縦長リビング例15選!空間の使い方をご紹介

家族が集う場所として家の中心的な存在となるリビングは、できる限りスペースを有効利用して広く使うのが理想です。縦長リビングは、良くある間取りの一つとなっていますので、是非模様替えなどの参考にしたいですよね。

そこで今回は、

  • 縦長リビングの魅力がわかる実例
  • 広過ぎで落ち着かない時のソファー活用例
  • 空間を遮らずに視線をコントロールするアイデア
  • ドアの位置のポイント
  • もっと広々させる配置の実例

をご紹介します。

縦長のリビングはお部屋が広く見える

キッチンからリッビングまで奥行きで広く感じる

出典:instagram.com

縦長リビングの特徴は、奥行きを広く感じられる点で、キッチンと一体化している間取りが多いことから、家全体がより広々とした印象になります。

縦線の家具の配置でさらに広く

出典:instagram.com

家具の配置場所やデザインも重要な縦長リビングでは、横に広いものではなく縦線の家具の配置をすることで、更に広く感じられるでしょう。

一気に見渡せる広々リビング

出典:instagram.com

家じゅうが一気に見渡せる広々としたリビングは、開放的な印象が強まりますので、普段の生活で家族がリラックスできるのは勿論ですが、来客時にも大変喜ばれるでしょう。

広過ぎで落ち着かないなら衝立代わりにソファーが活躍

リビングとダイニングの仕切リ代わりにソファーを

出典:instagram.com

縦長リビングの場合、広ルギてしまうことで上手く空間が活かせない場合があります。そのような場合に役立つソファーは、仕切り代わりとして縦長リビングを使いやすく変身させます。

ソファーに座ると落ち着く広さに

出典:instagram.com

狭い間取りでは邪魔になることもあるソファーですが、縦長リビングの場合には、ソファーに座ることによって、居心地が良い落ち着く空間が完成します。

家具のタイプを統一して空間は広く感じさ座ると仕切りに

出典:instagram.com

色々な種類の家具を配置するよりも、統一感を持たせて家具を配置した方が、縦長リビングの空間が無駄になること無く、程良いバランスで上手に使えるでしょう。

空間を遮らずに視線をコントロールする

ダイニングからの視線をそらすリビングテーブルとTVの配置

出典:instagram.com

縦長リビングの場合には、空間を遮るのではなく、視線をコントロールするのも大切で、リビングテーブルやテレビの配置場所によって印象を変えられます。

家具もTVも横一列で広く視線は気にならない

出典:instagram.com

縦長リビングの空間を賢く活用するためには、家具もテレビも横一列で配置することによって、視線が自然と横に広がりますので、リビングの形状と上手くマッチするでしょう。

ダイニングテーブルの配置で空間を仕切る

出典:instagram.com

空間を仕切ることも大切な縦長リビングは、存在感があるダイニングテーブルの配置場所を工夫して、上手にスペースを利用するのがおすすめです。

ドアの位置も配置のポイント

リビングとダイニングが自然に分かれるドアの位置

出典:instagram.com

縦長リビングの場合にはドアの位置も重要なポイントで、リビングとダイニングが自然と別れる場所に扉を設けますと、特別な家具の配置などをする必要がなく、縦名gリビングが活用できます。

リビングの入り口からもキッチンまで一望

出典:instagram.com

リビングの入り口からキッチンまでが一望できる間取りは、家族の様子がいつでも分かりやすく、自然とみんながが集まる空間として有効利用されるでしょう。

開閉式の仕切りでプライバシーを守る

出典:instagram.com

来客時などに役立つ開閉式の仕切りは、プライバシーに配慮した専用アイテムで、いつでも利用できるように用意しておきますと、様々な場面で用いることが可能です。

もっと広々させる配置

ダイニングテーブルの位置をずらしてさらに広々効果

出典:instagram.com

縦長リビングを有効利用するためには、ダイニングテーブルの位置をずらすことで、更に広々とした空間が誕生します。圧迫感がないリビングは、過ごしやすく快適な場所となるでしょう。

背の高い家具は置かないのが基本

出典:instagram.com

縦長リビングを広く見せるためには、背が高い家具を置かないのが基本で、できる限り壁が見える状態を維持して家具を配置しますと、無理なく空間を有効に利用できます。

まとめ

いかがでしたか。縦長リビングは広くスペースを使える間取りですが、上手に空間を利用できるポイントを知っておきますと、普段の生活だけではなく、模様替えや家具の買い替えをする場合にも役立ちます。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。