結婚式の髪飾りの選び方やマナー~お呼ばれで恥をかかないために

結婚式に出席する場合、女性は色々準備が大変かもしれません。マナー違反にならないようにドレスを選んだり、恥をかかないようにシューズ選びをしたり。また、華やかに見えるようにアクセサリーを選ぶことも必要になってくるのですが、ここでも注意しなければいけないことがあります。例えば、イヤリングやピアスなども注意が必要なアイテムです。可愛いもの、綺麗なものを選びたいと思うのですが、中には結婚式には不向きなものがあります。一つは、揺れるタイプのイヤリングです。こういったデザインのイヤリングは、家庭が揺れるといったイメージがあるため、結婚式にはふさわしくないとされています。また、キラキラするものも避けるべきと言われています。

また、ヘアアクセを使うことも多いかと思いますが、その際に気を付けた方が良いこともあります。一つは、季節に合っているものかどうかといった点です。どんなに上品であらたまった席に向いているものであっても、季節を無視したものはNGとされています。また、結婚式の主役である花嫁さんより、目立ってしまわないように気を配ることも必要。このように気をつけることがたくさんあります。

結婚式のお呼ばれでぴったりな髪飾りのタイプ

結婚式に相応しいドレスを選び、シューズを用意。そして、ヘアメイクを進めることになります。ヘアスタイルを作る場合、センスの良いヘアアクセサリーがあれば、更に美しく見せることができるはず。凝ったヘアスタイルでも、簡単に自分でできるものもありますので、試してみてはいかがでしょうか。そして、素敵なヘアアクセサリーを合わせれば、360度どこから見ても綺麗なスタイルにすることができます。

ただし、あまり派手なものやキラキラ感があるヘアアクセサリーは避けるのがマナーです。花嫁さんよりも目立ったり、花嫁さんと被ったりしないように注意しながらお洒落を楽しんでみましょう。

バレッタ


上品なデザインのバレッタは、結婚式にもオススメしたいアイテムです。使いやすいのもメリットで、ヘアスタイルを華やかにすることができるヘアアクセサリーです。サイズも大きめのものから小ぶりなものまで色々ありますので、上手に使ってヘアアレンジを楽しむことができます。シンプルなヘアアクセサリーを、複数組み合わせてスタイルをつくるのもオススメです。

コーム・ヘアピン


披露宴など華やかな場所に行くときは、ヘアスタイルもいつもとは違ったお洒落なまとめ髪にしたいもの。かわいいヘアピンなどを使って、素敵なヘアスタイルを作ることができます。自分で簡単に作ることもできますので、試してみてはいかがでしょうか。複数のアイテムを組み合わせる時は、バランスを見ながら進めていくのが綺麗に仕上げるコツです。また、動いたときに外れて落ちてしまうことが無いように、工夫しながら使ってみてください。

カチューシャ


かわいいカチューシャがあれば、更に簡単にお洒落なヘアスタイルを作ることができます。また、使い方も色々工夫することができます。ある程度の長さがあれば、編み込みヘアのするのも可能。これだけで華やかさが増しますし、特別感もあります。こちらは、リボンがかわいい若い方におススメのヘアスタイルです。他にも、カチューシャは色々なタイプがありますので、髪の毛の長さなどに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。可能であれば、ドレスのカラーに合った色や素材を選んでみるのもオススメです。まとまり感が出ますので、更にお洒落に見せることができます。

リボン


こちらは、かわいらしさが魅力のヘアスタイルです。程よいゆるさが感じられ、そこがまたお洒落度を上げています。パーマヘアの方は、パーマのボリュームを活かして、ふんわりとまとめるのもオススメです。ヘアアクセサリーは、髪の毛そのものにボリュームがありますので、抑えめにするとバランスが良く綺麗に見えやすくなります。また、リボンは若い方の方が合いやすいのですが、小さめのリボンであれば幅広い年齢の方にも似合います。リボンは、髪の毛のカラーに合ったものを選んでもみるのも良いでしょう。

結婚式の髪飾りの選び方のポイント

結婚式のヘアアクセサリーは、ドレスなどに合わせて選ぶようにすると、まとまる感が合って綺麗に見えます。ドレスのカラーや雰囲気に合わせても良いですし、シューズやバッグなどに合わせるのもオススメです。あまりたくさんのカラーを取り入れてしまうと、ゴチャゴチャした雰囲気になりやすいですから、取り入れるカラーは少なめにした方が洗練された印象になります。

季節感を合わせる

お洒落なヘアアクセはたくさんありますが、季節感がずれていると残念に見えてしまうことが少なくありません。真夏に真冬のヘアアクセを取り入れたり、真冬に涼しげなヘアアクセを使ったりするのは避けましょう。細部までトータルでコーディネートしている方が魅力もぐんと上がります。

ドレスとトータルコーディネートする

ドレスのカラーに合わせてヘアアクセを選ぶと、まとまり感が出てお洒落に見えます。同じ色、或いは同系色でまとめるのもオススメ。あるいは、素材を合わせて取り入れてみるのも良い方法です。他には、シューズやバッグなどの小物とカラーを一緒にするのも良いでしょう。全身のバランスを見ながらコーディネートするのが、綺麗に見えるコツです。

新婦より華美になりすぎないものにする

結婚式の主役は、花嫁さんです。ですから、どんなに着飾ったとしても花嫁さんよりも目立つようなファッションは避けることが必要です。白系のドレスが、NGであることは多くの方がご存知だと思いますが、アクセサリーにも気を配ることが大切です。豪華すぎるヘアアクセもやはり避けるべきこと。過度に飾るのは避けて、シンプルの中にも品がある、そんなヘアスタイルを作るようにしたいものです。

知っておきたい結婚式での髪飾りのマナー

結婚式の服装については、多くの方がご存知だと思いますが、アクセサリーについてはあまり知られていないこともあるものです。ヘアアクセサリーもそうかもしれません。華やかにしすぎて、目立ちすぎてしまうのもNGです。

生花が使われているもの・コサージュは避ける

生花を使ったヘアアレンジなどもありますが、結婚式の場合は生花を使わないのがマナーです。なぜなら、生花は花嫁さんだけが使うものといった認識があるからです。もちろん、小さめの花も避けた方が無難。同じように、コサージュも生花を使ったものは使わないようにしましょう。

ティアラは付けない

ゲストは、ティアラを使ったヘアスタイルもNGです。理由は、結婚式ではやはり花嫁さんだけのものだからです。また、やはり目立ちすぎます。ゲストはあくまでもゲスト。お洒落するのはもちろん良いのですが、派手過ぎるファッションやヘアアレンジ、アクセサリー類は使わないのが常識です。

アニマル柄・革素材は避ける

結婚式に出席する場合、失礼が無いようにきちんとした服装を心がけることが必要ですが、どんなに高級なドレスやシューズであっても、アニマル柄や革素材は避けることが必要です。動物の皮を使ったものや、それをイメージさせる素材、柄は使わないようにしましょう。

和装ならではの髪飾りのおすすめ

和装で結婚式に出席する方も多いでしょう。和装で出席する場合、気になるのがアクセサリーのことかもしれません。着物を着た時は、イヤリングやピアスなどは着けない方が良いと言われることも多いです。最近は、あまり気にせず着物にピアスを着ける方もいますが、着ける場合は、あまり派手ではない小さめのパールなどがオススメです。また、ヘアアクセが色々あって使うのが楽しみなのも着物の魅力かもしれません。ヘアアクセを使う場合は、着物のカラーと合わせて選ぶようにすると、まとまり感が出てお洒落に見えますし、品があるように見えてオススメです。

つまみかんざし


綺麗な布をつまんで折って作られているかんざしです。デザインも色々ありますので、着物の雰囲気に合わせて選んでみても良いでしょう。かわいらしいものも色々あります。

玉かんざし


シンプルだけど存在感があってかわいらしい。そんなイメージがあるかんざしです。サイズも色々ありますのでバランスが良く見えるものを見つけてみてください。着物の色と合わせて選ぶようにすれば、センス良く見えてオススメです。

平うちかんざし


品が良く見えるのがメリットのかんざしです。どんな柄やカラーでも合わせやすいですから、悩まずに使えるのではないでしょうか。お洒落なデザインのものもたくさんありますので、選ぶのも楽しくなることでしょう。

和装Uピン


こちらは、使いやすいのが魅力の和装用のヘアアクセサリーです。和風のものも多いのですが、ちょっと洋風の雰囲気が感じられるようなものもありますので、お洒落の幅が広がることでしょう。かわいらしいものもありますし、大人っぽいものもありますので、イメージに合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

水引アクセサリー


特徴的なアクセサリーです。洗練されたイメージが強く、上品な雰囲気にすることができるのがメリットです。和装ならではのお洒落ともいえる水引アクセサリーは、ワンランク上のお洒落を楽しみたい方にもオススメです。

まとめ

結婚式の出席するときは、花嫁さんと被らないように、ウエディングドレスに似たようなドレスやアクセサリーは避けるのがマナーです。白系のドレスがNGであることは多くの方がご存知かと思いますが、アクセサリーを選ぶ時も気を付けたいことがあります。やはり、花嫁さんをイメージさせるようなものはNG。ティアラやキラキラしたアクセサリーは、避けるのがマナーです。また、季節とマッチしたヘアアクセサリーを選ぶことも大切。どんなに素敵なヘアアクセサリーであっても、真夏に冬の素材を使ったり、真冬に涼しげなアクセサリーを選んだりするのは綺麗に見えにくいものです。