ぷにぷにで可愛い!話題の《多肉植物》を部屋に飾ろう!

お部屋の中に植物があると見栄えも良く、気分もリフレッシュ出来ますよね。植物といっても種類が様々ですが、”ぷにぷに”とした変わった見た目の多肉植物なら、もっと癒されちゃいます♪

その可愛らしい見た目と、種類の豊富さが度々インスタグラムなどのSNSでも話題となっている多肉植物。今回は不思議な形とぷにぷにした可愛らしい植物、多肉植物についてご紹介していきます。

多肉植物って一体何?

ぷにぷにとした触り心地が特徴◎

多肉植物とは、葉っぱや茎の部分に水分を蓄えて、ぷにぷにとした触り心地の植物の事をさします。乾燥している地域に多く生息していて、サボテンもその一種ではありますが、園芸ショップなどでは多肉植物と分けられて販売されていますね。

多肉植物はある時期になると紅く紅葉したり、花が咲いたりと変化が見られます。

多肉植物の中でも、セダム属やハオルチア属など沢山の種類に分けられ、種類毎に育て方も違ってきます。

多肉植物の育て方

必要なものを準備しよう

基本的に必要になる物は、土と鉢になります。最近は100均などでも、多肉植物を植えるのに使いやすい、お洒落な鉢代わりになる器も販売されていますよ。ぜひチェックしてみるのもおすすめです。

鉢は水はけが大事になりますので、穴が空いているタイプが良いでしょう。

土は、園芸用に使われる赤玉土などが適しています。乾燥地帯に生息している植物の為、過度に肥料を与えなくても大丈夫です。

お世話の仕方

多肉植物には≪生育期≫と≪休眠期≫があり、種類によってその季節が変わります。購入の際にチェックしておくと安心です。

この≪生育期≫の時期に肥料を与えると良いですよ。

水やりについて、≪生育期≫の時期には土が全部乾燥している状態になったタイミングであげます。≪休眠期≫には月に1度程度でOK。

成長ももちろんしますので、鉢の大きさも変えていく必要があります。

手軽にお洒落に飾りたいときは、寄せ植えがおすすめ

インスタグラムなどにアップされている多肉植物植物の写真にも、色んな種類が1つの鉢に植えられてる≪寄せ植え≫があります。

≪寄せ植え≫とはその名の通り、多肉植物をバランス良く寄せるように植える方法で、まさにインスタ映えするような綺麗な植え方です。単独で飾っておくのも可愛いですが、こういった≪寄せ植え≫をすれば、お部屋もより華やかなになりますね♪

自分で植える事も可能ですし、≪寄せ植え≫された状態でも購入する事が出来ます。壁掛けに出来るタイプもありますので、自分の好みの≪寄せ植え≫を探してみて下さいね。

単一でも、寄せ植えでも。おすすめの多肉ちゃん7選

パキフィツム

まるで子供が描いたお花のような、ファンシーでシンプルな格好の「パキフィツム」。「月美人」なんて和名もすてき♡

”ぽわっ”とした独特の雰囲気が、お部屋を優しい空間にしてくれる多肉植物です。

セダム

プリプリした葉がとっても可愛らしい「セダム」。ヨーロッパではメジャーな種で、多くの品種が出回っていますよ。

日当りのいい場所で育てるセダム。夏場の暑さにも強いため、暑い地域でも育てやすいのが嬉しいですね!夏場と冬場は”休眠期”に入るので、乾かし気味で管理できるのも育てやすいポイント。初心者にも向いていますよ。

セネキオ

「セネシオ」ということもあります。

種類があり、葉の形には「矢じり型」や「丸い粒型」、「三日月形」などがあり、好みのセネキオに出会うことができます。グリーンネックレスとも言われ、その名の通り長く長く育つので、高いところに吊るして飾るのがおすすめ。

キッチンや玄関、お手洗いなどにも置きたいですね!

ハオルチア

まるでオブジェ!本物の植物とは思えないような見た目がアートな「ハオルチア」です。

特に「ブラックオブツーサ」という種は、かわいい反面、飾り方で”男前インテリア”にもよく合うビジュアル。置くだけで、お部屋がまるでインテリアショップに早変わりしてしまうような多肉植物です。

ブルゲリ

まるでマスカットを一粒、鉢に落っことしちゃったかのような風貌の「ブルゲリ」。とっても個性的ではありませんか♡

休眠時期には薄い皮に覆われていますが、活動期の春になると、膜の下の鮮やかな緑が透けて輝きます♡

ただし!日本の高温多湿な気候で育てるのは難しいため、手に入れたいのであれば、しっかりと育て方をマスターしてからにしましょう。

リトープス

ちょっと”閲覧注意”かな。といった風貌の個性的な多肉、「リトープス」。真ん中から割れてそこから咲く花は、葉からは想像もできないほど可愛いんですよ!

脱皮を繰り返して成長し、動物から食べられることを防ぐために石に擬態してこのような形になったそうです。確かに、食べる気はしませんね。

青い「オリーブ玉」やピンクの「日輪玉(にちりんぎょく)」など種類豊富なので、いろいろと検索してみると面白いですよ。

月兎耳

月兎耳(つきとじ)は、読んで字のごとく、細長く伸びた葉にふわふわの産毛の生えた、まさに兎の耳のような多肉。

湿度に弱いので、冬の水やりは月に1度でOK!お手入れが楽なのも魅力です。

魅力がいっぱい!色んな多肉植物を見つけよう

よく目にするお花などと違って、少し育て方が変わっている多肉植物ですが、その魅力にハマる方が沢山います。園芸売り場でも、定期的に”多肉植物フェア”を行っていたりと、まだまだ注目されている植物です。

小さい物からある程度大きさがある物などと様々な種類があり、見ていて飽きませんよ♪お部屋にあるだけでも雰囲気が変わりますので、ぜひお近くのお花屋さんや、ホームセンターの園芸コーナーを覗いてみて下さいね。