「婚期が遅れる」ってホント?メリットは?ペットを飼うと変わること

ペットを飼うと生活が変わる!

「ペットを飼うと婚期が遅れる」なんていいますよね。

これは独身女性がペットを飼うのをためらう理由のひとつですが、正直これは「人による」としか言えません。

場合によっては、ペットを飼い始めたことがきっかけで生活が好転し始める可能性も…!

さて、ペットを飼うことで、どのような変化が起こるのでしょうか。

生活のリズムが整う

ペットを飼い始めてから、生活のリズムが整ったという人は多くいます。

犬を飼っている場合、体の大きさや犬種に合わせ、定期的に散歩に行かなくてはなりません。

仕事をしている人の場合、昼間に散歩をすることはできないので、必然的に朝、または夜、もしくはその両方に行くことになるでしょう。また、時間に合わせて餌を与える必要もあります。

こうして「毎日決まった時間に欠かさずやらなければならないこと」ができることで、生活リズムは格段に整います。

散歩のために夜更かしも寝坊もできなくなる、餌やりのために夜遅くまで飲んで帰るのはNG、といったちょっとしたプレッシャーは、飼い主の気持ちを引き締めてくれるでしょう。

散歩や餌やりといった健康管理は飼い主の役目なので、「適当でいいでしょ」なんて考える人は、そもそもペットを飼ってはダメですよ!

見返りなしで愛する喜びを知る

ペットを飼うと、何かを無条件で愛することの喜びを知ることができます。

対人間だと、「自分が愛しただけ向こうにも愛してほしい」と感じてしまう女性が多いかと思います。

たしかに、自分と同じくらい相手からも愛されるというのは、幸せなのかもしれません。

しかし、「見返りなしで愛することができる対象がいる」というのもなかなかの幸せです。

みなさんは、何かを無条件で愛したことがあるでしょうか。

自分が愛されたいばかりに、相手に尽くしてしまってはいないでしょうか。

ペットを飼い、見返りなしで愛する喜びを知ることで、恋愛観にも変化が生まれるかもしれませんよ。

癒される&精神が安定する

ペットには、人間の心を落ち着かせてくれる癒し効果があります。

動物との触れ合いで心を癒す、アニマルセラピーというセラピー療法を聞いたことがあるでしょうか。

アニマルセラピーの起源は古く、古代ローマ時代に負傷した兵士のリハビリに馬を用いたことが始まりなのだとか。

人によってはストレス軽減、血圧改善、免疫力増加などといった体調の変化が見られ、老人ホームや介護施設などでも利用されることがあるようです。

仕事で疲れていたり落ち込んでいたりしたとしても、家に帰って彼らと遊べば気持ちはリラックスするでしょう。

この癒し効果が、「ペットがいれば寂しくないから恋人がいらない=婚期を逃す」という説につながっているのかもしれませんね。

飼うときは覚悟を持って!「可愛いから」だけではNG

ご紹介してきたように、ペットを飼うことで生活に良い影響が与えられますが、そのメリットだけを見て飼い始めるのはNG です。

エサ代や医療費がかかる、きちんとしつけをする必要がある、旅行に行きにくくなる、引っ越しはペット可の物件に絞られる&敷金が高くなる可能性がある…。

このように、ペットを飼うことで生まれる苦労もあります。

もしこれらを苦労と感じないのであれば良いのですが、少しでも「うーん」と悩むことがあれば、今は飼うタイミングではないのかもしれません。

命を預かる以上、「快適な生活を提供し、最後まで責任をもって面倒を見る」という覚悟が必要です。

家族の一員であるペットたちに対し、「この家に来てよかった」と幸せを感じさせてあげられるような飼い主になってくださいね。