白カーディガンのおすすめコーデ特集11選!

幅広い着こなしができる白カーディガンは、オンでもオフでも活用できるファッションアイテムなので、一つ持っていると様々なコーデが展開できます。

今回紹介するおすすめのコーデは、白カーディガンを使ったスタイルで、今すぐ真似できるものばかりです。今まで白カーディガンが上手に着こなせずに悩んでいた人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介している白 カーディガン コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

白カーディガンのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

モノトーンコーデに欠かせない白カーディガンは、思い通りに着こなしができるようになっています。スカート丈とのバランスが大切な白カーディガンは、長すぎず短すぎないデザインを探しましょう。

引用:CBK(カブキ)

レース仕様の白カーディガンがシンプルなTシャツコーデをより一層綺麗に見せる着こなしは、茶色のサンダルを指し色にすることで、トータルバランスが整った着回しができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

赤のバッグとパンプスをアクセントにした着こなしには、ロング丈が大人っぽい印象になる白カーディガンがおすすめです。足長効果が高いジーンズに合わせるトップスは、白カーディガンにも良く似合う白いカットソーがバランス良く着こなしできます。

引用:CBK(カブキ)

グレーのコーデに合わせる白カーディガンは、体形カバーができるロングカーディガンがおすすめです。無地でシンプルな装いとなるグレーのコーデには、インパクトがあるニット帽が良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

女性らしい雰囲気が醸し出せる白カーディガンは、薄手の素材でレース仕様のものが重宝します。カゴバッグの紐部分とサンダルを黒で揃える着こなしは、カラーコーディネートが思い通りに実現するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

デニム素材のガウチョパンツとのバランスが大切な白カーディガンは、機器なるヒップラインが隠れる程度の長さがあると便利です。足元を黒で揃えることでスッキリとした印象になることから、引き締め効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

肩に掛けた白カーディガンがおしゃれな装いとなるコーデには、白いバッグや黒いパンプスなど、ガウチョパンツとのバランスコーデに相応しい小物遣いがポイントです。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のシルエットが優しい雰囲気を醸し出す白いカーディガンは、白いスニーカーとのバランスが絶妙で、キャップやキャミソールなどと合わせて女性らしい着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックが綺麗にコーデできる白カーディガンは、ウエストまでのデザインが可愛いショート丈がおすすめです。カゴバッグやスニーカーとの相性が良いギンガムチェックは、白カーディガンとも相性が良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

クリア素材のバッグがおしゃれな夏らしいコーデには、レース仕様の白カーディガンがおすすめです。ベージュのボトムスに合わせる黒のタンクトップは、サンダルと同系色にすることでバランス良くトータルコーディネートが実現します。

引用:CBK(カブキ)

大人っぽい装いにも似合う白カーディガンは、ワイドパンツと合わせてエレガントな着こなしができます。パンプスやバッグなどと合わせたコーデは、オンでもオフでも活用できるファッションスタイルです。