トイレの壁紙を変えてプチリフォームしてみよう!

トイレのリフォームは難しいイメージですが、壁紙を変えるだけなら意外に簡単です。

ここでは、

  • トイレ壁紙の色選びのポイント
  • トイレ壁紙の柄選びのポイント
  • トイレ壁紙の実例

を紹介します。

トイレの壁紙の色選びのポイント

清潔感のある色を選ぶ

出典:instagram.com

トイレは清潔感を持たせることが大切です。清潔感と言えばやはり壁紙は白ベースがいいでしょう。真っ白では寒々しい印象に見えてしまうなら、アイボリーもおすすめ。柄などもいろいろあるので、お好みで選んでください。

ベースカラーは薄めの落ち着いた色に

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

白ではさみしいと思うなら、色付き壁紙でもOKです。この場合はベースに落ち着いた色を選ぶといいでしょう。あまり濃すぎたり派手すぎたりすると、落ち着けなくなってしまう可能性があります。小物などもプラスして気分を変えるのもいいですね。

トイレの壁紙の柄選びのコツ

失敗しない柄物の選び方は「小さな柄」

出典:instagram.com

壁紙に柄物を選びたい場合は、小さめの柄を選微ましょう。色使いもあまり多すぎず、シンプルな方が飽きずに長く使えます。トイレの照明や雰囲気に合わせて、飽きのこない優しい柄がおすすめです。

大柄や目立つ柄にしたいならワンサイドに

出典:instagram.com

全部には少しうるさい印象ですが、ワンサイドだけなら大柄で色使いも多めでもいいかもしれません。アクセントになるので、トイレが明るくなります。できればドアを開けたときに見えて、用を足すときには見えない背面がおすすめです。

トイレの壁紙の持つ機能に着目

消臭機能のある壁紙を選ぶ

出典:instagram.com

トイレの壁紙を張り替えるなら、機能性壁紙も便利です。消臭効果と湿度調整の機能を兼ね備えている壁紙なら、湿気や臭いがこもりやすいトイレにも最適です。機能性壁紙にもいろんなデザインがあるので、お好みで選べますよ。

お掃除が楽になる汚れ防止機能

出典:instagram.com

トイレの壁紙は腰から下の部分が汚れやすいです。普通の壁紙だと掃除をしてもきれいにならないことも多いでしょう。壁紙を張り替えるなら、腰から下には掃除しやすいタイプを選ぶのもおすすめです。汚れ防止機能付きなら、お掃除も簡単です。

防カビ機能でアレルギー対策もOK

出典:instagram.com

壁紙の張替えが難しい場合は、壁を塗り替えるという方法もあります。漆喰は消臭や調湿効果もあって、種類によっては防カビ効果や静電気防止効果、アトピー改善効果なども期待できます。凹凸のある質感もおしゃれに見えます。

定番の白ベースの壁紙

定番の白の壁紙で清潔感のある仕上がり

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

壁紙の張替えは難しいイメージですが、リメイクシートならそんなに難しくありません。多少コツは必要ですが、コツさえつかめば1人でも貼れます。あえてタイル柄にしてみるのもレトロな感じが新鮮です。

白ベースに遊びを心プラス

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

清潔感のある白もいいのですが、ちょっとアクセンが欲しいというなら、ウォールステッカーをプラスするのもおすすめです。種類は豊富に揃っているので、好きなデザインを選べます。タオルやマットも星柄にすると統一感が出ておしゃれですね。

人気の柄もののバリエーション

大きな柄でも色を抑えると落ち着いた仕上がりに

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

無地に飽きたら柄物にしてもいいでしょう。基本的に大柄は飽きやすいのであまりおすすめではありませんが、トーンを抑えた優しい色使いなら、大柄でも飽きずに使えます。ウォールシェルフをプラスして雑貨やパネルを飾っても素敵です。

大きな柄物は腰壁とセットアップで

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

トイレの壁紙に大柄を使いたいなら、上下に分けて上の部分に使うのもいいかもしれません。下の部分は汚れやすいので、掃除しやすい壁紙を選ぶといいでしょう。色と柄が違っていても、同系色にすれば意外にスッキリまとまってくれます。

おしゃれなストライプの使い方

落ち着いた白とベージュの温かみがあるストライプ

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

細かいストライプだと、少しガチャガチャしたイメージになってしまいますが、太めのストライプならこんなにも上品に見えます。色合いも白とベージュという落ち着いたカラーがいいですね。

フロアの模様と統一感を出す使い方

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

壁紙を決めるときは、床とのバランスも考えるといいでしょう。木目の床に合わせて、壁も木目調にすると、統一感が出ます。木目でも色が薄いので強調しすぎません。

ワンポイントやアクセントの配置

定番の白の壁紙で清潔感のある仕上がり

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

トイレの定番と言ってもいい白壁は、清潔感もあって落ち着けます。棚の上にコラベルタイルをプラスしてアクセントにしても素敵です。

質感の違うものは同色系でまとめる

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

全部を張り替えなくても、1面だけにアクセントクロスをプラスするのもおすすめです。質感が違っても、同系色でまとめればこんなにおしゃれになります。照明の色も考えて決めるといいでしょう。

大胆な色使いはワンサイドで

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E5%A3%81

全部だと少しくどくなりがちですが、ワンサイドだけなら思い切り派手にするのも楽しい雰囲気になって素敵ですね。これなら大胆にしても良さそうです。

まとめ

トイレの壁紙を変えるだけで、イメージも変わって新鮮です。全面張替えから、ワンサイドまでいろんなアイデアがあるので、無理なくできるアイデアを参考にしてみてくださいね!