スマホの見過ぎで「老け顔」に!老化を進める原因と対策!

毎日の生活の必需品といえば《スマートフォン》。自分の分身のようによく働いてくれる相棒でもあります。でも気がつけばメールやLINE、SNSのチェックに忙しく、いつの間にか画面をずっと見ていたということも多いのではないでしょうか?

実はスマートフォンを見続けることは「老け顔」の原因となり、美容面ではシミやシワとなるデメリットが多いのです。なぜ老け顔になってしまうのか?その原因と対処法についてお伝えします。

スマホで”老け顔”になる理由って!?

《無表情》が老け顔に

スマートフォンを長時間見続けると無表情になり、まばたきの回数が半分以下に。表情筋がまったく動かないことは運動していないのと同じ状態で、「しまりのない顔」になり若さがなくなります。

また集中して見ていると、無意識に眉間にシワを寄せることに。習慣化となるとシワが深く刻み込まれ、老け顔に拍車がかかります。

《猫背》が老け顔に

長時間スマートフォンを見ていると前かがみとなり、肩が落ち猫背になります。姿勢の良い時に比べて心筋の動きが限られ、うまく呼吸ができない状態を作ることに。

血行も悪くなるので、見た目だけでなく心臓にも負担がかかってしまいます。

《ブルーライト》が老け顔に

スマートフォンから発せられる《ブルーライト》。実は紫外線の次に強いエネルギーを持つ青色の光です。網膜まで届くほどの強いエネルギーがあるため、目の疲れや痛みなどのダメージを与えることになります。

また、ブルーライトは日焼けやシミの原因となる紫外線よりも肌に入り込み、色素沈着を起こすことも。日傘などで肌の日焼け対策をしたとしても、スマートフォンで日焼けすることとになってしまうのです。

《睡眠不足》が老け顔に

睡眠不足はお肌にとって大敵。実はスマートフォンの画面から発せられるブルーライトは
、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を減らす原因に。

ベッドの近くに置いたり、寝る直前まで画面を見ると、眠れなくなったり睡眠の質が悪くなることがあります。

スマホで肌を老化させない!今日からできる対策法

ブルーライトカット

眼精疲労対策として、ブルーライトがカットできるメガネを使いましょう。ドライアイや、青グマなども改善できますよ。

また手軽に購入できるものとして、フィルムを使うこともおすすめです。

寝る1時間前にOFF

寝る1時間前には電源をOFFして、ベッドから離れたところにおきましょう。

メラトニンの分泌を促すことと脳や目を休むモードにしてあげることは、睡眠にとって大切です。

姿勢やスマホの使用時間にも制限を

スマホをみているとついつい猫背になり、首も前に出てしまいがち。気づいたときには、必ず正すよう、いつも心がけておきましょう。

スマホの使用時間にも注意が必要です。1日でスマホを見ているうち、どれくらいが《必要な閲覧》ですか?

「ひまだから」「なんとなく」で眺めている時間は、合計するとかなりの時間になっているかも。そんな「なんとなく」のスマホ閲覧を控えるだけで、スマホによる老け顔の進行を遅らせることができるでしょう。

大人女性の「スキマ時間」は、自分磨きのために使うなど有効活用していきましょうね♡

脱スマホ依存で、脱老け顔を

少し気をつけるだけでも「老け顔」から解放されます。日々の積み重ねが未来の顔を作ることにもなりますよ。

スマホをチェックする時間を意識的に短くして、若々しく美しい肌を保ちましょう。