バレエシューズを使ったおすすめコーデ特集17選!

シンプルなデザインで着こなしの邪魔をしないバレエシューズは、履き心地が良いパンプスとして重宝します。何足持っていても新しいアイテムが欲しくなってしまうバレエシューズを使ったおすすめコーデは、今回紹介する様々なファッションスタイルを知ることで、より良い活用方法が理解できます。

是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているバレエシューズ コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

バレエシューズを使ったおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

白い靴下と合わせたバレシューズは、ボトムスと色味を揃えた茶系をセレクトするのがベストな選択です。靴自他の白さが際立つ濃い色合いは、足元をおしゃれに見せながら引き締め効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ピンクのロングワンピースをチュニック風に着こなす場合には、ベージュのパンツとの相性も良い黒のバレシューズがおすすめです。キャスケットと同系色のバレエシューズは、どんなスタイルにも合わせやすいでしょう。

引用:CBK(カブキ)

アニマル柄が個性的なバレエシューズは、デザインがシンプルでも柄でアクセントを加えるのがポイントです。ジーンズとの相性も良く、足首が引き締まって見えるスッキリ感があります。

引用:CBK(カブキ)

キャラメル色が綺麗なバレエシューズに合わせるのは、シンプルな白いパンツスタイルに映えるボーダー柄のトップスです。アクセントとなるアウターは、様々な季節に活用できる万能性があります。

引用:CBK(カブキ)

シルバーカラーが個性的なバレエシューズは、ボトムスの素材との統一感があるのがポイントです。ウエスト部分のベルトがアクセントとなる着こなしには、シンプルな白いTシャツとベレー帽がマッチするでしょう。

引用:CBK(カブキ)

レギンスとの相性が良いバレエシューズは、長めの丈が大人っぽいタイトスカートと色味を揃えるのがおしゃれです。トップスは白と黒のモノトーンコーデにすることで、アニマル柄のバッグとのバランスが整います。

引用:CBK(カブキ)

フレアが綺麗に広がるロングスカートに合わせるバレエシューズは、スカートの色と合わせてシックな装いができる落ち着いたカラーがおすすめです。バッグも同じように落ち着いた色で揃えますと、トップスの綺麗さが際立ちます。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のアウターなどとのバランスが良いデニム素材には、バッグと揃えた赤いバレエシューズが良く似合います。最色となる赤を上手に使えるコーデは、今すぐ真似したいスタイルでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白いバレエシューズに合わせる白いチュニック風のワンピースは、デニムと組み合わせることで綺麗な色味が更に表現されやすくなります。夏らしいカゴバッグとのバランスは、お勧めの着こなし術でしょう。


引用:CBK(カブキ)

チェックのロングスカートの合わせる無地のバレエシューズは、万能性が高い濃いベージュがおすすめです。どんな洋服との相性も良いことから、黒を基調にしたコーデでも着こなしの邪魔をしません。


引用:CBK(カブキ)

赤い巾着風バッグに合わせる赤いバレエシューズは、ロング丈のカーディガンやデニムとの相性が良いのが特徴です。差し色となる赤を多く利用した着こなしは、オンでもオフでも活用できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白い靴下と合わせておしゃれな活用ができる黒のバレエシューズは、グレーを基調にした落ち着いた着こなしにきちんとマッチするカラーコーディネートとなります。

引用:CBK(カブキ)

コロンとした丸いデザインが可愛いバレエシューズは、落ち着いたモノトーンコーデに相応しい黒を選ぶことでトータルバランスが整った着こなしが素早く完成します。

引用:CBK(カブキ)

ショート丈のパーカーはおしゃれなワンピースコーデには、レギンスとの相性がよく足元がスッキリ見える無地のバレエシューズがおすすめです。使いやすいカゴバッグは、万能性が高いファッションスタイルです。

引用:CBK(カブキ)

シックな装いに華を添える白いバレシューズは、着こなし全体を明るく見せる働きをします。バッグとトップスを合わせたカラーコーディネートは、カーキ色のボトムスで思い通りに仕上がるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

コーデ全体を白でまとめた着こなしには、バッグの黒との組み合わせでもきちんと決まる茶色のバレエシューズが良いでしょう。ワンピースにあるベストは、コーデのアクセントとなります。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックが可愛いバレエシューズは、無地でシンプルなコーデに足元からアクセントを加えます。トップスとバッグの色味を揃えますと、全身がまとまった着こなしが素早く完成するでしょう。