結婚式ブーケの種類・オールシーズンで入手できる花とは?

かつては、ウエディングドレス選びは慎重に行っても、それ以外のものはあまりこだわらずに選んでいる方も少なくありませんでした。しかしながら、現在の花嫁さんは違います。結婚式そのものも、できるだけ希望にあったものにしたいと考える方も多いですし、花嫁衣装も細部までこだわって、自分らしさを大切にしたいと考える方がとても多いのです。素敵なウエディングドレスには、やはり素敵なブーケがよく似合います。ブーケは、生花を使ったものや、まるで本物のようなクオリティの造花などもあります。

結婚式のブーケの種類

どんな花でブーケを作るか。もうすぐ結婚式を迎えられる女性は、ブーケの花選びも楽しみにしているかもしれません。ブーケは選ぶ花によっても異なりますが、種類も色々ありますので、どのタイプにするのかこちらも決める必要があります。ブーケのタイプを決めるときは、ウエディングドレスのデザインに合うように選ぶことも大切です。ドレスのデザインによって似合うブーケが異なってくるからです。同じ花を使って作った場合でも、雰囲気が全く違ってきますので、そこが面白いところかもしれません。

ラウンド

View this post on Instagram

. ✳︎ bouquet ✳︎ ご依頼のシルクフラワーのブーケをお届けいたしました ご結婚おめでとうございます🕊 やわらかいアンティークカラーのローズがたっぷり 少し縦長のシルエットに仕上げました . . . #eriflowersbouquet から 今までお作りした様々なタイプの ブーケをご覧いただけます . . . シルクフラワーのブーケは 遠方での挙式や前撮りなどにも 持って行きやすく、重宝いたします ブーケをずっと残しておきたい方にもおすすめです . 大阪から直接お届けの可能な地域は 生花のブーケをお承りできます ドライやシルクフラワーのブーケは 全国発送が可能です 会場装花や、受付のデコレーションなども承ります ご依頼は、DMやメールへお気軽にご相談くださいませ . . . . . #onefinedaywdg #eriflowers #ruffledblog #bouquet #silkflowers #huffpostido #stylemepretty #婚禮 #loveauthentic #hkwedding #artificialflower #ラウンドブーケ #ブーケ #プレ花嫁 #ウェディングフォト #フォトウェディング #ウェディングブーケ #前撮り #後撮り #クラッチブーケ #造花ブーケ #2018夏婚 #2018秋婚 #2018冬婚 #2019春婚 #アーティフィシャルフラワーブーケ #北海道ウェディング #ガーデンウェディング #シルクフラワー

A post shared by One Fine Day (@onefinedaywedding) on


丸くて、かわいらしい雰囲気のラウンドタイプブーケ。取り入れるお花によって、色々な雰囲気に作り上げることができるのも魅力です。かわいい花で作ればかわいらしくできますし、可憐な花で作れば大人っぽいブーケにすることができます。オススメしたいドレスは、スカート部分がふんわりと広がっているようなデザインです。こういったタイプのドレスとのバランスが良いのも、ラウンドタイプの特徴です。

クラッチ


まるで花畑から花を摘んできて作ったような、ナチュラル感のあるクラッチブーケ。使う花によって、ブーケの印象もかなり変わってきます。同系色でまとめるのも良いですし、カラフルな色でつくるのも素敵です。上品で大人っぽいウエディングドレスのも合わせやすいですし、ナチュラル感を大切にしたい方にもオススメのブーケです。中には、生花ではなくドライフラワーを使ってクラッチタイプのブーケを作る方もいます。

リース


こちらは、リースタイプのブーケです。特徴的なデザインが、多くの方の目を引くのがメリット。オススメしたいドレスは、エンパイアラインです。リースには、結婚式にぴったりな「永遠」といった意味もありますので、多くの方におススメです。

オーバル

View this post on Instagram

・ リゾート婚に人気のプルメリアブーケ🌈 . 特にピンク色のプルメリアは青い海と空に映えるのでとっても人気です✨ , オーバルブーケは、適度な大きさなので、ロケーションフォトツアーでの撮影でも、映える大きさです。 ・ 暑いリゾートでのウェディングでは、プルメリアの様な繊細なお花は枯れてしまわないか不安な花嫁様も多いようですが、アーティフィシャルフラワーのブーケなら そんな心配もないので安心して挙式を迎え事ができます😊 海外への持ち込みウェディングに最適です。 挙式前に理想のブーケで、最高の笑顔になりませんか? ・ 理想のブーケをお作りします。 お問い合わせは @weddingbouquet_club のプロフィール欄のリンクよりお気軽にお待ちしています🌸 ・ #ウエディングブーケ #ウエディング #ウエディングドレス #ウェディングブーケ #ウェディングブーケ倶楽部 #ウェディングブーケオーダー #リゾート婚 #リゾートウェディング #ハワイ挙式 #ハワイウェディング #ハワイ挙式 #海外ウェディング #プルメリアブーケ #造花ブーケ #オーバルブーケ #アーティフィシャルフラワー #プレ花嫁 #沖縄結婚式 #グアム挙式

A post shared by ウェディングブーケ倶楽部 (@weddingbouquet_club) on


人気の高い良く目にするデザインのブーケかもしれません。程よい豪華と華やかさがあって、女性を上品で美しく見せてくれるオーバルデザインは、多くのウエディングドレスに合わせやすいのもメリットです。

メリア


存在感があるメリアブーケ。特徴は、全体が大きな花のように見えるところです。バラの花を使ったメリアブーケも人気があります。個性的でインパクトもありますので、オリジナリティを大切にしたい方などにもオススメです。

キャスケード

View this post on Instagram

芍薬やアマリリス、ラナンキュラスをたっぷり使った純白のキャスケードブーケ。 . スレンダードレスと合わせて、豪華でクラシカルな雰囲気が素敵です♡ . Photo: @ginnysilver Flowers: @marionmossfloral Gown: @kinsleyjamescouturebridal . . * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * Story My Wedding では、花嫁さまや業者さまから結婚式にまつわるお写真を募集しております☺︎ . 素敵なお写真は、SMWのインスタグラムなどでご紹介させて頂きたいと思います♡ . SMWのハッシュタグ #storymywedding を付けて、ぜひお写真を投稿して下さいね♪ .

A post shared by Story My Wedding ストーリーマイウェディング (@storymywedding) on


上品で豪華な雰囲気があるキャスケードブーケ。大きめのブーケであり、形も独特なのでかなりインパクトがあります。クラシックタイプのウエディングドレスなどにも、合わせやすいデザイン。花嫁を、更に華やかに見せてくれます。しかしながら、ドレスのラインによっては選ぶ際に慎重になった方が良い場合もあります。豪華な印象があるブーケなので、スカートが短いタイプのドレスやカジュアル感があるドレスには、場合によっては向かないこともあります。

ボール

View this post on Instagram

* * 前撮りに向けてコツコツ作成していた#ボールブーケ ❣️ * ビッシリ埋めるの難しくて隙間空きまくりだけど、なんとか完成してよかった😭❤️ * 基本は3センチ四方、4センチ四方の布を使いました。たまに5センチ四方も作りましたが、高さが出てしまって少しイビツになりました😂でも、あると面積稼げるし助かりました😝✨あと、2センチ四方とか、2.5センチ四方のつまみ細工が隙間を埋めるのに役立ちました☺️👍 * 式場の方とか、前撮りの方に褒めていただいて、それだけで作って良かったなぁって思います😊💕 * 式当日使うの楽しみ❤️ * * #ボールブーケ手作り #ボールブーケdiy #つまみ細工ボールブーケ #つまみ細工 #プレ花嫁 #20181124 #ルアール東郷 #東郷神社 #marryxoxo #marry花嫁 #ピア花会認定ブライダルレポーター #ピア花会2018秋婚 #日本中の花嫁さんと繋がりたい #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #和装婚 #2018秋婚 #チーム1124 #ちーむ1124

A post shared by wk1124dk (@wkdk_wedding) on


こちらもかわいらしいブーケです。全体が、まるでボールのように見えるこのブーケは、女性を優しく柔らかい印象に見せることができます。ウエディングドレスはもちろん、着物にも合わせやすいといったメリットもあります。カラードレスであれば、ドレスの色に合わせて作ってみるのも良いかもしれません。

オールシーズン入手できる人気のブーケ花材

人それぞれ、結婚式を挙げる季節が異なるでしょう。季節に関係なく、いつでも手軽に手に入れることができる花もたくさんあります。その中には、ブーケにオススメしたい花もあります。ブーケとして選ぶ花は、ドレスや会場の雰囲気などに合わせて選ぶのもオススメ。また、花にはそれぞれ素敵な花言葉がありますので、その意味を知ったうえで良いと思うものを選んでみるのも良い方法です。結婚式のブーケは、専門家にお願いすることもできますが、自分で作ることもできます。

薔薇

薔薇の花のメリットは、やはり豪華な印象があるところです。もちも良いですし、とても綺麗です。一年中、手軽に手に入るのもメリット。薔薇の花言葉は、「あなたのことを愛しています」です。素敵な花言葉があるのも、薔薇をオススメしたい理由です。

ガーベラ

かわいらしいガーベラの花。明るくてはっきりとした花が特徴で、様々なデザインのブーケに用いられています。かわいいドレスにも合いますし、大人っぽいドレスにも合います。花言葉は、「希望」。二人のこれからに、ぴったりの花言葉です。色々なカラーがありますので、選びやすいのではないでしょうか。

カラー

白くて大きく存在感のある花。カラーは、上品で大人の印象がある美しい花です。ブーケにも使われる花ですが、季節を問わず手に入りやすいのもメリットです。花言葉は。「清浄」。清楚なイメージが強い花です。

ユーチャリス

ユーチャリスは、清楚で上品な印象が強い綺麗な花です。様々なブーケに用いられており、その清楚な雰囲気が結婚式によく似合います。花言葉は、「純心」です。

ジャスミン

かわいらしさと美しさの両方の魅力を持つ、ジャスミン。花言葉は、「愛らしさ」です。清楚な印象も強く、結婚式にはぴったりの花だと言えそうです。

結婚式のブーケを選ぶポイント

結婚式のブーケを選ぶ時は、好きな花を使っているかどうかといったことだけでなく、他にも色々なことを考えて選ぶ必要があります。一つは、やはり、ドレスとの組み合わせやバランスが良いかどうかということです。ドレスのスカートのボリュームや丈によっても、オススメしたいブーケのタイプが異なってきます。このバランスが良くないと、せっかくのブーケもドレスも残念に見えてしまいますので、注意が必要です。

ドレスと合っているかどうか

ブーケを作るときは、ウエディングドレスに合っているかどうかチェックしながら進めましょう。花の色やデザイン、サイズなどとドレスのバランスを見ながら、慎重に進めていきます。ドレスには色々なラインがありますが、それによってオススメしたいブーケも異なってきます。また、ウエディングドレスのカラーを考慮しながら花選びもしたいところです。

会場の装花・雰囲気と合っているか

多くの場合、結婚式ではたくさん花を使って会場を飾り付けます。テーマを予め決めておいて、それに合わせて進めていく場合も少なくありません。ですから、ブーケを作る時は、この装花と違和感がないものを用意することも大切と言えます。あまりにもイメージが異なるブーケにしてしまうと、ブーケが浮いてしまうからです。会場を飾る花の種類やカラーと、上手くマッチするようにブーケを作ることも必要です。

新郎のブートニアとも合わせる

女性はブーケを持って会場に入りますが、男性は左の胸元に花を飾ります。これを「ブートニア」と呼びます。ブートニアとブーケは、同じ花を使って作るのが一般的です。

ブーケの保管方法

花嫁を美しく演出してくれたブーケ。ブーケは、工夫しだいで保管することができます。一つは、プリザーブドフラワーにすることです。プリザーブドフラワーにすることで、綺麗な状態を長くそのままで楽しむことができるようになります。しかしながらデメリットもあります。プリザーブドフラワーのデメリットは、費用が高めであることです。また、ドライフラワーにするといった方法もあります。ドライフラワーにすることで、立体的な状態で長く楽しむことができるようになります。ドライフラワーにする場合、自分で作ることもできるのですが、可能であれば専門家にお願いすることをオススメします。専門家であれば、より良い状態で仕上げてくれるからです。

他にも、押し花にするといった保管方法もあります。押し花にして額にして飾ることができますので、いつでも長く楽しむことができますし、場所を取らないところもメリットです。

まとめ

結婚式は、素敵なウエディングドレスを用意することと思いますが、忘れてはいけないのがブーケ選びです。ブーケには、いくつかの種類があり、着用するドレスや好み、会場の雰囲気になどに合わせて選ぶことになります。花は、薔薇やカラー、ガーベラなど色々なものが用いられるのですが、どんな花を選ぶかによって、ブーケの仕上がりもかなり変わってきます。また、女性がブーケを持つように、男性は胸元に花を飾りますが、これらは同じ種類の花を飾るのが一般的です。

使用したブーケは、そのまま処理することもできるのですが、綺麗な状態で保管する方法もありこちらもオススメです。プリザーブドフラワーにするのも良い方法ですし、他にもドライフラワーや押し花などにする方法もあります。自分で作る方法もあるのですが、可能であれば専門家にお願いした方が、仕上がりも綺麗ですし良い状態で保管しやすくなります。