ショートブーツ×スカートのおすすめコーデ特集14選!

短い丈でも存在感があるショートブーツは、パンツスタイルでも良く似合いますが、スカートと合わせることでより良くおしゃれな印象が表現できるでしょう。

今回紹介するおすすめのコーデは、ショートブーツとスカートの組み合わせで、手持ちの洋服を活かした着こなしができます。

普段の洋服選びに時間が掛かってしまう人は、是非この機会にショートブーツとスカートのコーデ術を学んでみるのがおすすめです。

この記事で紹介しているショートブーツ スカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ショートブーツ×スカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

綺麗な紫色のロングスカートは、プリーツのデザインが綺麗で女性らしい印象を演出しやすいでしょう。スタイリッシュなショートブーツは、バッグやトップスと同系色の黒がおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

ベストタイプのダウンジャケットに合わせるロングスカートは、紫色が綺麗に映える女性らしさがあります。黒いショートブーツのデザインは、しっかりとヒールがあることから、背が高く見える効果や足長効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ミディアム丈のスカートとショートブーツを黒で揃えたカラーコーディネートは、トップスや靴下のグレーンに合わせた着こなしがおすすめです。少ない色遣いだからこそできるまとまった着こなしが可能でしょう。

引用:CBK(カブキ)

紫色のバッグが個性的なコーデには、落ち着いたロング丈のプリーツスカートに黒のショートブーツを合わせた着こなしが良く似合います。女性らしいシルエットが実現するトップスの存在で、着こなし電帯が華やかになるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ライダースと同系色の黒いショート部ブーツは、ミディアム丈で履きやすいピンクのスカートとバランが整います。手持ちの洋服で真似しやすい着こなしは、オンでもオフでも活用できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

カジュアルな要素が強いライダースには、白いプリーツスカートをコーデして、女性らしさや優しい印象を演出するのがおすすめです。足長効果が期待できる黒のショートブーツは、プリーツスカートとの相性が抜群でしょう。

引用:CBK(カブキ)

万能性が高くどんな服装とも相性が良い茶色のショートブーツは、プリーツのデザインが綺麗なロングスカートに合わせて履くのがおすすめです。上半身を黒でまとめた着こなしは、思い通りのカラーコーディネートが実現します。

引用:CBK(カブキ)

紺のロングスカートと合わせて履く黒いショートブーツは、足元を綺麗に見せられる効果が高いでしょう。トップスのグレーと合わせたトータルバランスは、オンでもオフでも着回しできるコーデです。

引用:CBK(カブキ)

黄色のロングスカートに合わせておしゃれできる茶色のショートブーツは、どんな色やデザインのボトムスとも合わせやすいので、1足持っていると幅広くコーデに活用できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ストライプが綺麗で透け感が楽しめるチュールスカートは、膝丈のデザインがおしゃれでかわいいでしょう。ショートブーツを合わせて足元がスッキリ見せられることから、小柄な人におすすめの着回しです。

引用:CBK(カブキ)

花柄が個性的なスカートに合わせるショートブーツは、タイツを同系色にして下半身をスッキリ見せるのがおすすめです。インパクトがある赤いニットは、シックな装いにアクセントを加えるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

茶色のタイトスカートに良く似合うショートブーツは、トップスやアウターと同系色の黒がおすすめです。バッグも黒で揃えたシックな装いは、スカーツの茶色を指し色にすることで、落ち着いたコーデが素早く完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

インパクトがある黄色のプリーツスカートには、カジュアルな要素が強い黒いショートブーツやライダースが良く似合います。トップスのボーダーも白と黒にすることで、スカートの黄色が指し色となるモノトーンコーデが完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

タイトスカートとチュールスカートがミックスしたようなデザインのボトムスには、シンプルで合わせやすい黒のショートブーツがおすすめです。トップスやバッグに白をチョイスすることで、落ち着いた色のボトムスと明るいトップスの両方を楽しめるファッションになります。