勉強部屋はライフスタイルに合わせて!勉強部屋の実例15選

子供が集中できる勉強部屋は、宿題などをやる場所という認識だけではなく、子供自身の大切ない場所や空間であると認識するのがおすすめです。これから勉強部屋を設けようとする人から、現在上手く使えていない人まで、多くの人に役立ちますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、

  • 勉強の効率が上がる勉強部屋
  • 勉強部屋としての機能だけを重視した例
  • そろそろ自分だけの部屋が欲しくなるお年頃の勉強部屋
  • 勉強机も成長や目的に合わせて

をご紹介します。

勉強の効率が上がる勉強部屋

小学校の低学年まではリビングで見守り学習

出典:instagram.com

親の姿や様子がわかるリビング学習は、家族の気配を感じながら安心して取り組めることから、勉強の効率がアップするとされています。個人差はありますが、小学校低学年頃までは、見守り学習がよいでしょう。

リビングからも見えるスキップフロアを利用した勉強部屋コーナー

出典:instagram.com

スキップフロアを利用した勉強コーナーは、リビングからも様子が良く分かるので、個室のような部屋にこもり切ってしまう心配がありません。空いたスペースを上手く活用した勉強部屋です。

きょうだいの成長に応じて半個室になる勉強部屋

出典:instagram.com

子供は日々成長することから、それに応じて部屋づくりも柔軟に対応する必要があります。半個室になる勉強部屋は、それぞれの様子を伺いながらきょうだいが過ごせる場所となるでしょう。

勉強部屋としての機能だけを重視した例

仲良くデスクを並べて

出典:instagram.com

机を並べて勉強をする時だけに使用する場所にしますと、集中力が散漫になることが少なく、メリハリのある時間の使い方が身につくでしょう。

第二のリビング機能もある家族で使う勉強部屋

出典:instagram.com

子供が勉強する時間に合わせて、大人も家事や仕事を一緒にするようにしますと、勉強部屋をリビングと同様に皆が集う場所として設けられるので、子供自身も楽しみながら勉強できます。

それぞれが集中するのに役立つ背中合わせのレイアウト

出典:instagram.com

机が複数あるとどうしても横並びにさせてしまいますが、机の並べ方に工夫をして見ましょう。背中合わせで並べるようにしますと、それぞれが集中できる環境を整えられます。

そろそろ自分だけの部屋が欲しくなるお年頃の勉強部屋

ひとりひとりの勉強部屋

出典:instagram.com

自分だけの個室に憧れを抱くのは多くの子供に共通することです。家具や小物など、自分らしくレイアウトをさせるなど子供に任せますと、責任感が出て部屋の管理が上手になるでしょう。

ベッドと勉強スペースを

出典:instagram.com

子供の勉強部屋の欠かせないベッドと勉強スペースは、狭い空間でも居心地よく過ごせる便利なアイテムを探して利用しますと、圧迫感を感じずに集中モードに入れます。

受験生にも使い心地がいい勉強部屋

出典:instagram.com

部屋で過すことが増える受験生は、使い勝手がよく居心地が良い空間にすることで、オンとオフの切り替えが部屋の中だけでも十分できるようになります。

学生時代が終わっても長く使える勉強部屋

出典:instagram.com

子供の勉強部屋に置く机は、スタイリッシュなデザインのものを初めからチョイスすることで、社会人になっても活用できるインテリアとなります。シンプルで使いやすいものを選びましょう。

勉強机も成長や目的に合わせて

デスクの前はすっきり奥行をとらないタイプ

出典:instagram.com

スタンダードな学習机は奥行きが求められますが、この机はデスクの前がスッキリしているので、狭い場所にもスッキリと納められます。コンパクトな白秋机を探している人に最適です。

本の収納量がポイントの勉強部屋

出典:instagram.com

既に沢山本を持っている人や、今後増えることが見込まれる人の勉強部屋は、出し入れのしやすさや探しやすさも考えた効率の良い本の収納スペースを作りますと、部屋がスッキリします。

小さなスペースを利用して集中できる勉強部屋

出典:instagram.com

勉強部屋は広ければ良い訳ではありません。小さな空間でも集中できる場所がありますと、そこが勉強部屋に最適な場所として、隙間となった部分を活かした勉強部屋がつくり出せます。

くつろいだり長時間デスクワークができる椅子もポイント

出典:instagram.com

机にばかリ着目してしまう勉強スペースですが、椅子の選び方も重要です。長い時間座っていても疲れないものや、休憩中にリラックスできるものを使うことで、効率よく集中できます。

まとめ

子供だけではなく大人にも有効な勉強部屋は、成長に合わせた変化や自宅の間取りに合わせた設計が重要です。これから勉強部屋を設けようとしている人は、是非実例を活用した部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか。