ウエディングドレスと靴はとても重要!納得できる選び方は?

ウエディングドレス選びも楽しみなところですが、ドレスが決定したらそれに似合う靴選びも慎重にしたいところです。ウエディングドレスは、スカートのボリュームがあるものが多いので、足元は見えないと思っている方もいるかもしれません。どんな靴を履いても大丈夫だと思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。実は、ウエディングドレスを着た時も、想像以上に足元が見えることが多いからです。たった一回見えた足元が残念に見えると、せっかくのドレスも花嫁さんも残念に見えてしまうので注意が必要。是非、靴選びも吟味することをオススメします。

ウエディングドレスの一緒に履く靴の重要性

靴によってウエディングドレス姿を美しく見せることができる

ウエディングドレスを着るときに穿く靴は、確かにあまり目がいかないかもしれません。しかし、慎重に靴選びをすることが必要です。理由は、選んだ靴によってドレス姿が変わってくるからです。ドレスに合った靴を履くことができれば、ウエディングドレスも更に綺麗に見えます。また、何かのはずみで靴が見えた時に、それがお洒落なものであれば、ドレス姿も更に美しく見えるもの。ですから、靴選びはとても大切なのです。

スソを踏まないようにヒールで調整できる

普段、床にスカートのスソが付いてしまうようなファッションをすることはほとんどありません。ですから、ウエディングドレスを着た時にどんなふうに動いたら良いか、戸惑う方もいます。誤ってスソを踏んづけてしまい、転んだら大変!結婚式は、想像以上に歩く場面がたくさんありますから、安心して歩けるかどうかもチェックすることが大切なのです。スカートの状態によって、オススメしたい靴が異なります。ヒールの高さで、歩きやすくスソを踏みにくいデザインがあります。

意外とゲストに見られる

足元も、ゲストはよく見ています。結婚式の主役は花嫁さんという方もいるほど、花嫁さんはとても注目されているのです。もちろん、足元も見られています。ドレスのデザインによっては、足元がほとんど見えないものもありますが、ちょっとしたきっかけで見えてしまうこともあるもの。その時に、かっこ悪い靴を履いていると綺麗に見えなくなってしまいます。ですから、全てにおいて完璧になるように注意しておくことをオススメします。

靴を選ぶ時の注意ポイント

ウエディングドレスを着る場合、靴選びも慎重にしたいのですが、その際に注意したいこともあります。どこでドレスを着ることになるのか、ちょっと想像してみてください。床の上を歩くだけなのか、それとも砂場など足場があまりよくない場所も歩く予定なのか。安全に歩くことができる靴を選ぶことも必要です。

オープントゥがNGの式場もある


結婚式を挙げることができる場所はたくさんあります。ホテルや専門式場、ゲストハウス、レストランなど色々あるのですが、式場によってはNGになっている靴もありますので、予め確認してから用意することも必要です。中には、つま先が見えるタイプの靴(オープントゥ)を履くことができないところもあります。他にも色々ルールがあるところもありますので、注意が必要です。

前撮り用などに2、3足用意しておく

ウエディングドレス用に靴を用意する場合、可能であれば複数用意しておくことをオススメします。前撮りをする方は、2足用意しておく方が安心です。

砂浜などのリゾート地ではピンヒールは避ける

普段高いヒールの靴を履くことがない女性も多いかもしれません。ウエディングドレス用の靴は、ヒールが高めのものが多いので、心配になる方も多いのではないでしょうか。この場合は、同じ高さのヒールであっても、ピンヒールは避けて太いヒールを選んだ方が歩きやすく安心できます。特に、砂浜などを歩くことが予想される方は、ピンヒールはNG。太くてしっかりとしたヒールの靴を選ぶことをオススメします。

ウエディングシューズを選ぶポイント

ドレスを着た時の歩きやすさ

お洒落な靴がたくさんありますが、歩きやすい靴を選ぶことが一番大切です。花嫁さんは、歩く場面がたくさんありますし、会場によっては狭いところを歩くことが多いことも考えられます。普通の服装で歩く場合と、裾が広がっているスカートを穿く場合とでは、歩くときに感じる違いも色々あります。ですから、ドレスを着た状態で靴を試着してみることも必要です。

ドレス丈とバランスが合っているか


ドレスによって、スカートの丈やボリュームが異なります。靴選びをするときは、ドレス丈とバランスが合っているか、確認することも必要です。スソを踏まないような靴であるか、慎重に選ぶことが大切です。

新郎と並んだ時のつり合い

結婚式では、新郎新婦二人で立つ場面もあります。この時、二人の背丈ができるだけバランスがとれていることが理想的です。中には、男性よりも女性の方が背が高い場合や、二人の身長が同じ場合も考えられます。この状態で、ヒールの高い靴を履いてしまうと、どうしても二人のバランスが悪くなってしまいます。二人の身長のつりあいが取れるように靴選びをしましょう。

素材がドレスと調和しているかどうか

ウエディングドレスは、デザインが違うだけでなく、使われている生地も様々です。靴を選ぶ時は、ドレスの素材とマッチしているかどうかも確認したいところ。トータル的にコーディネートできている方が、やはりお洒落でセンス良く見えます。

歩いた時の音の響きが大きすぎない


靴によっては、歩くたびにコツコツと音が出るものがあります。結婚式場によっては、更に音が響いてしまうところもありますので、できるだけ音が出ない靴を選んだ方が、気にせず歩くことができますので安心できます。デザインも気になるところではありますが、是非音についてもチェックしておきましょう。

ウエディングシューズのレンタル事情

約8割の女性は購入ではなくレンタルしている

ウエディングシューズは、購入して思い出として大切に保管することもできますが、レンタルして利用することもできます。およそ8割の女性が、レンタルした靴を履いて結婚式を迎えるとのこと。レンタルであれば、今後履くことを想定して選ぶ必要もありませんので、より結婚式に相応しい靴選びができるかもしれません。思い出としてとっておきたいと思わない方は、便利なレンタルもオススメです。

レンタルの相場は1万円以内

ウエディングシューズをレンタルする場合、お店によっても異なりますが、ほとんどの場合安く済みます。相場は1万円以内ですから、気軽に検討することができるのではないでしょうか。中には、5千円以下でレンタル可能なお店もたくさんあります。レンタルで、気に入ったウエディングシューズが見つかった場合はレンタル。どうしてもしっくりくるものが見つからなかったら、ウエディングシューズを購入するといった方法で計画するのもオススメです。

まとめ

結婚式の際に着用するウエディングドレス。気に入ったドレスが見つかったら、次はそのドレスに似合う素敵な靴選びをしましょう。ウエディングシューズを選ぶ時は、見た目やドレスとの組み合わせがナチュラルであるかどうかといったこともチェックしたいポイントなのですが、一番注目したいことは歩きやすい靴であるかどうかということです。花嫁さんは、歩く場面はたくさんありますので、その際に安心安全に歩く為にもあるきやすいことが求められるのです。

また、新郎との身長のバランスも是非考慮したいところ。他にも、歩くたびにウルサイ音が出ないタイプを選ぶことも大切です。可能であれば、前撮り用に2足用意しておくのがオススメです。ウエディングシューズは、自分で購入することもできるのですが、レンタルして利用することもできます。レンタルする女性が圧倒的に多いのですが、相場は1万円以内になっています。中には、5千円以下でレンタルできるところもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。