リンスのいらないシャンプー6選!特徴別の商品を紹介します

シャンプーだけでいいというのはとても楽ですが、シャンプーだけではきしんでしまうことからも、リンスは必須であるという考えの方が多いかと思います。ところが、リンスも必要がないシャンプーを使ってみると、これまでの考えが間違っていたことを感じることができるでしょう。

リンスのいらないシャンプーのメリット

一度で済むので時短できる

砂時計 時間
リンスの必要がないことを考えてみると、いかに便利なのかがわかります。1度だけでいいということになれば、髪のケアに対する時間は大幅に短くなっていくことになるでしょう。時間は限られていますし、ヘアケアとして忘れてしまうこともあったりしますが、リンスがいらなくなり1回でできれば、面倒なこともなくしっかりとケアできるようになります。

シャンプーとリンスの相性を悩まなくても良い

シャンプーもリンスもそれなりに相性があります。香りにも違いがありますし、ケア製品として、成分的に相性が良くないこともあるでしょう。なんだか香りが混ざってしまうといったことも出てきますが、リンスの必要がなくなれば、そもそもそういったことを考えないで使うことができます。面倒な組み合わせや、香りの相性といったことも悩まないで済むため、簡単で気軽に使っていくことができるようになるのもメリットです。

コストパフォーマンスが高い

シャンプー1本で済むことを考えると、リンスは購入しないで済みます。この価格の差は結構表れてくることになるでしょう。2回使うことを考えると、消費量は変わりませんが、1回で洗い終わるのであれば、同じ値段と仮定しても半額で済みます。何より、なぜかリンスだけ余っていくといったこともないのですから、コストパフォーマンスは思っている以上に高くなるでしょう。手軽で安上がりになってくれることを考えると、リンスがいらないことは考えてみるべき商品となります。

自分にあったリンスのいらないシャンプーとは?選ぶ際の3大要素

敏感肌:弱酸性タイプ

地肌によってシャンプーは選んでいかなければいけません。できるだけ刺激の少ないものにするのが、敏感肌の人には欠かせない選択になってきます。弱酸性が当てはまってきますが、オーガニック系や無添加といったものは、大幅に中世からpHがずれていくことはないため、使いやすいものとなってくるでしょう。成分をしっかり見つめて選択していくことは、シャンプーを見つけるポイントになってきます。

髪の毛が傷みやすい:ミネラル配合タイプ

髪の毛の状態に合わせてシャンプーは選んでいくことが重要ですが、どうしても傷みやすい人はいます。そんな時には、ミネラル成分のしっかり配合されたものにするのがいいでしょう。ダメージを受けた髪は自然に回復させることができません。ケアして補修できるようにしてあげなければいけないのですから、ミネラル分でカバーできるシャンプーを選ぶことが大切です。

髪が広がりやすい:オイル配合タイプ

髪がまとまりにくく広がりやすい人は、しっとりとまとまるように、オイル成分がしっかりと配合されているものを選ぶのが大切です。さまざまなオイルがありますが、天然のオイル成分をはじめとして、さまざまなものが使われています。さらに、油分と水分をまとめるためには界面活性剤が必要になってくることから、しっかりと成分を選ぶようにすることが必要です。美容に効果が高いオイルが入っていれば、髪の毛もまとめやすく、しなやかな髪に仕上げることもできるでしょう。

弱酸性タイプのシャンプー2選

メリット リンスのいらないシャンプー

メリット リンスのいらないシャンプー ポンプ 480ml [医薬部外品]
定番中の定番で、多くの人が使ってきているのが、メリットのリンスのいらないシャンプーでしょう。ほこりも付きにくくすることができるところも人気のポイントで、髪も健やかに保つことができます。地肌にも優しい弱酸性のため、優しい感覚で使えるところもいいでしょう。すっきりする感覚はメリットそのもので、家族で使っていくことができるところも人気があります。詰め替えも簡単にできるため、使い勝手に困らない便利なシャンプーでしょう。。

ゴーゴートレイン リンスインシャンプー

ゴーゴートレイン リンスインシャンプー ドクターイエロー 300ml
子供たちからすると、シャンプーだけでも大変で、リンスまで使うとなれば嫌になってしまうでしょう。しかし、健全な髪を作ってあげるとなれば、しっかりケアしてあげたいところです。ですが、刺激があったりすると辛い思いをしてしまいますが、このシャンプーであれば新幹線のドクターイエロー風のフォルムだけではなく、低刺激で優しいシャンプーになっています。汗っかきの子供でもちゃんと綺麗に洗ってあげることができるでしょう。

ミネラル配合タイプシャンプー2選

イオニート エッセンス Vシャンプー モイスト

イオニート エッセンス V シャンプー モイスト 500ml
非常に細かな泡立ちが特徴で、髪はとにかく滑らかに仕上がります。泡をたっぷり作り出すことができるので、念入りに洗っていくこともできるでしょう。刺激成分が入っていないことから、泡のままおくことができ、髪にもうるおいを与えることが期待できます。さっぱりでしっとりした仕上がりになるのもうれしいところです。

紀州備長炭木酢液・竹炭竹酢液配合 潤炭シャンプー

紀州備長炭木酢液・竹炭竹酢液配合 潤炭シャンプー(リンスインタイプ)
天然の吸着成分として、炭は高い抗菌・保湿効果を持っていることで知られています。この力を利用して、余分な皮脂や頭皮の汚れ、剥がれ落ちた古い角質も吸着して洗い上げることができるシャンプーです。汚れもすっきりと仕上がりますし、つやのある髪にしてくれるのがうれしいところでしょう。植物エキスも9種類含まれており、地肌も髪も健やかな状態にしてくれます。炭が持つ二つのマイナスイオン成分によって、髪につやを与えるだけでなく、ハリ・コシのある髪にしてくれます。

オイル配合タイプのシャンプー2選

大島椿 オイルシャンプー

大島椿 オイルシャンプー (リンスインシャンプー) 400ml
オイルの中でもよく名前が知られている椿油から作られています。椿油が使われていることによって、髪を保湿し、柔らかくしてくれるでしょう。また、泡立ちに関してもきめが細かく、すっきりと洗っていくことができるシャンプーです。リンス効果も椿油が発揮してくれますので、自然なつやを作り出すことができると期待されます。安心して使える天然素材で、ふけやかゆみを抑えてくれます。

熊野油脂 四季折々 リンスインシャンプー

熊野油脂 四季折々 リンスインシャンプー 詰替 400ml
椿オイル配合で、髪のうるおいを守ってくれる高保湿がポイントのシャンプーです。輝くようなつやを与えることができるため、美しい髪になっていくでしょう。アミノ酸やヒアルロン酸を配合しているため、パサつかない髪にもすることができます。しっかりとまとまるさらさらな髪に導いてくれるノンシリコンシャンプーです。使ってみると肌にも髪にも優しいことがわかるでしょう。

まとめ

リンスのいらないシャンプーは、使い勝手もよく、一度使ってみると時短効果もあって離せないものになってくるでしょう。だからといってリンスの効果がないようなものではなく、髪を守った上でしっとりとしたリンス後の髪にしてくれますので、一度使ってみるといいでしょう。

時短やコストパフォーマンスなどの良さがあげられますが、選ぶときに注意が必要です。地肌の状態は乾燥していないか、髪は痛みやすいほうか、それとも広がりやすいかなどの3点が重要になってきます。自分の髪の状態に合ったものを選ぶようにするとより効果が期待できるでしょう。