楽しいことがないときに考えたい4項目!楽しくするための対処法

楽しいことがない、とふと考えることはありませんか? 特別な何かがあったわけでもないのに妙な寂しさを抱える時もあるのではないでしょうか。

今回は楽しいことがないと感じている時のチェックリストや、楽しいことを見つけるための方法について紹介します。

楽しいことがないと感じるときのチェックリスト

当てはまるものが多ければ、日常に楽しさを感じなくなっているかもしれないので、早めに対応しないと大変なことになります。

 

楽しいことがないと感じるときのチェックリスト

☑︎人間関係がマンネリ化している
☑︎異性との出会いがない
☑︎単調なライフスタイルに飽きた
☑︎疲れが溜まっている

 

1.人間関係がマンネリ化している

人間関係がマンネリ化していると「楽しくない」という気持ちが強くなってしまうようです。安定した人間関係が築けていることは良いことなのですが、あまりに不変の状態が続いてしまうとスリルを求めてしまうようになります。

こういった気持ちが強くなってしまうと、日常に刺激を求めるかのように悪いことだと分かっていても手を出してしまうことがあるようです。そういった典型的なものが「不倫」です。寂しさや空虚感を埋めるためにそういった、ことに手を出してしまう人もいるようです。

2.異性との出会いがない

異性との出会いがない場合、空虚感や寂しさ、楽しいと思えない環境になってしまっているようです。恋愛がすべてではありませんが、異性との出会いがあることで毎日が楽しくなることもあります。身だしなみを気にするようになったり、新しいコスメや服を買いに行ったりなど、異性と出会うことで日常の刺激を与えてくれるのです。

恋をすると浮ついていると言われることもあるかもしれません。ですが、浮ついで何が悪いのでしょうか。毎日を楽しく過ごせるのであれば、浮ついた気持ちでも問題はないのではないかと思います。むしろ、そういったプラスの気持ちが退屈を感じさせている心に潤いを与えてくれるのではないでしょうか。

合コン パーティー ナンパ

3.単調なライフスタイルに飽きた

毎日仕事に行っては帰宅するだけの毎日、という単調なライフスタイルに飽きることで楽しさを見いだせなくなっていませんか?同じことの繰り返しということで飽き飽きしているのであれば、ジムや何かの教室に通うなど自分から変化させる方法を選ばないといけません。

単調なライフスタイルに飽きている人の場合、むしろ他のパターンの人よりもさまざまなことを楽しめます。ある意味では、楽しくない気分を一番回復させやすい理由と言ってもいいかもしれません。

4.疲れが溜まっている

疲れが溜まっていると、好きなものを食べていても、好きなものを見ていても気分が晴れません。まずは疲れを取ることを優先させた方がいいでしょう。

ストレスや疲労は本人でも予想外の効果を与えてきます。しかも、それがマイナス方面なので立ち上がるまでに時間がかかってしまうのです。

1.人間関係を広げる方法

人間関係でマンネリ化している人は、新しい出会いを求めてみてもいいのではないでしょうか。恋愛面での出会いではなく、自分自身を高めてくれるような人と出会うという意味で人間関係を広げていきましょう。

異業種交流会やオフ会に参加

異業種交流会やオフ会に参加してみるのはいかがでしょうか。特に異業種交流会の場合は、自分とは違う職種の人の話を聞けるので、さまざまな面でスキルアップできる可能性があります。人間関係を広げたいと言うと、どうしても恋愛面に繋げる人もいますが、そういうのを抜きにして付き合える人は良い友人になるでしょう。

スポーツジムやクラブへ足を運ぶ

人間関係を広げる方法として、スポーツジムやクラブに足を運んでみてはいかがでしょうか。普段運動をしていない人であれば、健康のためにも前向きに通ってみることを検討してみましょう。スポーツジムなど、毎回同じ人がいるわけではありませんが、通い続けるうちに同じ顔触れを会うようになるはずです。身体も適度に鍛えられて、人間関係も築けるということで最適な場所ではないかと思います。

フェスなどのイベントに友達を誘う

人間関係を広げたいのであれば、フェスなどのイベントに積極的に参加してみましょう。ひとりで行くのが寂しい場合は友達を誘って一緒に行ってみるのもいいかもしれません。フェスなどの熱狂的な空気は「楽しくない」という気持ちを吹き飛ばしてくれます。

ボランティアを始める

手っ取り早く人間関係を広げたいのであれば、ボランティアに参加してみるのもオススメです。ボランティア活動は偽善的だと言う人もいますが、やらない善よりやる偽善の方が自分の心も満足できるのではないかと思います。ボランティアメンバーはそういった考えの持ち主の人が多いので、性格の良い人と出会えます。

ボランティアを始める人の中には、最初はイヤイヤだった人もいるようです。しかし、周囲と何かを一緒にすることが楽しくて参加し続けるという人も珍しくありません。

普段とは違うエリアになじみの店を作る

新しい人間関係を築きたい場合、普段はあまり行かないようなエリアに行ってみましょう。どのエリアにも人気のカフェなどはあります。今まで行かなかった場所で馴染みの店を作ることで、新しい人間関係を築けるようになるのではないでしょうか。

見知らぬ街の見知らぬ喫茶店で常連になって、その店の人と出会っていくというのもなかなかロマンチックで楽しいと言えるのではないでしょうか。

2.異性との出会いを見つける方法

仕事が出来る人、真面目な人ほど、自分から出会いを求めようとしません。しかし、出会いは待っていても来ません。白馬の王子さまがやってくると考えているのであれば、それは今すぐ捨てましょう。王子さまが欲しいのであれば、今は自分で探しに行く時代です。

同性の友達に相談する

同性の友達に誰かを紹介してもらう、相談する、となるとがっついているように見られて恥ずかしいと思う人もいるでしょう。しかし、出会いを求めるのであれば多少の恥は我慢すべきではないでしょうか。それに、紹介してもらうことを恥ずかしがっている人もいますが、今や友人から紹介されて交際、結婚するというケースは珍しくありません。そういった「恥ずかしい」という思いは捨てて相談することを検討しましょう。

友達に恋人候補を紹介してもらう

異性でも同性でもいいのですが「彼氏が欲しい」ということを話して、恋人候補になりそうな人を紹介してもらってはいかがでしょうか。先述したように、友人から紹介されて交際に発展するケースは珍しくありません。むしろ、仕事が忙しい人にとってはそういった紹介や相談が出会いの場と言っても過言ではないのです。

婚活パーティーや合コンに参加

最近は市町村が積極的に婚活パーティーなどを開催しています。市役所のホームページなどを見れば、どんなパーティーが開催予定かを見ることが出来ます。合コンに参加するのは大丈夫なのかと不安な人もいるかもしれませんが、参加者全員が異性と出会いたい人なので、自分の気持ちを飾らずに接することができます。むしろ、顔馴染みではないからこそ自分の素をさらけ出せるのではないでしょうか。

3.ライフスタイルを変化させる方法

毎日のライフスタイルに飽き飽きしている人におすすめしたいのが、ライフスタイルを変えるための方法です。同じことの繰り返しに飽き飽きしているのであれば、ちょっとしたことを増やしてみてはいかがでしょうか。

早朝のカフェでモーニングを食べてみる

普段よりも少し早く起きて、早朝のカフェでモーニングを食べてみてはいかがでしょうか。普段とは違うことをするだけで、新しい発見がないかとワクワクしてきませんか? お気に入りのカフェが見つかるまで毎日別の喫茶店に行ってみてもいいですね。

いつもと違う駅に降りてみる

いつもより早めに起きて、いつもとは違う駅に降りてみてはいかがでしょうか。違う駅に降りることで「同じことの繰り返し」ではなくなります。新しい駅で何かを見つけてみてはいかがでしょうか。オシャレな喫茶店、美味しそうなケーキ屋さん、センスの良いアパレルショップ、自分の興味が惹かれるものをぜひ見つけてみてください。

聴く音楽のジャンルを変えてみる

音楽を聴くのが好きな人は、普段とは違うジャンルの曲を聴いてみてはいかがでしょうか。疲れている、ストレスを抱えている人はヒーリング曲を聴いてみてもいいかもしれません。人気のある曲をオルゴール調にしたものなども販売されています。まったく知らない曲を聴くより、こういった知っている曲のオルゴールCDでも買ってみてはいかがでしょうか。

逆に静かな曲ばかり好んでいる人であれば、ちょっと激しめのロック系でも聞いてみると、普段の自分に刺激を与えることが出来るかもしれません。

食事するお店やメニューを変えてみる

外食をする時、行き慣れた店に通い続ける傾向がある人がいます。しかし、たまには行く店を変えてみる、もしくは同じ店でもメニューを変えてみるなどすると「普段と同じことの繰り返し」にはなりません。

4.溜まった疲れを取る方法

抱えきれないほどの疲労を持っている場合、まずはどうやって疲労回復を狙うかを考えなければいけません。集中的に身体を休めることが出来ればいいのですが、仕事をしていればそうもいきません。むしろ、仕事によって疲労やストレスが増え続けている人もいるでしょう。目標などにも言えますが、最初から大きなことを狙っていても成功するはずがないのです。少しずつでもいいので疲労を抜いて行こうという考えを持ちましょう。

定期的に運動する


疲労回復のために、定期的な運動をするというのものがあります。疲れているのに運動をするなんて矛盾していると考える人もいるのではないでしょうか。確かに肉体的な疲労のみで考えると更に疲労を増しているだけと言っても過言ではありません。

しかし、疲労は肉体的なものだけとは限りません。疲労によって心もすり減っているのです。心のケアをしなければ、いくら休んでも疲労は身体から抜けてくれないのです。病は気からという言葉がありますが、まさにその通りではないでしょうか。運動をすることで、気分転換をすることも出来るので適度な運動をして、身体のメンテナンスを行いましょう。

睡眠時間を確保する

疲労回復の中でもっとも重要なのは「睡眠」です。仕事の忙しさなどで睡眠時間を削ってしまってはいませんか? 近年は「睡眠負債」とい言葉が出来るほど睡眠による問題が深刻化しています。ただ、睡眠は大切ですが貪欲にむさぼればいいというわけでもありません。睡眠負債は睡眠不足のことも指しますが、過剰睡眠にも言えるのです。

睡眠は6~7時間が最適だと言われています。仕事を理由に睡眠を削ってもどこかで限界が来てしまい、倒れてしまう、もしくは深刻な病気を発症してしまうこともありえなくもないのです。

仕事を家に持ち帰ってしている人もいるでしょう。確かに仕事は大切です。ひとりの予定が狂うだけで大勢に影響してしまいます。そのため、プレッシャーと戦いながら仕事をしている人もいるでしょう。ただ、自分の身体はひとつ、命もひとつです。後から後悔しないようにしっかり睡眠は確保しておくようにしてください。

温泉でリラックスする


疲労がピークに達していると感じているなら、いっそのこと温泉にでも行ってはいかがでしょうか。時間がない場合は日帰りでもいいですから、まず自分の身体をしっかりいたわってあげましょう。理想としては温泉街に1泊2日で行くのがいいかもしれません。長期休暇などで行ければ、ぜひ行ってみましょう。

温泉地を決める場合、景色の良いところがオススメです。特に露天風呂からの景色を楽しめるところは、ストレスや疲労でカサカサになった心に潤いをあたえてくれます。ただ、長期休暇などであれば人が多いので逆に楽しめないと言う人もいるかもしれませんね。

まとめ

人生を楽しめなくなっては悲しくなります。長い人生なのだから、自分なりのやり方で楽しめる方法を見つけてみてはいかがでしょうか。人の好みにもよりますが、楽しむための方法は豊富です。きっと自分に合う楽しみ方が見つかるので、ぜひそれが見つかるまで色々と試してみましょう。