他人に期待しない人生はメリットたくさん!変えるべき考え方6Tips

他人に期待しない、ということを聞くと薄情な人だと思う人もいるかもしれません。しかし、実は「他人に期待する」ということがさまざまな弊害を持っていることは知っていますか?

今回は他人に期待することによる弊害や期待しないことによるメリットなどを紹介します。

他人に期待することの弊害

こちらでは、他人に期待することの弊害を集めてみました。なぜ他人に期待してはいけないのかなどを集めているので参考にしてみてください。

期待通りの結果が出ないとがっかりする


これは当たり前かもしれませんが、期待通りの結果が出ないとがっかりしてしまいます。これだけで他人に期待しないのは良くないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、がっかりした後の弊害は知っていますか? 仕事に関するがっかりだった場合はモチベーションの低下、それによるミスの乱発など仕事面にも影響を及ぼすことが考えられるのです。

勝手な期待のせいで裏切られた気持ちになるときがある

これは意外とありがちですが、誰かに期待をした時勝手な期待をしたにも関わらず裏切られた気持ちになることはありませんか? これも他人に期待することによる弊害のひとつです。

相手からすれば「勝手に期待したくせに」と言われても仕方ありません。それだけ頑張って欲しいと考えているのかもしれませんが、過度な期待は相手にとってもプレッシャーとなります。

他人をコントロールできると錯覚してしまう

誰かに期待して、その期待通りの働きを見せてもらった場合は他人をコントロールできると錯覚してしまう傾向もあるようです。その錯覚からパワハラなどに発展することもあるので注意しましょう。

人間関係がぎくしゃくする


期待をして裏切られた、なんて人間関係がぎくしゃくするには十分すぎる理由ではないでしょうか。自分からすれば「期待を裏切られた」ですが、相手にしてみれば「勝手な期待をしたのはそっちだろう」と言いたくなります。これは価値観の違いもあるかもしれませんが、期待という重圧で相手を抑圧している可能性があることも覚えておきましょう。

相手に嫌な気分にさせてしまう

「なんだ、できなかったんだ」なんて期待をしておいて失敗した時は言いがちですよね。ただ、それが相手を嫌な気分にさせてしまっているかもしれないことは気づいていますか? この期待による言葉は意外と知られていないのですが相手が不愉快だと思う言葉が多いのが特徴です。

自分も相手に依存し過ぎるときがある

期待をして、期待をされて、一見すると良い関係を築けているように思えますが自分自身も相手に依存しすぎている場合があるので気をつけてください。

他人に期待しないことで得られるメリット

こちらでは、他人に期待しないことで得られるメリットについて集めてみました。意外と日常的に使っていきたいメリットが多くあることに驚く人もいるのではないでしょうか。

相手の好意をありがたく受け取れる

期待されると、たとえ成功しても「もっと上手く出来たかもしれない」という思いが出てきます。しかし、そういった期待がないと相手の「がんばったね」や「おめでとう」などの好意を素直に受け取ることができるのです。

自分の尺度で行動できるのでストレスが軽減される

期待されてしまうと、自分の力量以上の仕事を強いられているように感じてしまいます。しかし、そういったものがなければ自分の尺度で行動できるのでストレスが軽減できると言われているようです。確かに期待がなければ成功しても満足できる気持ちも強くなるかもしれません。

相手にプレッシャーをかけずに済むので人間関係が良好になる


期待をしないことで、相手にプレッシャーを与えずにすみます。そのため、良好な人間関係が築けると言っても過言ではありません。過度な期待がないからこそ、まっさらの状態で相手と付き合うことができます。

自分を主体とした時間の使い方ができる

期待をしない、期待をされないことで自分を主体とした時間の使い方ができます。これは良い時間の使い方ができるのでお互いにとってスキルアップできるチャンスではないでしょうか。

自立した人間だとみられるため同性・異性問わずモテる

期待をしない、期待をされないことで自立した人間だと見られるようです。そのため、異性や同性に関わらずモテる傾向があります。どんな環境であっても、自分でなんでもできる人は頼りがいがありますよね。

仕事ができるようになる


期待をされてしまうと、その期待に応えようと無理な仕事の仕方をしてしまいがちです。そのため、通常通りにしていればなかったであろうミスも出てくる場合があります。期待がないことでそういったストレスもなく、自分の考えで仕事ができるので自然と仕事が上手くできるようになると言われています。

自由な発想を生み出す機会が増える

期待がないと言われると「仕事ができないの?」と考えられがちです。しかし、逆を言えば自由な発想を生み出す機会が増えると考えられるのではないでしょうか。期待されることでそういった時間が削られ、期待に応えようと無理をしてしまいます。期待がないことで、ストレスフリーで仕事に取組み、もしかしたら画期的な何かを考えつくかもしれません。

他人に期待する人は自分を変えるべき


こちらでは、他人に期待をする人はどうやって自分を変えればいいのかについて集めました。期待をするのは悪いことではありません。しかし、時代の流れによって「期待しない方が良い」という風潮ができているのです。

これまで他人に期待しすぎていた部分を客観視する

他人に期待をし過ぎた人は、その部分を客観視するようにしてみましょう。そうすることで「期待」という言葉によって見えなくなっていた何かが見えるようになるかもしれません。

自立できるように環境を整える

期待をしがちだった人は、まず自分が自立できるように環境を整えましょう。期待をする、ということで意外と他人に依存していた人もいます。そういった部分をなくして、自分の自立心を整えましょう。

自分に自信が持てるように努力する

誰かに期待をする人は、自分に自信が持てない人という意味もあるようです、そのため、期待をしないためにも自分に自信が持てるようにしましょう。自信の持ち方は人によって変わってくるので、自分に合う方法を見つけるようにしてください。

他人に期待しないで生きるための考え方6Tips

こちらでは、他人に期待しないで生きるための考え方について集めてみました。

これまでの人生や能力が違うことを頭に入れる

今までは「期待」は相手にとって嬉しいものだったかもしれません。しかし、今の時代は緊張や不安につながる可能性が高いので、今までとは価値観や能力が違うことを頭に入れておくようにしましょう。

期待が相手も自分も苦しめるリスクを理解する


一番考えておきたいのは、期待が相手も自分も苦しめるリスクを負っているということを理解することです。期待と言えば言葉は良いように思えますが、実は相手も自分も追い込んでいる言葉でしかないのです。

他人を思い通りにコントロールするのは難しいことを理解する

他人を「期待」という言葉で思い通りにコントロールすることは難しいのだと理解しましょう。期待という言葉をかけておけば、実力以上の仕事ぶりを見せてくれるはずだ、これも単純に相手をコントロールしようとしていることになります。

自分の人生は自分で切り開くしかないと自覚する

自分の人生は自分で切り開くしかありません。期待という言葉で曖昧にしてはいけないのだと自覚しておきましょう。

人間は失敗する生き物であることを理解する

確かに成功するのは良いことですが、人間は失敗する生き物です。逆に失敗があったからこそ活かせることというものもあるでしょう。期待をするということは、そのチャンスさえも奪うということになります。

他人に期待するなら失敗しても問題ない軽度のことにとどめる

どうしても期待をしてしまうと言う場合は「失敗しても問題ない」程度のことに留めておきましょう。絶対に失敗が許されないものに期待をすることで余計に失敗を煽ってしまいます。

まとめ

このように、期待が悪い方向に動くことが多いのが今の時代です。良かれと思っていても、実は相手にとっては悪い受け止め方をしていたなども珍しくありません。他人への過度な期待はトラブルの元なので気をつけましょう。