎日を過ごすことで、気持ちに安定が訪れます。

リラックスを心がける

女性 自由
ストレスがあると、気持ちに余裕が持てなくなります。ストレスの原因を取り除く必要があります。心に余裕があれば、目が泳ぐことなどなくなります。目が泳ぎそうになったら大きく深呼吸をして、気持ちがリラックスするように心がけましょう。

まとめ

目が泳ぐのを直すためには、自分に自信をつけることが大切です。自分に自信がつけばつまらないことで動揺することもなくなり、目に動揺が出るようなこともありません。ほかには、嘘をついたり、苦手な人と一緒に行動することを避けることでしょう。気持ちが動揺しそうな原因を遠ざけてみてください。