結婚式参列にパンツドレスはOK?おしゃれなコーデアイデア!

結婚式に招待された場合、何を着て行こうかと悩む方も多いのではないでしょうか。毎回同じファッションで出席するのも抵抗がありますし、スカートが苦手な方も中にはいるかもしれません。結婚式の女性のファッションと言えば、ワンピースやドレスなどをイメージされる方も多いかもしれませんが、ポイントを外すことが無ければ、パンツスタイルでも問題ありません。ただし、結婚式という特別な場所に着用するものですから、職場に行くときのようなファッションは不向きです。華やかさが感じられる素敵なパンツであれば、お洒落に見えますし、花嫁さんもきっと喜んでくれることでしょう。

結婚式にお呼ばれでパンツドレスはOK?

結婚式に着て行くドレス。カラーやデザインも色々ありますので、気に入ったものを見つけやすいといった良さもあります。しかしながら、何らかの理由があってスカートに抵抗がある方もいるでしょう。この場合は、パンツドレスなどでも大丈夫です。ただし、注意したいこともあります。

形式ばらないパーティ・レストランウェディングはOK

色々な結婚式があります。最近は、ホテルや専門式場、レストラン、ゲストハウス、ガーデンウエディングなど、選択肢も多数ありますので、より自分のイメージに合った挙式が可能となっています。招待されたゲストは、どこで行う結婚式であるのか予め知ることができれば、場合によってはパンツスタイルでも問題なく出席することができます。略礼装と呼ばれる形式ばらないパーティや、レストランウェディングなどであれば、パンツスタイルでも大丈夫です。もちろん、シンプルなものやカジュアルなものは結婚式には不向きですが、お洒落なものであれば問題ありません。ただし、場合によっては避けた方が良いので会場によって検討してみましょう。

妊娠中などワンピースが負担になる女性におすすめ

妊娠中の女性は、結婚式に着て行くドレスについて悩むことも多いかもしれません。妊娠中であれば、無理して高いヒールの靴を履く必要はありませんし、服装もある程度許されると思って大丈夫です。妊娠中の方は、体を冷やしたくない方もいるでしょう。このように、妊娠中などワンピースやドレスが負担に感じる方は、パンツドレスも検討してみてはいかがでしょうか。

結婚式でパンツドレスを着る時の注意ポイント

結婚式にパンツドレスで出席したい方は、いくつか注意したいことがあります。これさえクリアできれば、安心してパンツスタイルで出席することができることでしょう。また、服装はもちろんですが、ヘアメイクなども結婚式に相応しいスタイルにしたいところ。バランスを見ながら、お洒落で上品な印象になるようにまとめてみましょう。

親族・主賓で呼ばれた際はパンツスタイルは避ける

準礼装であれば、パンツスタイルでもお洒落なものであれば問題ありません。これは、友人や同僚などといった関係で出席する場合のことを指して言います。この場合は、お洒落なパンツドレスであれば問題なく着用することができます。シューズやヘアメイクなどを工夫すれば、素敵にまとめることもできるでしょう。しかしながら、自分が親族、或いは主賓で呼ばれている場合は、パンツドレスは避けた方が安心です。特別な意味を持つ関係にありますし、どうしても注目されやすいのでパンツ出ない方が安心することができます。

ビジネス用のスタイルは避ける


パンツといっても色々なデザインがあります。もちろん、ジーンズやコットンなどカジュアルなものは避けるべきなのですが、どんなに高級なパンツであってもビジネス用のスタイルは結婚式では浮きます。また、ビジネス用でなくても、職場で履くようなパンツに見えやすいものも避けた方が無難です。あくまでも、特別感があってお洒落なパンツのみ着用可能です。

フリース・皮などの素材はNG

お洒落なデザインであったり高級感があったりするものでも、結婚式には向いていない素材があります。それは、パンツスタイルに限ったことではないのですが、カジュアルな印象があるものや、動物の皮を使っているもの、動物の皮をイメージされてしまうものなどです。フリースやジーンズ、コットン、ニット、麻などは避けた方が良いとされています。また、革製や爬虫類ものもNGです。服装だけでなく、シューズやバッグなどの小物類にも注意が必要です。他にも、白系のカラーも避けるのがマナーです。これは、パンツでもドレスでも同じで、花嫁のカラーなので白色はNGです。

パンツドレスのおしゃれコーディネート術

パンツドレスを更に綺麗に華やかに着こなす為に、オススメしたい方法があります。小物を使ってアレンジするのも良い方法ですし、アクセサリーを上手く使って綺麗にまとめるのもオススメです。

スカーフを使う

パンツドレスは、ドレスやワンピースなどと比較すると、どうしてもカジュアルなイメージがあります。ですから、パンツを選ぶ時は上品な印象を保ちつつ、お洒落に見えるような工夫が必要です。スカーフなどもオススメです。白系意外のスカーフを使って、ワンランク上のコーディネートを楽しみましょう。

アクセサリーでゴージャスな雰囲気を出す


アクセサリーを上手に取り入れて、豪華な印象を出すのもオススメの方法です。ただし、アクセサリーを選ぶ時は、注意したいことがあります。一つは、ティアラは使わないということです。パンツスタイルでティアラを取り入れることはないと思いますが、これは花嫁だけのものですから避けるようにしてください。同じように、キラキラするタイプのアクセサリーも避けた方が無難です。イヤリングやピアス、ネックレスなどは、控えめなものであまりキラキラしないものを選びましょう。

また、ヘアアクセサリーもキラキラしないものの方が良いとされています。カチューシャやバレッタ、ヘアピンなど色々ありますが、光らないものを選んだ方が安心です。ただし、夜の結婚式の場合は違います。夜であれば、昼間よりも豪華な方が良いとされていますし、身に着けるアクセサリーもキラキラしているものを身に着ける方が多くなります。

光沢のある素材のパンツを選ぶ

素材によって、同じデザインであっても豪華に見えるものです。パンツを選ぶ時は、光沢がある素材を選んだ方が、華やかさが感じられてオススメです。華やかで明るいカラーのパンツもたくさんありますので、選ぶ時はできるだけこういったものを選ぶのがコツです。

シューズのチョイスも、吟味したいところです。結婚式の場合、ヒールが細めになっていて高さが5~10㎝になっているものが良いとされています。これは、パンツスタイルにも言えること。足元がお洒落であれば、全体的にスタイリッシュに見えますので、シューズは素敵に見せてくれる良いアイテムです。ヒールの高さだけでなく、デザインも吟味して選ぶことをオススメします。ただし、季節を問わず生足はNGです。必ずベージュ系かラメが入っているような華やかなストッキングを選ぶようにしましょう。

黒色のパンツでバランスを取る

黒色のパンツは、選ぶ時に慎重になった方が良いかもしれません。光沢があるものやお洒落なデザインであれば良いのですが、地味なデザインや光沢がないものを選んでしまうと、場合によってはビジネス用に見えてしまうこともあります。更に、コーディネートやアクセサリーの選択を間違ってしまうと、お葬式のように見えてしまうこともありますので注意が必要です。黒色系のパンツでも良いですが、その場合は上半身を華やかにするようにしましょう。

amazonで評価が高いおすすめの結婚式用パンツドレス

NatuSe レディース セットアップ パンツ

(ナチュシー) NatuSe レディース セットアップ パンツ ドレス オールインワン スーツ オーバーオール パーティー フォーマル 結婚式 二次会 卒業式 (30 ノースリーブ ブラック S)
こちらは、スタイリッシュでカッコいい大人のパンツスタイルです。全体的にすっきりとしたデザインになっていますので、スタイル良くすらりと見せてくれます。また、胸元のデザインにより、小顔効果も期待することができます。シンプルなデザインになっていますので、アクセサリーなどで華やかに演出してみましょう。また、合わせるシューズは、ヒールが高めのものを選んだ方がかっこよく見えます。

USM STORE レディース パンツドレス

USM STORE レディース パンツドレス 結婚式 オールインワン パーティードレス オーバーオール セットアップ
こちらは、程よい高級感があるシンプルなデザインのパンツドレスです。派手なデザインではありませんが、存在感があり大人のお洒落を楽しむことができます。ゆとりもありますので、締め付けの心配も不要。アクセサリーなどを工夫すれば、色々なコーディネートも楽しむことができるでしょう。上品で洗練されたスタイルにまとめることができます。

プールヴー セットアップ パンツドレス

https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZZGZ7DZ/
こちらは、さらりとした着心地も嬉しいパンツドレスです。デザインもお洒落ですし、女性らしい優しい雰囲気も感じさせます。カラーも3種類ありますので、自分に合ったものを見つけやすいのもメリット。ブラック、ネイビー、ベージュから、選ぶことができます。サイドは、2way仕様のドレーブになっていますので、好きなように着ることができます。また、サイズがたくさんあるのも嬉しいところ。3l、4lも用意していますので、多くの女性に楽しんでもらうことができます。

まとめ

結婚式に招待された場合、何を着て行こうかと迷うこともあるかもしれません。ドレスやワンピースが多いですが、お洒落なデザインであればパンツドレスも着用可能です。パンツドレスの場合は、ビジネス用に見えないようものを選ぶようにしましょう。デザインや素材なども吟味して選ぶのがポイント。アクセサリーやスカーフなどでコーディネートして華やかさを出すのも良い方法です。ただし、結婚式のスタイルによってはパンツドレスが不向きのこともありますので、そこは注意が必要です。

また、友達や同僚などとして出席する場合はパンツでも良いですが、親族、主賓で呼ばれた時はパンツドレスは不向きです。このように、どんな関係として出席するかによっても、着て行く服装が異なってきます。