必要とされたいと思う理由は?考え方をすてるための行動・思考法まとめ

他人から必要とされたい、と考えるのは当たり前です。しかし、すべての人が誰かに必要とされたいと考えているわけではありません。今回はどんな人が「他人から必要とされたい」と思っているのかなどを紹介します。

他人から必要とされたい人の特徴

こちらでは、他人から必要とされたい人の特徴について集めてみました。どんな人が必要とされたいと感じているのか並べてみると意外と当てはまるといるという人もいるのではないでしょうか。

自分に自信が無い


誰かに必要とされたいということは、自分に自信がないという気持ちの表れです。自分に自信が持てないからこそ、誰かに必要とされることで自分の存在意義や価値を見出したいと考えるのです。

将来に対して漠然とした不安がある

将来に対して不安がある人は、誰かに必要とされたいと考える傾向があるようです。将来に関わらず、漠然とした不安を抱えている人は誰かに頼られることで不安をかき消したいのでしょう。

幼少期に両親からあまり褒められてこなかった

最近は「毒親」なんて言葉があるほど、子供に対して愛情を注がない人もいます。誰かに必要とされたいと感じる人は、幼少期に両親からあまり褒められてこなかった人に多い傾向があります。褒められる、頼られるということがなかったために、誰かに必要とされたいと感じるようです。

欲求不満


誰かに必要とされたいと願うのは、単純に欲求不満という場合もあります。性的な意味ではなく、普段自分がしたいと考えていることを抑圧されている人も当てはまります。例えば、在宅介護をしている人も自分の時間がなくて欲求不満になっているという場合があるのです。

人の話を聞くのが苦手

人の話を聞くのが苦手な人も「誰かに必要とされたい」と考えているようです。人の話を聞くのが苦手なのに、必要とされたいというのは矛盾しているように思えますがそうではありません。人の話を聞くのが苦手だからこそ誰かに頼られたい、必要とされたいと考えるのです。

自分を過小評価してしまいがち

意外と多いのが「自分を過小評価してしまいがちな人」です。自分の価値が見出せず、誰かに必要とされることで自分の存在意義を見出すのでしょう。

他人から必要とされたい理由

こちらでは、他人から必要とされたい理由について集めました。

自分の価値や存在意義を確認し自信を持ちたい


誰かに必要とされることで、自分の価値や存在意義を確認して自信を持ちたいという人が多いようです。誰かに頼られている、必要とされているから自分は存在意義があると感じたいのです。

人に必要とされることで幸福感を感じたい

人に必要とされることで幸福感を感じたいということで、誰かに必要とされたいと願う人もいるようです。誰かが喜ぶ顔を見るのが好き、という人はこのタイプかもしれませんね。

ここにいても良いという安心感を得たい


その人の境遇にもよるかと思いますが「ここにいてもいいという安心感を得たい」という人もいるようです。基本的に「誰かに必要とされたい」と願うのは、自分の存在意義や価値を見出すための人が多いようです。

自分で認められないから他人からの評価を得たくなる

自分で自分に高評価を付けられる人はどれだけいるのでしょうか。自分に甘い人もいますが、大抵は「まだできたんじゃないか」「もっと努力した方が良かったのではないか」など考える人ばかりではないでしょうか。

努力しても自分で認められない部分が多いので、誰かから必要とされて他人から評価を得たいと考えるようになるのです。

人から必要とされたいという考えを捨てる行動

人から必要とされたいと考え続けるのは精神的にも疲弊します。そこで、それを改善するためには「誰かから必要とされたい」という考えを捨てなければいけません。こちらでは、その考えを捨てるための行動について集めてみました。

自信が持てるように小さな目標を立てて着実に取り組む

勉強
どんなことであっても何かを成し遂げた時には達成感を得られます。自信はそういった達成感の積み重ねで得られると言っても過言ではありません。最初から大きな目標を立てても達成できない可能性が高いのですが、小さな目標であれば達成できるのではないでしょうか。まずは自信を持つために小さな目標をたてて着実に取り組むようにしてみましょう。

筋トレや水泳などで身体を鍛える

身体を動かすことで、ネガティブなことを考えなくなります。筋トレや水泳などで身体を鍛えてみてはいかがでしょうか。身体を動かすことで人と知り合うこともできますし、さまざまなメリットがあります。

愚痴などネガティブな言葉を吐かないようにする

ネガティブな言葉を吐くことで、気持ちが沈んでしまうのは知っているかと思います。たとえどんな愚痴があったとしても、なるべく言わないようにしましょう。言葉にすることで気持ちが沈み、自分から自信を奪ってしまうからです。

常に成長できるように新しいことにチャレンジする

自信を持つためには、何かに挑戦することが一番です。常に何かにチャレンジすることで、自分自身を成長させることができます。失敗するかもしれない、と怯えずにチャレンジすることが自信をつける第一歩になるのです。

自分も他の人を必要とする


誰かに必要とされたいと願うだけではなく、自分自身も誰かを必要とするようにしましょう。そうすることでお互いに対等な関係になり、支え合って生きていることを実感できます。

他人から必要とされたいという考えを捨てる思考法

こちらでは、他人から必要とされたいという考えを捨てる思考法について集めました。なかなか行動が実践出来ない人は思考だけでも実践してみてはいかがでしょうか。

人から必要とされるだけでは心の隙間は埋まらない

人から必要とされるだけでは、心の隙間は埋まりません。人から必要とされるだけでは、ただの都合のいい人で終わってしまう可能性があるからです。本当に自分が必要とされているのか、実は誰でも良いのではないかなどをしっかり見極めるようにしましょう。

根本的な原因から目を背けても不安は解消されない

誰かに必要とされたい気持ちは、目の前のことから逃げているだけの人もいます。確かに一時的な逃避にはなりますが、根本的な原因から目を背けても不安は解消されません。そのため、逃げるために必要とされたいと考えるのではなく、現在の不安自体を解消できる何かがないかを考えるようにしましょう。

他の人と共依存の関係になりがち


他人に必要とされたい人はやや危うい点を持っています。その理由は他の人と共依存の関係になりがちだからです。共依存の関係になってしまうと、それは自分自身の人生も壊してしまいかねません。共依存ではなく、正しい関係を築けるかどうかを考えるようにしてください。

人間不信になる

誰かに必要とされることで一時的に心が満たされても、今度は本当に必要とされているのかと疑い始めて人間不信になる場合もあります。負の連鎖とは上手い言葉であり、負によって始まったものはいつまで経っても終わらないのです。

ストレスを溜めこみすぎてうつ病になるリスクが高くなる

ストレスを溜め込みすぎてうつ病になるリスクが高くなると言われています。他人からの評価ばかりが気になってそれ以外のことが何も出来なくなってしまうのです。誰かに必要とされたいと思うのは、良いことのように思えますが実は危険な部分も含んでいるのだと覚えておきましょう。

まとめ

誰かに必要とされたい、これは誰でも頭の中をよぎる言葉ではないでしょうか。必要とされないよりも、必要とされた方がいいに決まっています。しかし、その考えだけに捕らわれてしまうと精神的な病気に繋がりかねません。あまり評価を気にせず、自分のスタイルを崩さないように心がけましょう。どうしても不安な人は専門知識を持つ人に相談をしてみてもいいかもしれませんね。