クローゼット収納術18選!収納のコツや便利なケースも一挙公開

クローゼット収納は便利な反面、上手くやっているつもりでもなんだかイマイチ…ということはありませんか?収納方法を改善したいときは、他の人のアイデアを参考にするのもおすすめです。

ここでは、

  • クローゼットを上手に収納する5つのコツ
  • クローゼット収納に最適な衣装ケース
  • 無印良品・ニトリ・100均グッズのアイデアクローゼット収納術
  • クローゼットの棚を活かした収納術

を紹介します。

クローゼットを上手に収納する5つのコツ

無理に畳まずハンガーに吊り下げると断捨離もスムーズに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

シャツやセーターは畳んで収納するよりも、ハンガーに掛けておく方が収納量がアップします。着ない物もすぐに分かるので、断捨離もしやすいですよ!

アイテムごとにハンガーに吊り下げて見た目もスッキリ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ハンガーに吊り下げて収納する場合、アイテムごとにまとめるのもポイントです。シャツなら色や素材で分ければどこに何があるか一目で分かって便利です。

クローゼット内のデッドスペースをなくす

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットのポールにシャツやスーツを吊り下げると、下のスペースに物が入れにくいのでデッドスペースになりがち。そんなときは収納ケースを使いましょう。上の部分にも収納ケースを使えばスッキリ見えて、デッドスペースを有効活用できます。

小物は吊り下げ収納で見た目はスッキリと機能的に整理

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットに吊り下げポールがない場合は、突っ張り棒を使えばハンガーに吊り下げておけます。畳んでおくよりもたくさん入りますし、衣類を取り出しやすくなるのもメリットです。小物も吊り下げ収納を活用しましょう。

上部の棚は取っ手付きのボックスで取り出しを楽に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

上の棚にはあまり使わない物を収納しておきますよね?でも使うときや入れ替えの際、高い位置にある収納ケースに取っ手が付いていると取り出しやすくておすすめです。デザインを揃えるのもポイント!

クローゼット収納に最適な衣装ケース4選

無印良品【ポリプロピレンケース】

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼット収納には、無印良品のポリプロピレンケースが便利です。サイズもいくつか用意されているので、スペースに合わせて選べます。デザインを統一できるのも嬉しいところです。

ニトリ【インボックス】

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ニトリのインボックスは、クローゼット収納にも活用できます。深さがあるのでたっぷり入りますし、適度に目隠しにもなるので並べてもスッキリとして見えます。取っ手が付いているから、取り出しやすいのも良い!

IKEA【SKUBBボックス】

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

布団や毛布などかさばる物を収納したいときには、IKEYAのSKUBBがおすすめです。見た目にもスッキリしていますし、重ねて置けるのも便利です。厚手のセーターもスッキリ収納できます。

アイリスオーヤマ【BCチェスト】

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの下のスペースを有効活用したいといには、アイリスオーヤマのBCチェストがおすすめです。引き出し式になっていて重ねられるので、スペースに合わせられます。引き出し部分が半透明で中が見えるのもポイントです。

無印良品グッズのアイデアクローゼット収納術5選

カバンの形状を保って収納できるネクタイハンガー

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

カバンを収納は平らな場所に並べておくのもいいですが、型崩れしやすいのがデメリットとなってしまいます。型崩れを防ぎたいなら、無印良品のネクタイハンガーを使うといいでしょう。持ち手を引っ掛けておけば、型崩れを防げます。

S字フックをポールに下げて収納力を増やす

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

カバン収納にはS字フックも役立ちます。ポールにS字フックを引っ掛け直接吊るしてもいいですし、S字フックをダブル使いしてまとめて吊るすということもできますよ!

ユニットシェルフで家族それぞれの身支度スペースを確保

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ウォークインクローゼットに家族1人ずつのスペースを作りたいとき、ユニットシェルフがあると便利です。素材もいくつか種類があるので、お好みで選べます。

シャツホルダーは帽子置きにも最適

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

いつの間にか増えてしまった帽子には、シャツホルダーを使うといいでしょう。1段に1個という使い方もできますし、いくつか重ねて数個まとめておくこともできますよ。見た目にもスッキリ収納できます。

ポリプロピレン洗濯ハンガーならTシャツ類を畳まず収納可

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

Tシャツを洗濯して干すときに、ポリプロピレン洗濯ハンガーを使って、乾いたらそのままクローゼットに収納すれば、毎回Tシャツを畳まず簡単に収納できます。シワにもならないからとても便利です。

ニトリグッズのアイデアクローゼット収納術5選

ベルトハンガーならお気に入りの品も曲げずに収納可

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ベルトの収納ってどうしていますか?ベルトをそのままポールに引っ掛けておくと、ベルトに変なクセがついてしまいます。ベルトハンガーを使えば、バックルの金具を引っ掛けておけるのでベルトに変なクセも付きません。

棚にポスデコをはめて作り付けのタンス風

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ニトリのポスデコは、簡単に収納スペースを作れます。深型や浅型、2段や3段など、組み合わせも自由自在。引き出し式だから、出し入れもしやすくて便利ですよ。

カラーボックスをDIYして子供用クローゼットに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

カラーボックスにひと手間加えるだけで、収納スペースを増やせるという素敵なアイデアです。DIYで簡単にできるのもポイント。2つ並べて木の板とポールを取り付ければ、上にケースを置いて、ポールにはハンガーに吊るした服を収納できます。

インボックスを重ねて無駄なスペースを省く

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ニトリのインボックスは重ね置きできるので、クローゼットの下にあるスペースを収納に活用できます。スペースに合わせて個数を調整できるから、自分にぴったりの収納が可能となります。

吊るせる除湿シートで見た目も湿気もスッキリ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの中は、どうしても湿気や臭いがこもりやすくなります。ニトリの繰り返し使える消臭除湿シートなら、ハンガーに吊るしておくだけで湿気や嫌な臭いを吸い取ってくれますよ!かさばらず繰り返し使えるのもいいところです。

100均グッズのアイデアクローゼット収納術5選

ワイヤーネットで隙間にぴったりフィットの収納棚をDIY

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの隙間があるのに、そこに入る収納ケースがない…というなら、スペースに合わせて収納棚をDIYしましょう。材料は100均のワイヤーネットを使えば、費用をかけずピッタリの収納スペースを確保できます。

柄入り袋をリメイクしておしゃれにケース内を目隠し

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

半透明の引き出しは中身が見えて便利ですが、生活感が出てしまうのがちょっと…という人は少なくないようです。そんなときは、柄入り袋を使って目隠ししてしまいましょう。好きな柄を選んでおしゃれにまとめてくださいね。

ワイヤーネットとS字フックでかけられる収納スペースを確保

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットにはもうタンスや収納ケースを置くスペースはないものの、ちょっとだけ小物をいれるい場所が欲しいときは、壁にワイヤーネット取り付け、どこにフックを引っ掛ければカバンや小物入れを収納できます。

ツッパリ棒とS字フックで小物を吊り下げ収納

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの壁を有効活用する、斬新なアイデアです。あまりスペースがなくてもOK、突っ張り棒を取り付けてフックをかければ、アクセサリーやベルト収納スペースとして使えますよ。両サイドの壁に使えるのもポイントです。

リメイクシートを貼ってクローゼット内を見せ壁

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

見せる収納をもっとおしゃれにしたいときは、壁にリメイクシートを貼ってみてください。雰囲気が変わるので、同じクローゼットでも新鮮です。張替えもできるから、季節や気分で模様替えしてもいいでしょう。

クローゼットの棚を活かした収納術3選

ブックエンドでバックを縦に整理

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの棚にバッグを収納する際、支えがないと倒れたり型くずれしたりして、見た目にもごちゃっとなってしまいます。ブックスタンドを使えば、倒れたり型崩れしたりせずスッキリと収納できますよ。

上段の棚はシーズンオフのものをしまうのに最適

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

クローゼットの上にあるスペースには、シーズンオフのものを収納するようにしましょう。使用頻度の高い物は出し入れしやすい位置に収納すれば、使い勝手も良くなります。

クローゼット内に棚をつけてランドセルを置ける棚に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

子供のランドセル置き場って、ありそうでないことが多くありませんか?椅子の背もたれに引っ掛けてもいいのですが、倒れる危険性もあります。そんなときは棚に置けるよう専用のスペースを作りましょう。

まとめ

収納に行き詰って悩んでいるときは、人のアイデアを参考にしてみてください。自分では思いつかないようなアイデアもたくさんあって、目からウロコの思いですよね!是非活用して、収納を楽しんでください。