アイプチのおすすめ16選!初心者向けから低刺激タイプまで紹介します

女性にとって目元のメイクはとても大切で、その人の印象を決定づけるものとも言えます。そのためつけまつげやまつげエクステ、アイライン、アイシャドーなど、さまざまなアイテムを使って目元をパッチリ美しくするための努力を払う方も多いでしょう。

なかにはアイプチを使って、理想の二重ラインを作っている方も少なくありません。最初こそ慣れが必要ですが、アイプチも上手に使うと自然な二重を作ることができます。目元をパッチリと見せることで、顔の印象をかわいらしく見せることが可能です。

アイプチの種類

リキッドタイプ:まぶたの上に塗って二重ラインに糊付けをする

これまであまり使ったことがない方だと判断がつきづらいかもしれませんが、アイプチには大きく2種類があります。そのひとつが、まぶたの上に塗って二重を作ってのりづけするタイプのもの。これはリキッドタイプと呼ばれるアイプチです。

テープタイプ:まぶたに貼って二重のラインを作る

テープタイプのアイプチは、まぶたに貼ることで二重を作ることができます。一般的なイメージでは、テープタイプのほうがアイプチとしては認識度が高いかもしれません。リキッドとテープ、それぞれに便利な点と仕上がりの雰囲気は異なります。

このため、どちらのほうが良いとは一概に言えず、人によってチョイスは変わってくるものです。いずれにせよ少し練習が必要なので、気になるものから試してみることをおすすめします。慣れてくると、どちらがより適しているのかがわかってくるはずです。

アイプチの選び方

初心者でも簡単:リキッドタイプ

一般的に、リキッドタイプのものは初心者でも扱いやすいといわれています。手先が不器用という方や、試しにアイプチをしてみたいという方は、まずはリキッドタイプのものから挑戦するのが良いかもしれません。

同じ製品でも、やり方に気を付けなければ不自然に見えてしまうこともあります。マスターするためにはきちんとできる友人に教えてもらったり、動画などで勉強したりして、自分に合う方法を見つけてみてください。

メイクの時短・自然な仕上がり:テープタイプ


テープタイプのアイプチは朝が忙しい人など、時短を目指したい方におすすめのアイテムです。一般的にこちらのテープタイプこそ、いわゆるアイプチとして有名になっているかもしれません。

しかしリキッドタイプと比べて、どちらのほうが必ず良いというわけではありません。気になる方は、まずは安価なものでどちらも試してみるのがおすすめです。テープタイプは手軽にできることと、自然な仕上がりになることが利点に挙げられます。

まぶたが薄い:リキッドタイプ


目の大きさやまぶたの特徴も、人によってかなり違いがあります。一般的にまぶたが薄いタイプの人は、リキッドタイプのアイプチを使うほうが自然な仕上がりになるといわれています。

まぶたが厚い:テープタイプ

まぶたが厚い方は、糊付けタイプのリキッドよりもテープタイプのアイプチを使うほうがおすすめです。しっかりとホールドして二重のラインを作ることができます。なかには日中はつけて外出しないものの、就寝時にだけテープをつけているという人もいます。

これは、二重のくせをつけるため。意外とこのくせづけは大事で、それだけのためにアイプチを利用している人も少なからずいます。

汗・皮脂にも強く二重を長時間キープ:ウォータープルーフタイプ


現在メイクをはじめとする美容の世界では、どんな風に汗による剥がれを防ぐかが大きなポイントとなっています。アイプチにもウォータープルーフが登場しており、これまでよりずっと長時間キープできるものが増えてきました。

近年は夏場の暑さも話題になってきていますし、仕事によってはかなり汗をかく職場に勤めている人もいるでしょう。そのような場合、やはりアイプチはウォータープルーフにしておいたほうが安心です。

皮膚が弱い人・敏感肌:肌に優しいタイプ

肌に貼ったりはがしたりするには、少なからず肌に刺激が伴います。敏感肌など、基本的に皮膚が弱いという方がアイプチを使う場合、その点で注意が必要です。まずは低刺激の商品や、サージカルテープ素材のものから試してみるほうが無難かもしれません。

あまり肌に合わないものをずっと使っていると、別の肌問題が発生してしまう可能性もあります。場合によっては長時間、毎日つけるものですから、刺激が少なく肌に合っているものを選ぶようにしましょう。

リキッドタイプのアイプチおすすめ4選

コージー アイトーク


「コージー アイトーク」はリキッドタイプのアイプチで、目線を下に向けても剥がれることがない、強い粘着力が人気の理由です。夜寝るときにつけておくと、しっかりと癖がついて助かるという声もありました。その持続性の高さが評価されており、長時間のお出かけなどにも安心して使えるという人が多く見られます。

オートマティックビューティ ダブルアイリキッド


「オートマティックビューティ ダブルアイリキッド」もリキッドタイプのアイプチで、かなり強い接着力を誇ります。とにかく剥がれにくいものを探している方におすすめです。かといって、不快なほどベッタリつくわけではないので使いやすく、自然な二重を作ることができます。

持続性に非常に優れており、今までほかのアイプチを使ってきて、どうしてもすぐに取れてしまう経験をしてきた方は試す価値があるでしょう。

メジカライナー ナイト&ハード

メジカライナー ナイト&ハード
「メジカライナー ナイト&ハード」は持続力に優れたアイプチです。仕上がりもよく、テカテカして不自然になることもありません。

アイプチを使った場合の二重の自然さに関しては、製品の性能によるところも大きいですが、さらに使う本人の慣れも関係しています。あまり使いこなすのが難しい商品だと、毎日キレイに二重を作るのは難しい場合もありますが、この商品は比較的簡単にキレイな二重を作ることが可能です。

ローヤルアイム


「ローヤルアイム」は安価でたくさん入っていて、コストパフォーマンスの良い商品。さらに、かなりきれいに二重が作れると評判のアイテムです。アイプチをずっと使い続けるつもりの方にとっては、コスパは重要視されるポイントでもあります。

もちろん二重の感じとしても自然な仕上がりになりやすく、値段とクオリティー両面で多くの人の支持を得ている商品です。

テープタイプのアイプチおすすめ4選

ワンダーアイリッドテープ エクストラ


「ワンダーアイリッドテープ エクストラ」はテープタイプのアイプチ。かなり重たい一重の人でも二重になれると評判を集めています。テープが硬いので、癖がつきやすいというのも高評価の理由です。

ひと口に一重といっても、まぶたの分厚さからなにから人によって違いがあります。特に二重になりづらい重たい一重の方にとって、しっかりと二重にしてくれるアイプチは貴重です。ほかの製品ではなかなかうまくできなかったという方も、試してみてはいかがでしょうか。

プリュドール ナチュラル


「プリュドール ナチュラル」は、かなり自然な二重を作れると評判のアイプチです。粘着力もしっかりとあって、上からアイシャドウを乗せたときにも、かなりきれいに発色してくれると評判です。

テープタイプのなかには、テカリが出てしまうタイプのも少なくありませんが、この商品はテカることなく自然な感じに仕上がります。アイプチをしたあとのメイクのりが悪いと、せっかくの二重もぼんやりとしてしまうでしょう。なるべくメイクと合わせても、すっきりと自然で美しく仕上がるアイテムを使ってみてください。

オートマティックビューティ シングルアイテープ


「オートマティックビューティ シングルアイ」はテープテープタイプのアイプチですが、通常の使い方のほかに、くせをつけるために用いている人も多いようです。たとえば、夜寝るときのくせづけのためにつけておくのもひとつの方法です。

くせづけされているのとされていないのとでは、翌日のメイクの仕上がりにも差が出てくるもの。なるべくくせがつきやすい製品を意識して選んでいるアイプチユーザーの方も多くいます。

なかには、何年使っていてもなかなかくせがつかなかったのに、アイプチを変えたらすぐにくせがついたという人も。テープタイプかリキッドタイプか、自分の二重はどちらでくせがつきやすいのかを探ってみてください。

RiPiれるふたえテープ


「RiPiれるふたえテープ」は両面接着タイプのアイプチ。チャック付きの袋に入っているため、持ち運びにも便利で使い勝手が良い商品です。両面接着タイプはあまり多くなく、「リキッドも、片面テープタイプもうまくいかない」という方には、ぜひ試して欲しいアイテムです。

ウォータープルーフタイプのアイプチおすすめ4選

D.U.P アイラッシュフィクサー EX 552


「D.U.P アイラッシュフィクサー EX 552」はウォータープルーフのアイプチで、汗にも強いタイプ。多少の雨や汗の影響では剥がれないので、お出かけの際にも安心してつけていられます。乾くのも早く、それほど目立つこともない使い勝手の良いアイテムです。

それほど水や汗の影響を心配する必要がない生活環境の方はいいですが、学生の方を含めてかなり汗をかく場合、普通のアイプチだと途中でとれてしまうことも。ウォータープルーフタイプのアイプチを選んだほうが賢明でしょう。

アクティブアイトークⅡ

アクティブアイトークⅡ (13ml) 2ET0750
「アクティブアイトークⅡ」も同様にウォータープルーフのアイプチです。人によって持続時間は異なりますが、なかには汗をかいても1日くらい余裕でもってくれるという人もいます。

どんなにしっかりとくっつけていても、比較的簡単に剥がれてしまうアイプチもあります。ウォータープルーフタイプなら、そう簡単にアイプチが取れてしまうということはありません。出先でアイプチをやり直すのはかなり手間がかかるため、持続時間はとても重要なポイントとなってきます。

アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP


「アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP」は、アイプチで二重にしていることを忘れてしまうほど自然な仕上がりになる、という意見もあるほど優秀なアイテム。その目立ちにくさが魅力の商品となっています。

もちろん自然な二重を作るには、商品をどれだけ上手に器用に使いこなせるかにもかかっています。工夫しながら、なるべく自然な形に仕上がるように練習してみてください。

ヒロインメイク プルーフアイキープN


「ヒロインメイク プルーフアイキープN」はかなり安価で購入できて、粘着力が強く持続力のあるアイプチとして人気があります。簡単につけられて、しっかりとくせづけもできると評判。とにかく安くて、キープ力があるものが欲しいという方にはぴったりの、コストパフォーマンスに優れたアイプチです。

肌に優しいタイプのアイプチおすすめ4選

エリザベス バイオリア アイテープ


「エリザベス バイオリア アイテープ」は就寝時のくせづけにも重宝されているアイテムです。かなり強度がある商品で、持続性が高いアイプチです。強度があると肌には悪いと思いがちですが、実際には肌に優しくなるよう配慮されているため、安心して使うことができます。

ドリームマジック ナチュラルヌードアイテープIIスリム


「ドリームマジック ナチュラルヌードアイテープIIスリム」は自然な肌色を追及しており、アイプチを貼っていても素肌に馴染みます。不自然な印象にならないように考えられているため、誰かと会う予定があるときにも気軽に使えそうです。

Ledouble [ルドゥーブル] 二重まぶた化粧品

Ledouble [ルドゥーブル] 二重まぶた化粧品 (2mL)
「Ledouble [ルドゥーブル] 二重まぶた化粧品」は、かなりしっかりとくせをつけてくれるアイプチです。今までほかのアイプチを使ってもなかなかくせがつかなかったのに、こちらの商品を使ったら一発でくせがついたという人もいます。

綺麗な二重を作ることができるとして、リピーターが多いのも特徴。かなり頑固な一重や奥二重でも、コツをつかむと1日中しっかりと二重がキープできるという評判です。また剥がしにくいというアイプチも多いなかで、こちらの商品は剥がすのも簡単なのでまぶたに負担を与えません。

アイプチ アイプチS

アイプチ アイプチS
「アイプチ アイプチS」は汗をかきやすい人が使っても、きちんと二重が持続するアイプチです。リーズナブルな価格も手伝って、人気の商品となっています。保湿成分のアロエエキスが配合されており、目元に優しいのがうれしいポイントです。

臭いなども少ない低刺激のアイプチなので、少し肌が弱くて心配という方も安心して使えるでしょう。かなり汗かきの人でも、安心して暑い日の外出につけていける、高い品質が支持されています。

まとめ

一重か奥二重か、それともくっきり二重かというのは、人の外見の印象を大きく左右するポイントです。とにかく二重にするために、毎朝の時間を割いている人も少なくありません。アイプチは確かに、整形なしに二重を作ることができるアイテムとして非常に有用です。

ただし、製品それぞれに特徴があり、同じ製品でもコツをつかまないとなかなかキレイで自然な二重にはならないかもしれません。リキッドタイプやテープタイプ、あるいはウォータープルーフタイプそれぞれを試してみて、より自分に合う商品を見つけてみてください。