一人暮らしのインテリア28選!スタイルごとにご紹介

なんとなくすっきりしない、生活感が出すぎる、などのお部屋の悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。今回は、様々な工夫とセンスでお洒落に一人暮らしを楽しんでいるお部屋を集めてみました。お部屋改造の参考になると嬉しいです。

一人暮らしの北欧~ヨーロピアンインテリア9選

壁掛け代わりにお気に入りのスカートを

出典:instagram.com


大好きなものはいつも見ていたい!ちょっと寂しいかな、と感じるクローゼットの扉にお気に入りのスカートをディスプレイ。お部屋のカラーリングにもマッチしていて、温かみを感じさせながらもすっきり感はキープ。

北欧のナチュラルインテリア

出典:instagram.com


白や無垢材の家具でコーディネートした北欧テイストのお部屋。床の色まで無垢の木材の色なので明るい印象です。大きな面積のファブリック類も白やベージュでまとめ、丸い形のラグや差し色のクッションで遊び心をプラス。

ホワイトにちょっと色を足すのがポイント

出典:instagram.com


幸せな気持ちで眠りにつきたいベッド周りは、リネン類をホワイトでまとめ、クッションやかけ毛布など、小さな面で色味を足して、どこかホッとする温かみを感じるスペースに。ベージュやネイビーならスタイリッシュさも叶う!

イケアとニトリはマストアイテム

出典:instagram.com


奥の洋服ラックと鏡はイケア、センターテーブルの下のラグはニトリ。存在感が出過ぎになりがちな大きなアイテムを、細いフレームや、床やインテリアと馴染む色合いですっきりと。北欧テイストにまとめています。

無印アイテムも強い味方

出典:instagram.com


ワンルームで生活することも多い一人暮らし。ヘッドボードのないシンプルな無印良品のベッドは、生活感が出過ぎず、お部屋もすっきり見えてオススメ。ベッドにかけたショールでシンプルな中に温もりを感じる北欧テイストに。

ホワイトガーリーインテリア

出典:instagram.com


全体を真っ白でまとめたお部屋。冷たい印象にならないのは、ギャザーを寄せたデザインのマルチカバーや光沢のあるクッションなど色々な質感の白を組み合わせているから。頭上のガーリーなデコレーションもロマンチックな印象に。

ホワイトをガーランドで女の子らしく

出典:instagram.com


ホワイトとベージュでまとめたシンプルなお部屋の壁に、ドライフラワーをガーランドのように飾ってガーリーさをプラス。麻紐と木製のピンチを使ってナチュラルテイストに。すっきりとした壁面にリズミカルに配置されたお花が映えます。

カーテンの色をワンポイントに

出典:instagram.com


面積の大きなカーテンは部屋の印象を左右するアイテム。このお部屋では白・グレー・ベージュでまとめたインテリアに、ブラウンがかったピンクのカーテンを合わせることで、女性的で柔らかなニュアンスを加えています。

ヨーロピアン王道のきれかわ!インテリア

出典:instagram.com


曲線的なデザインの家具とホワイトでまとめたクラシカルなヨーロピアンテイストのお部屋。ドレッサーの上に置かれた小物がエレガントで、差し色として効いています。カーテンの掛け方で、より一層お姫様のお部屋のように!

一人暮らしのモダンインテリア3選

コンクリ打ちっぱなしを生かすインテリア

出典:instagram.com


直線的な家具とモノトーンでまとめたクールモダンなインテリア。フレームに入れたポスターやクッションでスタイリッシュに遊び心を加えて。大きなグリーンが無機質になりがちなモノトーンの部屋のアクセントになっています。

モノクロ&アイアンテイストのインテリア

出典:instagram.com


質感の際立つモノトーンインテリア。ここではアイアン製の家具をチョイス。素材にこだわることで一味違うインテリアに。ガラスのテーブルや毛足の長いホワイトのラグ、観葉植物を組み合わせて軽やかさもプラス。

デニムが柔らかさを出してくれるモダンスタイル

出典:instagram.com


センターに置かれているニュアンスのあるブルーのソファはデニム製。クールな印象のアイアンを使った家具に、程よいカジュアルさとくつろぎ感を加えています。クッションやグリーンのあしらいで一層の心地よさを演出。

実家暮らしにも応用できるナチュラルインテリア4選

レトロな木の風合いアイテム

出典:instagram.com

ナチュラルでウッディなインテリアをカントリー調ではなく、カフェのような洗練されたスタイルに。センターテーブルの足や引き出しの取っ手をブラックで統一し、ソファやラグなどをグレー系でまとめてすっきりと。

ナチュラルなインテリアで

出典:instagram.com


木製の家具の色に合わせた濃い目の茶色のカゴを引き出しがわりに棚に収めて、手軽な収納に。レトロなトランクも収納として活用。インテリアに合わない小物類はここに収納してしまえば、ナチュラルテイストをキープできます。

木製トレー1つでナチュラルインテリアを演出

出典:instagram.com


しまっておくのがもったいないお気に入りのアクセサリー類は、トレーに並べてディスプレイしてしまいましょう。外出から帰った時もとりあえずトレーに。トレーに並べることで自然と視線も誘導されると同時に、お部屋が整った印象に。

自然素材を使ったインテリア

出典:instagram.com

竹や籐といったナチュラルな素材も取り入れ方によってはモダンな印象に。こちらのお部屋ではランプシェードに取り入れ、低めのベッドやエスニックな模様のラグ、風景が描かれたファブリックで異国感の漂う空間を作りあげています。

壁を上手に使うアイデア4選

ガーリーな雰囲気をプロジェクターからも

出典:instagram.com

蚤の市で買ったような小物で味付けされたガーリーなインテリアに、プロジェクターでお気に入りの映画のシーンを溶け込ませれば、まるでパリで暮らしているかのような気分に。白い壁ならスクリーン無しで直接投影できるし、却っておしゃれ。

ナチュラルインテリアに合うグレーの家具

出典:instagram.com

ナチュラルなウッド素材のインテリアにグレーの家具やファブリックを合わせることで洗練された雰囲気に。高さのある家具は片側に寄せ、反対側に広い壁面を作ることで抜け感のある空間に。アクセントとなる小物やカード類が可愛い。

壁は大きな表現スペース

出典:instagram.com

壁が寂しく感じたら、リメイクシートやマスキングテープを使って思いっきり「好き!」を表現するスペースに。ポスターやポストカード、思い出のチケットなど、お気に入りだけをぎゅっと集めた場所を作ってしまいましょう。

白が基調のナチュラルインテリア

出典:instagram.com

ホテルのように洗練された、白を基調としたインテリアにナチュラルな白木の家具や帆布素材の小物を組み合わせて。低めのベッドを置くことで広々と見える白い壁は、深呼吸したくなるような心地よさを感じさせてくれます。

一人暮らしに欲しくなるグリーンインテリア4選

コンクリの壁に映えるナチュラスフラワー

出典:instagram.com

コンクリートと植物は好相性。コンクリートのクールさを損なわずに単調になりがちな壁面に装飾性をプラスすることができます。広い壁面があるなら、こんな風にシンプルな花器に大振りな枝物をダイナミックに活けると引き立ちます。

省スペースでできる壁掛け園芸

出典:instagram.com

額縁に植物を植え込んだフラワーフレームをピクチャーレールに掛けて。これなら花器をおく場所に困ることなく、省スペースで植物を楽しめます。日々変化する植物たちを眺めて楽しんで。自作することも可能ですよ。

絵画のように飾る窓辺のグリーン

出典:instagram.com


レースのカーテン越しの光が柔らかな空間にグリーンを飾って。板付きの植物を窓にかけるアイディアは、壁に釘が打てないお部屋にも取り入れられそう。個性的な葉の形の植物をブラウンで統一したスペースに配置して、洗練された印象に。

水やり不要のアーティフィシャル

出典:instagram.com


どうしても植物の世話が出来ないという方には、アーティフィシャルフラワー(造花)がオススメ。お花や葉っぱ類、実ものなど様々な種類の植物が本物と見間違えるほどリアルに作られていて、気軽にグリーンを取り入れられます。

リメイクやコラボアイデア3選

ただのフックでは物足りないなら

出典:instagram.com


フックなど細かな部分が、せっかくのお部屋を残念な印象にしてしまうことは案外多いもの。逆に、細部にこだわれば「さすが」と思われることも。このお部屋ではユニークなデザインのキャンドルホルダーをフック代わりに、ちょい掛けを楽しんでいます。

リメイクシートでトータルコーデのように

出典:instagram.com

収納ボックスやテーブルにホワイトの木目調のリメイクシートを貼って、ナチュラルでロマンチックな空間が出来上がり!家具同士の色合いが微妙に違っていてお部屋にまとまり感がない、手軽にイメチェンしたい、という時にオススメ。

アクセントカラーの壁で外国風に

出典:instagram.com

鮮やかなグリーンの壁が印象的。部屋全体の壁を張り替えるとなると大変ですが、壁の一部分だけにアクセントとして取り入れるならお手軽で、しかもお洒落。お気に入りの布や、はがせるタイプの壁紙を使って楽しみましょう。

まとめ

環境や広さに制限があることも多い一方、誰に遠慮することもなく自分だけの世界を作り上げられるのが一人暮らしのお部屋の楽しいところ。自分らしいお部屋を作り上げて、毎日を心地よく過ごしましょうね!