飲み会 パーティー

お酒が飲めない人の対処法!誘われたとき楽しく飲み会に参加する方法

お酒が飲めないけど、どうしてもお酒の場に出ないといけない時ってありますよね。お酒が飲める人にとっては楽しい場かもしれませんが、苦手な人にとってはただただ苦痛の時間でしかありません。そこで、今回はお酒が飲めない人の対処法などについて紹介します。

お酒が飲めない人によくある5つの悩み

パーティー

こちらでは、お酒が飲めない人によくある5つの悩みについて集めました。

誘われた飲み会は断りにくい

飲み会に誘われると断りづらい、この悩みを持っている人が多くいます。断ると人間関係がぎくしゃくしてしまいそうな気がして、無理に参加している人もいるのではないでしょうか。実際に無理に行ったことで、体調を崩して日常生活や仕事に影響が出てしまった日ともいます。

飲み会が割り勘だと損をする

基本的に仲間内の飲み会は割り勘ですよね。でも、お酒が飲めない人はドリンクしか飲んでいないにも関わらず、高額の費用を払わなければいけません。さすがに「私はお酒を飲んでいないから払わない」なんて言えるはずもなく、毎回泣く泣く損をしている人もいるのではないでしょうか。

飲んで酔っ払っている人の介抱が嫌だ

酒 酔っ払い
お酒を飲まないということで、なぜか酔っぱらった人の介抱をお願いされることもありますよね。そんなつもりで飲まないわけではないのに、介抱要員にされているようで気分を悪くしている人もいるようです。

帰りはタクシー代わりにされる

意外と多いのが、お酒を飲まないことによってタクシー代わりにされるというものです。飲んでいないのだから皆を送るのは義務と言わんばかりの展開に嫌気がさしている人もいるでしょう。

飲み会のノリに付いていけない

単純に飲み会のノリについていけないという人も珍しくありません。みんなが盛り上がれば盛り上がるほど、テンションが落ちていく人も多いのではないでしょうか。

お酒が飲めない原因


こちらでは、お酒が飲めない原因について集めてみました。基本的には人それぞれの理由があるので、間違っても強引に飲ませたりしないように気をつけなければいけません。

体質的にお酒が弱い

比較的多いのが体質的にお酒が弱い人です。お酒に強いひともいれば、弱い人がいるのも当然です。そういった人にとってはお酒の場は何よりも退屈な時間に感じるのではないでしょうか。

加齢で肝臓の働きの低下・体内の水分量の低下

昔は飲めていたけど、という人は加齢による可能の働きの低下などで飲めなくなっているようです。強引に飲ませてしまうと体調不良を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

元々お酒が弱い人の対処法

女性 酒 断る

「お酒を飲むと強くなる」はウソ

体質的にお酒が弱い人がよく言われることは「お酒を飲むと強くなるよ」というものです。実際に飲み続けても強くなることはありませんし、急性アルコール中毒になる可能性があるので注意しましょう。

酔いにくい方法は食べ物を食べてから飲むこと

お酒が弱い人は酔いやすいという特徴も持っています。付き合いでどうしても飲まないといけない場合は、何か食べてから飲むようにしましょう。お腹に何かいれることで酔いにくくなるのでオススメです。

枝豆・豆腐・山芋などを先に食べること


枝豆や豆腐、山芋を食べることで肝臓の働きを高めることが出来ます。どうしても飲まないといけない場合は、これらを食べて少しでも胃の負担を軽減させておきましょう。

お酒とお水の割合は1:1

どうしても飲まないといけない場合、お酒と水の割合は1:1にしておきましょう。そうすることで、あまり強すぎないお酒を飲むことが出来ます。

ゆっくり飲むこと

酔いやすい原因として一気飲みです。一気飲みは急性アルコール中毒を引き起こすこともあるので、絶対にやめましょう。少しで酔いにくくするためにゆっくり飲むようにして下さい。

加齢でお酒に弱くなった人の対処法

アルコールを分解する栄養ドリンクを飲む

加齢によって弱くなった人はアルコールを分解する栄養ドリンクを飲みましょう。そうすることで、身体への負担が減り、悪酔いを防ぐことができます。

お酒の量を前より少し減らす

一番実行しておかないといけないのが、お酒の量を減らすというものです。加齢でお酒に弱くなったのに、以前と同じ量を飲んでしまうと負担が一気に来るので気をつけましょう。

体調がよい日に飲み会へ参加する

一番良いのは、体調が良い日に飲み会に参加することです。しかし、こればかりは自分の都合でどうにもならないので飲み会の日に自分の体調が良いことを祈っておきましょう。

お酒が飲めない人の飲み会の参加方法

飲み会 パーティー

ノンアルのカクテルを頼む

最近はノンアルコールのお酒も多くあります。カクテルやビールなどもあるので、お酒の成分を飲まずに飲み会を楽しむことができるのでオススメです。

車で来ているのでお酒を飲めない事を強調する

お酒を飲まずに済む方法として、車で来ていることを強調することです。仮にこれを言って飲んでしまい、何らかの事故を起こすと飲ませた方にも責任がいくことがあるようです。

グラスが空いている人のオーダーを取る

お酒を飲まずに済む方法として、オーダー役に徹するというものです。グラスが空いている人のオーダーを取ることで、自分がお酒を飲んでいないことから目を反らせましょう。

酔っている人が普段見せない顔を見せているのを楽しむ

お酒 友達
酔っている姿というのはなかなか見られないものです。そういった普段は見られない姿を楽しむというのも飲み会の楽しみ方のひとつかもしれません。

酒癖の悪い人の近くに陣取らない

お酒が飲めない人は、酒癖の弱い人の近くに陣取らないことを心がけましょう。酒癖が悪い人は絡んでくるだけではなく、強引に飲ませようとするので注意です。

絡まれそうと思ったらトイレに避難する

どうしても絡まれそうになったら、トイレと言って離席しましょう。そういって避難することで、自分に向いた矛先を反らすことができます。

お酒が飲めない人でも楽しく飲み会に参加する方法

クルマで飲み会に来る

車で飲み会に来ることで、自然と飲まない雰囲気を作ることができます。ただ、誰かを送っていかなくてはいけなくなることは覚悟しましょう。

ノンアルコールカクテルを注文する

お酒が飲めないのであれば、ノンアルコールカクテルを注文して雰囲気だけを楽しむのもひとつの方法です。

飲んでいる人の意外な性格を楽しむ

飲んでいる時の姿は普段は見られません。だからこそ、飲んでいる人の意外な性格を楽しんでみてはいかがでしょうか。普段は厳しい上司が実な泣き上戸だったなど、意外なことを知ることができますよ。

酒癖が悪い人には近寄らない

酒
先述したように酒癖の悪い人には近づかないことが大切です。絡まれてしまうと抜け出すのに時間がかかるのでなるべく関わらないようにしなければいけません。

恋愛・趣味の話などを用意する

お酒を飲まない代わりに趣味や恋愛の話を用意しておくといいでしょう。そうすることで疎外感をなく、飲み会の場を楽しむことが出来ます。

一次会でしっかり切り上げる

二次会になるとほぼ確実に飲まされます。そのため、一次会でしっかり切り上げるようにしましょう。

まとめ

お酒を飲むことは楽しいのですが、苦手な人に強要するのは良くありません。飲んでいる人は酔っぱらっていることもあり、正常な判断が出来ません。だからこそ、自分で自衛するしかないことを覚えておきましょう。もし絡まれた場合は周囲の誰かに助けを求めるのもアリかもしれませんね。