平屋間取りのメリットと魅力がわかる間取り5選

コンパクトな設計で暮らしやすい平屋間取りは、アパートやマンションのような集合住宅だけではなく、一戸建てでも実現できる建築方法です。今回紹介する平屋間取りの魅力やメリットは、今後の部屋探しや引越しの際にも役立ちますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。
  • 平屋間取りのメリット
  • 参考にしたい平屋の間取り5選
  • 平屋の間取りでの注意点

平屋間取りのメリットとは?

家族間のコミュニケーションが取りやすい

出典:instagram.com

平屋間取りの利点は、やはりいつでも家族の様子がお互いに理解しやすいという点でしょう。部屋同士の距離が近いことから、それぞれが異なることをしていても、何となくいつも一緒にいるような安心感が得られます。

2階建てより建築費用がコスパ

出典:instagram.com

コストパフォーマンス重視で家づくりをしたいのであれば、平屋間取りは2階建てよりも圧倒的に建築費用が抑えられます。ゆとりのあるサイズ感の家を希望するのでなければ、選択肢の一つに平屋間取りを考えるのも良いでしょう。

大掛かりなバリアフリー工事はいらない

出典:instagram.com

段差をフラットにするなど、家族のライフスタイルの変化に合わせてバリアフリーの工事が求められま。しかし、平屋間取りの場合には、初めからそれ程段差などが生じるような設計はされないので、大掛かりな工事は不要です。

メンテナンスの費用は少なくてOK

出典:instagram.com

一軒家は建ててしまえばそれですべてが終わる訳ではなく、様々なメンテナンスが必要です。2階建てよりも少ない金額の維持費で済む平屋間取りは、多方面で掛かる費用を抑えられるでしょう。

平屋だからこその個性的な天井デザイン

出典:instagram.com

平屋間取りの場合にうは、天井のデザインにも個性を主張できます。それほど人目に触れる訳では無い天井ですが、高く開放的な設計にすることで、部屋が狭くても広々とした空間になります。

参考にしたい平屋の間取り5選

生活動線に無駄のない間取り

出典:instagram.com

コンパクトな設計であることを最大限に活かして、動きに無駄が出ないようなスムーズに行動できる生活動線を考えた間取りにしますと、時間を効率良く使いたい人の心を満足させます。

中庭でプライベート空間を楽しむことも

出典:instagram.com

中庭がある生活にあこがれを抱く人は多いでしょう。家にいる人だけが独占できる中庭は、小さな設計となることが多い平屋建てにも広く感じられる空間が得られます。

広い子供部屋から個別の部屋にも

出典:instagram.com

成長に合わせて使い方に変化が生まれる子供部屋は、小さな時には一つの部屋として使用して、大きくなった段階で個室が設けられるような設計が使い勝手がよく理想的です。

出入りがしやすい大きな窓が多い平屋は防犯をしっかり

出典:instagram.com

平屋間取りで大きな窓を設けて、出入りのしやすさを重視する場合や、光を取り入れようとした場合には、安心して生活ができるように防犯対策をしっかり行いましょう。

プライベートの確保は部屋の配置などの工夫が必要

出典:instagram.com

部屋数がそれほど増やせるわけではない平屋は、プライベートな空間を確保するために、配置などを工夫して家族が気兼ねなく生活できるようにするのが理想です。

平屋の間取りでの注意点

部屋数を増したいと広い敷地が必要

出典:instagram.com

狭い土地でも比較的部屋数を多く設けられる2階建てとは違う平屋は、敷地に余裕がある場合には部屋数もその分多くできますが、そうでない場合にはより厳選した間取りの設計が必要です。

外からの明かりをたっぷり取り入れよう

出典:instagram.com

場合によっては部屋の中が暗くなりやすい平屋で須賀、外からの明かりがたっぷりか入るようにしますと、暗い印象にならないだけではなく、冬には暖かい空気が部屋に残せます。

すべて玄関!バリアフリーも見据えて

出典:instagram.com

段差があって不便なのは、高齢者だけではありません。先々のバリアフリー工事を再度検討するのであれば、初めからフラットな設計にしておきますと、後になって費用や時間をかけて工事することはありません。

まとめ

一戸建てと聞くと2階建てが主流ですが、コンパクトで可愛い平屋の間取りもおすすめです。家族のライフスタイルの変化に合わせて建て替えする時にも参考になる平屋は、今後の暮らしに何か良いヒントを与えるかもしれません。是非活用してみてくださいね。