書類整理の上手な収納法17選!アイテムと使い方をご紹介

素早くやりたいことができるようになるためには、普段からの書類整理をきちんとしておくことで、探しものをする手間や時間が削減できます。

今回は、

  • 貯まる一方のペーパー類の収納の仕方
  • 面倒臭い穴あけファイリングの収納
  • どこにしまったかわからない書類の収納
  • 収納スペースを美しく見せる収納
  • 一旦一箇所にしまって必要・不要を判断できる収納
  • すっきりさせるために期間を決めて保管する収納
  • うっかり捨ててしまうと後で困る書類の収納

を紹介します。今回紹介する便利なアイテムとその使い方を参考にして、是非収納名人を目指してみてはいかがでしょうか。

貯まる一方のペーパー類の収納の王道はファイリング

薄くて大量収納リングファイル

出典:instagram.com

リングファイルを使用することで、大量にある書類を綺麗にまとめて保管できるようになります。内容別にファイリングするなどしておきますと、さらに細分化した管理が実現するでしょう。

リングファイルとポケット利用でカード類を大容量収納

出典:instagram.com

たまりやすいけれど管理が難しいカード類は、リングファイルのポケットを賢く利用して、大量に会っても素早く欲しいものが見つけられるようにしておくのが理想です。

量の調整をしなくていい!チューブファイル収納

出典:instagram.com

量の調整がいらないチューブファイルは、収納下手な人や普段から物の管理が苦手て探しものばかりしている人におすすめの書類整理アイテムとなります。

ポケットに差し込むだけの簡単ファイル

出典:instagram.com

いちいち穴あけファイリングは面倒ならオフィス用品がヒント

探しやすいクリアファイルで収納

出典:instagram.com

収納したい書類などをサッと挟み込むだけのクリアファイルは、ファイルそのものがクリアになっているので内容がひと目で分かりやすく、紙類の保管におすすめです。

ファイルケースでさらに探しやすく美しく

出典:instagram.com

ファイルケースは素早く必要な書類が探せる事務用品です。使用する頻度が高いものなどを収納しておくことで、大切なものが行方不明になることを回避できるでしょう。

レターケースなら手間いらず

出典:instagram.com

引き出し感覚で使用できるレターケースは、インテリアとしても馴染みやすいメリットがありますので、楽しみながら書類の整理整頓が進められます。

ファイルケースなら持ち出しも簡単

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

持ち出す機会が多い書類を管理する場合には、ファイルケースを上手に活用しますと、大切な書類をきちんと管理できるようになります。

どこにしまったかわからない!を解決

必要な期間だけは掲示しておく

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

どんな書類もファイリングをして管理をするという発想にとらわれず、期日が近いものなどは目に触れやすい場所に貼って掲示するようにしますと、探しものをするタイムロスをカットできるでしょう。

関連書類は一つのファイルに収納

出典:instagram.com

様々な内容の書類をひとまとめにしてしまうよりも、分野ごとに分けて管理しておきますと、必要な時に必要な書類が素早く取り出せます。家族の人数が多い場合には、人物別に分類するのもよいでしょう。

収納スペースを美しく見せたい

サイズやファイルがバラバラなのをスッキリ見せるボックス収納

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

綺麗に収納されたファイルは、使う時にも気分が良く上手に管理しようとモチベーションがアップします。ボックス収納を用いりますと、サイズやファイルの種類がバラバラでも統一感が生み出せるでしょう。

 

棚に集めるなら統一感を出して同じシリーズを使う

出典:instagram.com

同じシリーズの収納アイテムを使用するように習慣づけておきますと、買い足す場合にも迷うことなく同じ店でおないものを買うだけになるので、購入時の負担を削減できます。

一旦一箇所にしまって必要・不要を判断する

いるのかどうか迷ったら一旦ひとまとめに

出典:instagram.com

どんどん増える書類は、時間がある時にまとめて整理するのが良いでしょう。とりあえず一つの場所に集結させる場所を確保しておくことで、すき間時間を上手に使って不要な書類の処分が進められます。

いるのかどうか迷ったら用途ごとにまとめて

出典:instagram.com

書類の中にも要不要の判断が難しい物も多く、迷っている間にどんどん片づけに時間や労力を多く費やすことになります。悩んだ時には用途ごとにまとめて一時的に避難させる場所を作っておきますと、書類整理のストレスが減らせます。

すっきりさせるために期間を決めて保管

徐々に廃棄かどうかするかまず分類

出典:instagram.com

期間を決めて書類の保管をするようにしますと、不要な物の中に大切なものが紛れ込んでしまうようなことがなくなります。初めは分類する時に時間が掛かるかもしれませんが、徐々に自分なりの判断基準が設けられるようになるでしょう。

契約書や保証書などは長期保管すぐわかる収納

出典:instagram.com

大切だけれどそれほど使用しない契約書や保証書などは、必要な時に素早く探し出せるようにしておくと安心です。このような書類は期間を決めて処分するのではなく、長期的な保管が求められる重要性があります。

期間限定の書類は分ける

出典:instagram.com

期日を過ぎた書類やお知らせなどをいつまでも保管しておくのは、手元の荷物を増やすだけになりますので、期間限定の書類は分けるようにするなど、定期的な点検が必要になります。

うっかり捨ててしまうと後で困る書類

保険や税金など公共料金の領収書はもしもの時の証明書に

出典:instagram.com

再発行が難しい場合がある保険や税金、公共料金の領収書などは、すぐに処分してしまうのではなく、もしもの時の証明書代わりになることを想定して、きちんと管理しておくと安心です。

医療費など控除に関連するの領収書は原則3年保管

出典:instagram.com

医療費を始め様々な控除に活用できそうな領収書は、原則として3年は保管しておくと安心です。普段の買い物レシートなどとは別の場所で管理するなどしますと、うっかり処分してしまうミスを回避できます。

まとめ

書類にも様々な種類があり、家族人数が増えることでより様々な必要書類が多くなるでしょう。大切な書類をきちんと管理しながら、普段使いする書類もしっかり保管できるようにするためには、便利なアイテムを上手に使うのが重要です。興味がある人は、早速書類の整理を開始してみてはいかがでしょうか。