ディアウォール活用術15選!賃貸でも取り付けOKの優れ物

賃貸物件にお住まいで収納にお困りの方必見。DIYで収納を自作してみませんか。もちろん壁や天井に穴などをあけることなく、また面倒な加工もいらない、女性でも簡単に楽しく自分好みの収納を作成することができます。

今回は、

  • ディアウォールの魅力
  • ディアウォールの活用方法

についてご紹介します。

ディアウォールの魅力

ディアウォールってなに?

出典:instagram.com

ディアウォールとは部屋の好きな場所に柱を設置し、賃貸では難しかったかった収納を壁に作れるアイテムで、ホームセンターなどで販売しています。2×4(ツーバイフォー)という木材に取り付けることにより、天井と床の間に柱を取り付けることができます。

ディアウォールのパーツ

出典:instagram.com

ディアウォールのパーツは2個セットになっていて、木材の先端に取り付けます。天井に当たるパーツには内部にバネが入っており、バネの力で天井と床を突っ張る仕組みです。物によりますがほとんどのパーツにはスペーサーが付属しており、木材の長さの誤差を補うことができます。

ディアウォールで使う材料

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

DIYディアウォールに使用する基本材料は、柱となる2×4角材二本一組、柱に取り付けるディアウォールを角材の本数分、棚板、専用の棚板止め(二個一組)、木ネジにドライバーがあれば準備完了です。木材は調達するホームセンターで無料でカットしてくれますので、利用すると便利です。慣れてきて棚を増やしたいときには適宜柱や棚板を増やしてください。

キッチン周りでここに収納があったら!を実現

小物の多いキッチンまわりをおしゃれに収納

出典:instagram.com

何かとこまごました道具が多いのがキッチン周りですね。引き出しにしまったのはいいがどこにしまったのやら、整理整頓していたつもりでも使っているうちにいつの間にか煩雑に。

そんなときディアウォールで収納すればすぐ目につくし綺麗に片付けられるのではないでしょうか。おしゃれなカフェ風に飾り付けて楽しむのもいいですね。

カウンターの上!デットスペースを有効利用

出典:instagram.com

最近ワンルームでも見かけるカウンター付きのキッチン。意外とデッドスペースになりがちなこの場所も利用しない手はないと思います。壁ではなく向こう側が見えますので、日光を遮ることなく綺麗に収納したいですね。

市販品ではサイズがない!を解消

あるようでぴったりが見つかりにくい洗濯機周りに

出典:instagram.com

洗濯機周りの棚の選定に苦労している方も多いと思います。各家庭で場所の広さに差があるため、市販品ではなかなかぴったりのサイズが見つかりません。しかし自分で作ってしまえば頑丈でしかも使い勝手の良いようにカスタマイズもできてしまいます。

特注するしかなかった!カウンターの棚も

出典:instagram.com


部屋や玄関にありそうなカウンター付きの収納。ここもカウンターの上はなかなか使いにくいことが多いです。今までは業者に特注を依頼していましたが、このディアウォールを使って自分で作ってしまいましょう。

収納するサイズがバラバラ&棚数も自在に増減できる

出典:instagram.com


このDIYの一番のメリットは、収納したいものによって自分でカスタマイズできるというところです。高さ別に区切ってもよし、幅広くとってもよし、棚が足りない時は簡単に増やすことも出来ます。収納品が変って棚を減らしたいときも簡単にレイアウトできてしまいます。

お手軽にDIY

パーツを自在に使ってクローゼットが出現

出典:instagram.com

洋服がたくさんある人は部屋の角を使って簡易クローゼットも作れます。天板に手すりをつければハンガーかけの出来上がりです。見た目が気になる方は周りをお好みのカーテンで周りの目隠しをしてしまいましょう。

大容量を収納!転倒防止策の万全

出典:instagram.com

棚収納において一番心配なことが転落・落下ではないでしょうか。ふとした衝撃で棚からものが落ちてきて思わぬ怪我をしないとも限りません。棚の前面部分には転落防止の柵を設け、危険の無いようにしましょう。

市販の棚より収納するものにあった高さ調整が手軽

出典:instagram.com

単行本やコミックス、ハードカバーや文庫本など書籍によってサイズは様々にもかかわらず市販の本棚は高さがほぼ決まっていて、調節ができないものが多いです。そこで自分で作ってしまえば高さごと・種類ごとに綺麗に収納できます。

生活スタイルの変化にも柔軟に対応

将来は模様替えも簡単な便利棚

出典:instagram.com


生活環境が変わり、収納品の種類や模様替えをしたいときにも柔軟に対応できるのがこのDIYの良いところです。柱の追加や棚の増減、収納品によって棚の種類も簡単に変更できます。

市販のキャットツリーより頑丈で見た目もGOOD!

出典:instagram.com

柱や床材を自由に作ることができる自作のキャットツリーでは、例えば床材を普通の板ではなく透明のアクリル版にすることにより、普段見ることのできないお腹や手足の肉球も観察できてしまいます。ネコ好きにはたまらないですね。

不要になったら取り外せるのもディアウォールの魅力

出典:instagram.com

市販品を買わずに自作した場合、使わなくなったり引っ越し等で取り外しを余儀なくされた時にも簡単に撤去できるのが魅力です。また分解できますので次回使用するときまで場所を取らずにしまっておくことも可能です。

暮らしの潤いにも

トータルコーデでお気に入りの空間に

出典:instagram.com

ディアウォールの設置場所は何も屋内だけとは限りません。ベランダに設置して趣味の植物を飾ってもいいですし、室内に置いて日光が当たらないより明るいか風通しの良いところにおけば植物も元気に育ってくれるのではないでしょうか。

困っている人は多数派!壁掛け時計に

出典:instagram.com

腕時計をしていたとしても、スマホで時間が分かるとしても、部屋にいる時は壁掛け時計があった方が便利だと思います。しかし壁掛けにするには壁に釘やフックをつけなければなりません。

そこでディアウォールの出番です。一本渡すだけで簡単に壁掛け時計をかける場所を作ることができます。

収納以外にも使える!ディアウォール

出典:instagram.com

ディアウォールを収納だけだと思っては大間違いです。ワンルームだとお客様から隠したいところってあると思いますが、そんなときはウォールというくらいなので目隠しにも使えます。

棚ではなく横板を貼りつければちょっとしたプライベート空間の出来上がりです。

穴を開けずに額縁を飾って寛ぎの空間に

出典:instagram.com

壁にお気に入りの写真やポスター、絵画など穴をあけることなく飾ることも出来ます。シンプルなお部屋もいいですが、殺風景な部屋にならないようにお気に入りの絵を飾ってもませんか。額縁の色に合わせて柱や板材もペイントできますよ。

まとめ

収納は欲しいけどなかなか気に入ったものが見つからない方、この記事を読んで自分で作ってみたいと思ったのではないでしょうか?ディアウォールのDIYは誰にでも簡単にでき、友人とワイワイガヤガヤ作るのも楽しいと思います。