夏・冬の結婚式コーデアイデア!押さえておきたい基本マナー

結婚式に招待された場合、注意したいことがいくつかあります。服装について注意したいことも多く、中には意外に思うようなこともあるかもしれません。例えば、結婚式に履くシューズです。多くの方は、お洒落なものを選ぶことをご存知だと思いますが、デザインによっては不向きなものがあることを知らない方もいます。結婚式に出席するときは、無理しない程度にヒールがあるものを選ぶ必要があります。また、つま先が見えるような靴を避けることも必要です。ストッキングは、黒を避けること。素足での出席は避けるのがマナーです。服装についても、色々なマナーがありますので紹介します。

結婚式お呼ばれコーデの基本

結婚式にゲストとして出席する場合、避けたいドレスがあります。注意したいのはカラーです。また、素材にも気を付ける必要があります。ニットやレザー、爬虫類などの素材も、結婚式には不向きです。これは、冬の結婚式であっても注意すべきポイントです。

白いドレスは避ける

結婚式に出席する場合、華やかなドレスを選ぶことが必要なのですが、派手なものはNGです。また、どんなに素敵な服装であっても、白系のものは避けることが大切です。理由は、花嫁のウエディングドレスのカラーと被ってしまうからです。結婚式の白色は、花嫁さんだけのカラーだと思っていてください。また、反対に全身真っ黒になるようなファッションも結婚式には不向きです。理由は、どうしてもお葬式などを想像させてしまうからです。一部分のみブラックを取り入れるのであれば問題ありませんが、素材に注意したり、アクセサリーなどを使って華やかになるように工夫したりすることが必要です。

花嫁のカラードレスの同色は避ける

結婚式の主役は、やはり花嫁です。ですから、花嫁を立てるような気づかいが必要になってきます。白系の服装がNGであるのはもちろんですが、花嫁が着る予定のカラードレスの色と同じにならないように注意することも必要です。可能であれば、結婚式前にさりげなくどんな色のドレスを着るのか聞いてみても良いかもしれません。しかしながら、当日まで花嫁がどんなカラードレスを着るのか分からないこともあるでしょう。この場合は、花嫁が好きな色を想像しながらそれは避け、きっと苦手だろうと思う色を選ぶと良いかもしれません。

羽織物で露出を控える

結婚式には、お洒落なものを着たいと考える方も多いですしそれで良いのですが、注意したいことがあります。それは、結婚式のゲストの服装として、あまり露出度が高いものは不向きであるということです。肩が出るようなデザインの服装の場合は、上に何か羽織るようにするのがマナーです。ボレロやストールなど上品なものであれば大丈夫です。ただし、やはりここでも白系は避けた方が安心です。存在感があるボレロなどは、遠くから見ると「白いファッション」と認定されやすいからです。

結婚式の小物選びのポイント

ドレスを素敵に演出してくれるアクセサリー。お洒落上手な方は、アクセサリーも上手く使っています。結婚式に出席するときは注意したいアクセサリーもあります。一つは、揺れるタイプのイヤリングやピアスです。これは、家庭が揺れると言われ避けるのがマナーになっています。また、昼の結婚式の場合は、キラキラするものなど、あまり派手なアクセサリーはNGです。夜の結婚式であれば、豪華なアクセサリーも良いとされています。

季節感を合わせる


お洒落な方は、小物類やアクセサリーのコーディネートがとても上手です。結婚式に着ていくドレスが決定したら、更に素敵に見えるように工夫してみましょう。コーディネートする際に季節感が出るようにすると、しっくりきますしお洒落に見えてオススメです。反対に、季節感がずれたものを使ってしまうと、間に合わせて持ってきたように見えるのでオススメできません。女性の場合、注意したいのはヘアアクセなどです。春夏の結婚式の場合は、秋冬をイメージさせるアクセサリーは避けて軽やかなものを選びましょう。もちろん、花嫁のようにキラキラ感があるヘアアクセも不向きです。

ドレスとトータルコーディネートする

ドレスとの組み合わせやバランスを見ながら、コーディネートするようにしましょう。注意したいのは、色の組み合わせです。ドレスとバッグ、シューズ、ボレロ、ストールなど、全体的にまとまったイメージになるようにコーディネートしてみましょう。また、黒系のドレスを着る場合、パールのアクセサリーを合わせてしまうと、お葬式のように見えてしまうこともありますので避けた方が無難です。黒以外のドレスであれば、パールはオススメのアクセサリーです。

カジュアルすぎないものを選ぶ

結婚式に出席する場合、派手過ぎるのも良くないのですが、地味すぎたりカジュアル過ぎたりするのもNGです。ニットやコットン製の可愛いドレスもありますが、こういったものはカジュアルな印象があるので避けた方が安心です。

色別のコーディネート例

素敵なドレスを更にお洒落に見せるために役立つのがアクセサリーやバッグ、シューズなどの小物です。ドレスのカラーとのバランスをチェックしながら上手にコーディネートしてみましょう。ドレスと同系色でまとめるのも良いですし、シューズやバッグをさし色として組み合わせるのもオススメ。また、結婚式では腕時計は外すのがマナーです。

ブラック

出典:instagram.com


黒系のドレスでも、程よい華やかさがあるものであれば素敵に見えます。こちらのドレスは、上品な印象もあってお洒落。アクセサリーとの組み合わせも素敵です。

ネイビー

出典:instagram.com


女性を綺麗に見せてくれるネイビーのドレスです。品がありますし、可愛らしさもあるデザイン。シューズやバッグが、明るさと華やかさを演出しています。結婚式の場合、シューズのヒールは5㎝~10㎝が好ましいとされているのですが、更にヒール部分が細くなっているのが良いとされています。また、アクセサリーを選びやすいカラーであるのもネイビーのメリットです。揺れるタイプのイヤリングは避けてチョイスしてみましょう。こちらは、素敵なコーディネートです。

グレー

出典:instagram.com


グレーは、女性の肌が一番綺麗に見せるカラーだと言われることも多く、結婚式のような特別な場所では、程よい存在感と控えめな印象があり良いイメージを与えることができます。かわいらしいデザインになっていますので、多くの方にお勧めです。

ピンク

出典:instagram.com


ピンクのドレスは、可愛らしさもありますし華やかさもありますので、結婚式にオススメしたいカラーです。シューズやアクセサリーなどを工夫して合わせれば、色々な雰囲気を楽しむこともできますし、幅広い年齢に対応できます。結婚式という愛がいっぱいの会場では、優しい風合いのピンクがオススメです。

レッド

出典:instagram.com


派手過ぎない綺麗なレッドのドレスです。曲線を活かしたデザインが着る人を素敵に見せてくれます。レッドのドレスには、カラーを活かすようなアクセサリーなどの小物を合わせたいところ。特に、夜の結婚式にオススメしたいドレスです。また、同じレッド系でも派手目のカラーもあります。この場合は、慎重に選ぶ必要があります。派手過ぎて、花嫁さんよりも目立つことがないように注意しなければなりません。

ワンピースのタイプ別おすすめコーデ

結婚式に、ワンピースを選ぶ方が多い傾向があります。丈によってイメージもかなり変わってくるのですが、大人っぽくまとめたい方は、丈が長めのワンピースにするのも良いでしょう。長めのワンピースの場合は、シューズはヒールが高めで細い方が綺麗に見えます。可愛らしくまとめたい方は、短めの丈も良いでしょう。

ロングタイプ

出典:instagram.com


爽やかな素材とカラーが魅力的なドレスです。ふんわりとしたデザインが、優しい女性をイメージさせます。夏の結婚式にもぴったりです。シューズは、やはりヒールが高めの方が綺麗に見えます。

Aラインタイプ

出典:instagram.com


可愛らしさが引き立つ素敵なドレスです。Aラインは、上手に体型をカバーできるのもメリット。妊娠中の女性にもオススメのデザインです。落ち着いたレッドカラーが、上品に見えます。ストッキングは、ベージュでも良いですが、少しラメが入っているものを合わせても素敵に見えます。

タイトタイプ

出典:instagram.com


程よく体にフィットする綺麗なラインのドレスです。優しくて爽やかなカラーが、女性を更に美しく見せてくれます。華やかさも感じられるので、結婚式にもぴったりです。スタイルに自信がある方は、こういったスタイルのドレスも綺麗に着こなすことができますのでオススメです。

Iラインタイプ

出典:instagram.com


Iラインドレスは、結婚式のゲストが選ぶ人気のラインです。軽やかで可愛らしく、華やかに見えるので、多くの方にオススメです。上手に体型をカバーすることもできますので、体型が気になる方にもオススメ。ショールなどを組み合わせてもお洒落に見えます。また、シューズを同じ色にするか、同系色でまとめると更にまとまりが感じられて上品に見えます。

カシュクール

出典:instagram.com


カシュクールの魅力は、スタイル良く見えることです。ウェストを絞るようなデザインになっていますので、メリハリが感じられます。また、綺麗なカラーもオススメしたいポイント。落ち着いたピンクは、女性を綺麗に見せてくれます。ドレスそのものが華やかなので、アクセサリー類は控えめにした方がまとまる感があるかもしれません。

まとめ

結婚式に招待されたら、ドレスなど注意したいことがあります。カラーや素材、デザインなどにも避けたいものがあります。また、アクセサリーを選ぶときや、組み合わせにも注意したいところ。特にブラックのドレスを選ぶ時は、素材を吟味したりアクセサリーをはじめ小物選びも気を付けたりすることが必要です。コーディネートするときは、季節に合っているか注意することも大切。アクセサリーなども、季節に合ったものか注意してください。

また、トータルコーディネートすることも必要。カラーや素材の組み合わせがおかしくないかチェックしてみましょう。肌をあまり露出させないこと。そして、素足ではなく黒以外のストッキングを履くようにするのもポイントです。ボレロやストールを利用するときは、白系を避けた方が安心です。