リキッドファンデーションの選び方とは?おすすめ商品9選

さらっとして伸びがいい点が大きな特徴であるリキッドファンデーションですが、単に使用感がいいだけではなく、実はいろんな点でメリットが感じられるものなのです。

これまであまりリキッドファンデーションを使用したことがない方は、リキッドファンデーションの持つ効果などを知ることで使用頻度も増えていくことでしょう。

そこでリキッドファンデーションの持つ様々な効果について説明したいと思います。またおすすめしたいリキッドファンデーションについてもご紹介したいと思います。

リキッドファンデーションの効果


リキッドファンデーションは乳液のようなテクスチャーでさらっとしており、伸ばしやすく使いやすいファンデーションです。

このリキッドタイプのファンデーションはメイクに関する様々ないい効果が実感できるものなのです。あまり使ったことがない方も是非リキッドファンデーションの効果を知り、メイクに活用してみてください。ここでリキッドファンデーションの持つ効果について説明したいと思います。

しみやシワを隠せる

リキッドファンデーションはカバー力が強いものならできてしまったしみやシワを上手に隠すことができます。乳液状のファンデーションがしみやシワをきれいに隠しながら肌表面を均一に整えて、光の反射で美肌を演出してくれます。

また濃いしみについては、リキッドファンデーションを付けた後に再度指先で少ししみの部分を隠すように、コンシーラーの代わりに使用してみるのもいいでしょう。コンシーラーよりももっと自然な感じに仕上がります。

お肌に潤いを与えてくれる


リキッドファンデーションは乳液のようになっており、商品の多くは潤い効果のある成分を配合しています。そのため、メイクをしながら同時に保湿効果を肌に与えてくれます。

肌が乾燥しがちな方は、パウダーやクリームタイプよりもより保湿効果が期待できるリキッドファンデーションを使用したほうがメイクが粉っぽくなりませんし、しっとりした美肌にすることができます。

粉っぽくならずナチュラルに仕上がる

ファンデーションは一般にパウダーとクリーム、リキッドタイプに分類されます。この中で最もしっとりして粉っぽい感じにならないのがリキッドタイプです。

リキッドファンデーションは乳液のようなテクスチャーでしっとりした肌に仕上げることができます。自然に肌になじむため、ナチュラルな仕上がりを希望する方はリキッドファンデーションを使ってメイクをするといいでしょう。

リキッドファンデーションの選び方

リキッドファンデーションは様々なメーカーから特徴の異なる商品が販売されていますが、適当に選ぶのではなく、自分の肌質や肌の悩みに対応した商品を選ぶことが大切です。それによって気になっている点をカバーすることができますし、またメイクの仕上がりも変わってきます。

そこでリキッドファンデーションの選び方の基本について説明したいと思います。これを知って正しくリキッドファンデーションを選択してください。

カバー力で選ぶ

ファンデーションは肌のくすみやしみ、そばかすなどを隠すことができますが、ただその濃さによってはカバーしきれないことがあります。そのため、くすみやしみ、そばかすの濃度に対応した商品を選択することが大切です。

しっかりと隠してくれる商品を希望する方はカバー力のあるリキッドファンデーションを選んで購入するようにしてください。

肌質に合わせて選ぶ

特に乾燥などがない普通肌、肌が敏感な敏感肌、肌が乾燥しがちな乾燥肌など、いろんな肌質があります。まずは自分の肌質がどれに当たるのかをチェックし、それに合ったタイプのリキッドファンデーションを選択するようにしてください。

商品によっては保湿力が強いものがあります。こういった商品は乾燥肌の方でも安心して使用することができます。また肌が敏感に感じる方は刺激のある成分が配合されていない、敏感肌向けのリキッドファンデーションを選ぶといいでしょう。

ナチュラルに仕上がるかどうかで選ぶ

ファンデーションの中でも特にナチュラルに仕上がるのがリキッドファンデーションです。粉っぽくならず、肌に自然になじむ特徴があるため、自然な感じに見せることができます。

ただ商品ごとに自然な仕上がり具合も大きく異なります。ファンデーションを付けていないような感じのタイプが希望の方は、よりナチュラルな感じに仕上がるリキッドファンデーションを選択するといいでしょう。

カバー力で選ぶおすすめファンデーション3選

加齢が進行していくと、しみやそばかす、くすみといった肌トラブルを抱えるようになってきます。こういった肌の悩みに対してはカバー力のあるリキッドファンデーションがおすすめです。

いろんなメーカーからリキッドファンデーションが販売されていますが、特にカバー力がある商品をここでご紹介したいと思います。どれも肌への刺激が少ないため、安心して使用することができます。

オルビス エッセンスリキッドファンデーション


乾燥が気になる肌質の方でも安心して使用できるリキッドファンデーションです。濃密な潤いを実感でき、12時間しっかりと美肌をキープしてくれます。四角い形状の粉体が光を反射し、気になる肌のくすみやシミ、そばかすを目立たなくしてくれます。また粉体が分泌される皮脂をしっかり吸着し、よりは肌へのなじみが良くなります。何度もメイク直しをしたくない方にもおすすめです。

SPF20PA++で紫外線吸着剤不使用で、紫外線カット効果も期待できます。夏場だけではなく、年間を通していつでも美しい肌を演出してくれます。

イプサ(IPSA) リキッド ファウンデイション


乾燥とべたつきの両方の肌質を持つコンビネーションスキンの方には特におすすめなリキッドファンデーションです。皮脂の過剰分泌でも崩れにくく、テカリやかさつきをしっかりカバーしてくれます。

オイリースキンの方でもテカりにくく、長時間さらっとした質感をキープすることができます。

肌の透明度を高め、明るく自然な美肌を演出してくれます。標準色より黄みよりの色でナチュラルな仕上がりです。 SPF25 PA++で紫外線が強い時期でも使用することができます。

RMK リクイド ファンデーション


さらっと薄づきなのにカバー力があり、ナチュラルで軽い仕上がりになるリキッドファンデーションです。少量でも伸びがよく、付けていること感じさせません。汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプです。夏場はもちろん、年間を通していつでも使用することができます。

敏感肌でも使えるおすすめファンデーション2選

肌が敏感な方はスキンケア商品の選択には慎重にならなければなりません。刺激のある商品を継続使用すると、肌荒れを引き起こしたりしてしまいます。リキッドファンデーションについても同様で、低刺激な商品を選択する必要があります。ここで敏感肌の方でも安心して使用できるお勧めのファンデーションをご紹介したいと思います。

バブーボーテ スムースナチュラルファンデーション


肌に滑らかに密着し、簡単に透明感のある肌に仕上げることができるBBクリームです。美容クリーム、下地、UVカットの機能を持っています。乾燥や紫外線からお肌を守ってくれます。石鹸だけでも簡単にメイクオフできます。

ザクロ種子油、クランベリー種子油、ザクロ果実エキスといった天然由来の保湿成分を配合し、しっとりした状態を一日中キープできます。乾燥しがちな時期でも安心して使用できますし、肌が乾燥しやすい肌質の方でもしっとりとした肌を長時間キープすることができます。

d プログラム メディケイテッド リキッドファンデーション


ニキビや肌あれを防ぎながら、透明感のある美肌に導く薬用リキッドファンデーションです。肌に優しくフィットしてナチュラルに仕上げることができます。

パラベン、アルコール、鉱物油など肌に負担となる成分は配合されていません。肌が敏感に感じる方でも刺激を感じず、安心して使用することができます。

ナチュラルに仕上がるかどうかで選ぶおすすめファンデーション3選

塗っている感覚が苦手な方、休日は軽いファンデーションを使いたいなど、付けていることを忘れるほど、ナチュラルで軽い仕上がりのファンデーションを求める方におすすめのファンデーションをここで紹介します。低刺激で、軽い使い心地の商品ばかりです。

Pure Free (ピュアフリー) ファンデーションEX


カバー力はアリながら、自然な仕上がりのリキッドタイプのファンデーションです。天然由来の成分を多く配合し、肌に負担をかけず、しっとりした肌に仕上げることができます。汗や皮脂に強く、どんなシーンでも崩れにくい点も魅力です。

レブロン カラーステイメイクアップ


オイルコントロールをしながら潤いを与え、皮脂の分泌によるメイクくずれを防止します。ソフトマット仕上げで潤いを感じながらも、ナチュラルな仕上がりをキープできます。

また、毛穴レス下地効果入りで、気になる毛穴をしっかりカバーします。保湿成分としてヒアルロン酸を配合し、乾燥が気になる方でも安心して使用することができます。オイルフリー、無香料で低刺激です。

ルナソル グロウイングウォータリーオイルリクイド ファンデーション


素肌のように軽く仕上がるのに、カバー力があり、透明感のある艶やかな肌に仕上げることができます。瑞々しい肌質を演出し、ナチュラルな仕上がりを求める方にはぴったりです。また、乾燥しやすい肌でもしっとりした状態を長時間キープすることができます。

まとめ

リキッドファンデーションにはいろんな種類があり、それぞれ使用感や仕上がりが異なります。リキッドファンデーションを選択する際には、自分の肌質を知り、それに合ったタイプを選択することが大切です。