キッチンレイアウト例16選!タイプ別に紹介

ストレスフルな生活を癒してくれるもののひとつが食事。食事作りに欠かせない場所がキッチンですが、レイアウト次第でグッとお部屋の雰囲気が変化します。

今回は

  • 対面キッチンレイアウト例
  • Ⅰ型キッチン・Ⅱ型キッチンレイアウト例
  • L型キッチンレイアウト例
  • クローズドキッチンレイアウト例

をご紹介します。

対面キッチンレイアウト例4選

大きなダイニングカウンター

出典:instagram.com

白を使った対面キッチンのレイアウト。大きなダイニングカウンターが目を引き、お部屋の白い壁ともマッチしてより清潔感がアップしていますよね。

清潔感たっぷりでも、どこか落ち着く空間を実現しています。

カフェのような雰囲気の対面キッチン

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

こじんまりした中にも、カフェのような雰囲気を醸し出している対面キッチン。木目そのままを活かしたナチュラルなテーブルと椅子が、落ち着きのある印象を与えてくれます。

ゆっくりとティータイムを楽しめそうですよね。

料理しながら家族と会話ができる

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

対面キッチンの大きなメリットは、何と言っても家族との会話を楽しみながらお料理が作れるところ。

クッキングヒータの前面は透明なガラスになっているので、小さな子供がいても様子を見ながらお料理ができて安心感がありますよね。

キッチンに横付けしたダイニング例

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

対面キッチンの横にダイニングを作ると、できたお料理がすぐに運べて便利。もちろん、お料理しながら家族との会話を楽しむことも可能ですので、忙しい方にはおすすめです!

コンパクトながら機能性を考えたレイアウトですよね。

I型キッチン・Ⅱ型キッチンレイアウト例4選

ステップを下げてリビングとダイニングを別空間に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

日本で多く見られるキッチンのタイプがI型キッチン。特徴は、省スペースでコンパクトなところ。キッチンとリビングにステップを付けることで、別の空間が演出できます。

段差を付けることで、お部屋全体が広く感じますよね。

セパレートタイプのキッチン

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

キッチンは、白を基調にすると清潔感がアップ。シンクとクッキングヒーターを別々にしたセパレートタイプなら、コンパクトな住宅にも有効です!

ミニサイズでコンパクトながら可愛らしいキッチンにまとまっていますよね。

円形テーブルを置いたレイアウト

出典:instagram.com

ダイニングテーブルは四角いものを選びがちですが、丸いテーブルをレイアウトすると、ダイニングの雰囲気が一味変わります。I型キッチンとのコラボなら、テーブルの丸いフォルムが際立ちますよね。

会話も楽しく弾みそう!

テーブルを壁付けしてスペースを有効に

出典:instagram.com

広いダイニングなら、テーブルを置く場所にもゆとりがありますが、ダイニングスペースがコンパクトという時は、テーブルを壁付けしてしまうのもおすすめのレイアウト。

壁付けすることで、邪魔にならず動線もスッキリしますよね。

L型キッチンレイアウト例4選

L型キッチンを空間の中心に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

コンロとシンクが、90度で向かい合っているのがL型キッチンの特徴。作業スペースが広く、複数で調理しやすいのがメリットです。

空間の中心に持ってくるL型キッチンのレイアウトは、大人数のパーティなどにも重宝しますよね。

カウンターの色とペンダントライトでおしゃれに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

L型キッチンを配置して、テーブル兼カウンターを作ったレイアウト。コンパクトにまとまったキッチンと、木目調の広いカウンターが魅力的ですよね!

2つのペンダントライトが、おしゃれで素敵なアクセントになっています。

キッチンの床を1段下げて目線を同じ高さに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

広いスペースが必要と思われがちなL型キッチンですが、選び方によってはコンパクトなレイアウトができる優れもの。キッチンの床の高さを下げるレイアウトもおすすめです!

目線が同じ高さになり、違った景色が味わえますよ。

狭いスペースでも対面キッチンに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ダイニングスペースが狭くても対面キッチンに拘りたいなら、L型キッチンが力を発揮してくれます。

シンク部分のみを対面式にレイアウトすることで、コンパクトなダイニングスペースでも、家族との会話が楽しめますよ。

クローズドキッチンレイアウト例4選

急な来客時にも安心のクローズドキッチン

出典:instagram.com

オープンキッチンはメリットも多い反面、急な来客があった時には慌てることも。そんな不安を吹き飛ばしてくれるのがクローズドキッチンです。

キッチンスペースが見えなくなっていますので、急な来客にも安心ですよね。

独立しつつもリビングと一体感のあるキッチン

出典:instagram.com

クローズドキッチンは圧迫感があって苦手という場合は、シンクの前面の壁を切り取ってしまうのも一つの方法!適度にクローズしていることで安心感にも繋がります。

リビングと一体感のあるキッチンに仕上がっていますよね。

ダイニングと繋がる独立したキッチン

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

キッチンを独立した全く別の空間にしたいなら、ダイニングと繋げてしまうと動線が短くなり使い勝手も良好に!木目調の収納が、ナチュラルな雰囲気で落ち着きを感じますよね。

コンパクトながらも、スッキリまとまったキッチンです。

程良い距離感のキッチンとダイニング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

こちらもセパレートタイプのキッチンレイアウト。キッチンとダイニングの動線はできるだけ短くしたいものですが、適度な距離感を作ると落ち着きのある空間ができ上がります。

ゆったりと食事やティータイムを満喫できそうですね!

まとめ

一口にキッチンと言っても、その種類は多彩。同じキッチンでもレイアウト次第で一味違った雰囲気に変化させることも可能です。ライフスタイルに合わせてお好みのキッチンを選び、ストレス解消に役立つ暖かい空間にしたいものですね。