ミニマリストの部屋にするワザ15選!

ミニマリストは、生活に必要な最低限のものだけで暮らす人のことです。家具も生活雑貨なども極力数を減らし、殺風景とも思えてしまうくらいの部屋になります。どの程度必要かは個人差があるものの、スッキリとした部屋にしたい時は参考にできます。

ここでは、

  • ミニマリストのリビング5選
  • ミニマリストのキッチン5選
  • ミニマリストの寝室3選
  • ミニマリストの子供部屋3選

をご紹介します。

ミニマリストのリビング5選

ソファを置かない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングでくつろぎたい時、ソファがあればゆったりと座れます。しかしソファは場所を取るので、部屋が手狭になってしまいます。スペースが限られるなら、思い切ってソファは置かないという選択肢もあります。クッションや座布団があればOK。

テーブルや床にものを置かない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ミニマリストを目指すといっても、テーブルや椅子がないとかなり不便です。場所を取っても広いリビングならテーブルと椅子を置けます。テーブルや床に物を置かないようにするだけでも、かなりすっきりとして見えますね。

カーペットを敷かない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

フローリングにはカーペットを敷くことも多いですが、カーペットなしだとかなりスッキリとした印象です。フローリングに直に座るのが嫌な場合は、大きめクッションや1人用ソファを使うといいでしょう。

コンパクトな机や椅子を置く

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ソファを置かない部屋の場合でも、パソコンやなにかの作業をする時は机があった方が便利です。ミニマリストを目指すとしても、不便になってしまうのは本末転倒!コンパクトな机や椅子なら圧迫感なくスッキリで、作業にも便利です。

パソコンをテレビ代わりに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

テレビは小さいサイズでも、部屋に置けばそれなりに場所をとります。テレビとしても使えるパソコンがあるなら、テレビは置かずにパソコンで代用するといいでしょう。パソコンを置く台もテレビ台より小さく、スッキリとした印象です。

ミニマリストのキッチン5選

カウンターの上は何も置かない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

キッチンは何かと散らかりやすい場所でもあります。いつも使う物は出しっぱなしにしてしまいがちですが、カウンターの上に物を置かないようにするだけで、こんなにスッキリとします。アイテムは全て収納スペースに置く習慣をつけてみては?

折りたたみ式の水切り籠を使う

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

食洗機があっても、コップや湯飲み茶碗1個だけの時gは、手洗いすることもあります。水切り籠をおいてしまうとスペースを塞ぎますが、ないのも不便です。折りたたみできる水切り籠なら、使わない時はコンパクトに収納しておけますよ。

カトラリー入れは用途別に収納

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

引き出しの中にカラトリーを収納するのに、1カ所にまとめてしまうとごちゃごちゃとした印象になってしまいます。仕切りのついた収納ケースで、用途別に収納すれば見た目もきれいで利便性もアップします。

調理器具は取っ手がないものを

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

食べきれない料理を冷蔵庫に鍋ごとしまっておきたい時、取っ手が邪魔だと思ったことはありませんか?取っ手が取り外しできる鍋やフライパンは、収納にも便利ですし、冷蔵庫に鍋ごと入れられるのでおすすめです。

食器類は同じカラーのものを

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

キッチンをスッキリさせたい時には、色を統一するといいでしょう。壁や冷蔵庫、カウンターに合わせて、食器類も同じ色にするとそれだけで統一感がアップします。ちょっとした小物なども色を合わせるとさらにオシャレに見えます。

ミニマリストの寝室3選

折りたたみ式ベッドを使う

出典:instagram.com

ベッドは家具の中でも大きく場所を取ってしまいます。ミニマリストの多くはベッドを使わないという選択をしますが、必要な場合は折りたたみ式をおすすめします。マットレスも折りたたみ式にすれば、時々干したり風を通したりできます。

衣類は必要最低限に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

衣類は気づくといつの間にか増えてしまいがちです。毎日の生活の中では必要性の高い物ですが、着ない物はできるだけ置かずに、必要最低限にするといいでしょう。1枚新しく買ったら、古い物からフリマで売るなどしてもいいかもしれません。

ベッド以外は置かない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

寝室にベッドが欠かせないなら、ベッド以外を置かないという選択肢もあります。寝室を寝る場所として考えると理にかなっています。ベッドサイドには電話を置くらいにしておけば、夜更かしすることもないでしょう。

ミニマリストの子供部屋3選

ナチュラルな色でそろえる

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

大人の部屋は必要最低限でも生活できますが、子供部屋はそうも行きません。必要な物が多くなるので、ある程度は仕方ありません。インテリアはナチュラルな色で揃えるといいでしょう。スッキリしていても温かみが感じられます。

おもちゃ類は必要最低限に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

子供部屋にはおもちゃや絵本など、子供に取って必要な物がたくさんあります。かと言って無限に増やせば散らかってしまいます。おもちゃは子供が気に入っている物だけを、必要最低限にすればそんなに散らからずに済みます。

まとめ

ミニマリストな生活を取り入れるとしても、どの程度まで片付けるかは人によって違います。使用しない物は断捨離してもいいですが、本当に必要な物を見極めることが大切です。