ベルト×スカートのおすすめコーデ特集14選!

着こなしのアクセント的な役割が大きいベルトは、スカートと組み合わせてバランス良くコーデできるのが理想です。

今回紹介するおすすめのコーデは、ベルトとスカートを使った着回し例で、日々の洋服選びから特別な日の装いまで、毎日の生活に役立つ内容になっています。手持ちのベルトが上手に使えずに悩んでいる人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているベルト スカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ベルト×スカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ワンピースの重ね着のような着こなしでおしゃれなコーデを楽しむ場合には、ウエスト部分にアクセントとなるベルトを使うのがおすすめです。フェミニンな印象のパンプスとも相性がよく、個性を主張した着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

タイトスカート風のワンピースに合わせるベルトは、無地ではなく柄があるデザインを選ぶことで、シンプルなワンピ洲にインパクトを与えられます。個性的なバッグとのバランスも良く、トータルバランスが整った着こなしとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

黒を基調にした着こなしには、トップスと同系色の茶色いベルトが良く似合います。厚底が特徴的なサンダルやシンプルなキャップとの相性がよいベルトは、黒いジャンパースカートを綺麗にコーデできるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ワイドパンツに合わせるジャンパースカート風のチュニックには、ウエスト部分を引き締めて見せるベルトを用いることで、コーデの印象を大きく変えるでしょう。ベルトの存在は、上半身のスリムアップにも貢献します。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のニットに合わせるプリーツのデザインが綺麗な黒いロングカートは、ウエスト部分にベルトを用いることで、上半身と下半身のバランスが整ったトータルコーディネートが完成します。

引用:CBK(カブキ)

カジュアルなデザインのベルトに合わせるベージュのロングスカートは、大きなフレアが綺麗で女性らしさを醸し出せます。トップスのゴージャスな印象や個性的なバッグとのバランスも重要で、シンプルでも自分を主張できるコーデでしょう。

引用:CBK(カブキ)

インパクトが大きいデザインのベルトに合わせるスカートは、シンプルなジャンパースカートがおすすめで、長めのスカートが気になる下半身をカバーしてくれるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

デニム素材のロングスカートに合わせる個性的なベルトは、コーデの中心となる存在として重宝します。トップスのカーキ色との組み合わせも絶妙な茶色のベルトは、様々な着こなしに役立てられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ピンクの花柄が同系色のトップスと合わせやすいスカートは、ロング丈よりも少し短いミディアム丈が大人っぽい印象を演出できます。ウエスト部分にベルトを用いたコーデは、花柄の綺麗さを一層引き立てるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

バッグやスニーカーなどカジュアルなアイテムが多いファッション小物に合わせて、使用するベルトもカジュアルなデザインにするのがおすすめです。ロングスカートとのバランスが良いベルトの使い方は、他のボトムスの時にも上手に着こなしできるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ウエスト部分にベルトがデザインされているスカートは、素材や色が統一されていることから、コーデに工夫をすることなくおしゃれな装いができます。色味を揃えたパンプスやバッグは、着こなし全体を女性らしい印象に導くでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ファー素材のアウタを着ることで印象が変わるスカートとベルトのコーデは、リボン風の装飾がアクセントになるでしょう。スニーカーとタイツを同系色の黒にすることで、下半身の引き締め効果が期待できます。

引用:CBK(カブキ)

フレアのデザインが綺麗なベージュのスカートは、ベルトの部分にリボンが装飾されていて、シンプルな着こなしでも、アクセントやインパクトを与えられるようになっています。

引用:CBK(カブキ)

ベルトの存在感が大きいコーデは、スカートのデザインに合わせてバランス良くコーデするのが良いでしょう。黒いタイツに合わせた茶色のショートブーツは、寒い季節でもおしゃれができるバランスが良い着こなしとなります。