機能的なダイニングキッチンレイアウト15選

使いやすくおしゃれなダイニングキッチンは、家事をする人だけではなく、家族や来客が楽しく過ごせる空間にもなるでしょう。今回紹介するレイアウトの実例は、模様替えやリフォームなどの参考になるインテリアばかりとなっています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回は、

  • I型キッチンのレイアウト5選
  • L字型&コの字型キッチンレイアウト5選
  • 個性的なキッチンダイニング5選

をご紹介します。

I型キッチンのレイアウト5選

キッチンとダイニングの距離が近い昔ながらのレイアウト

出典:instagram.com

?hl=ja

ダイニングテーブルとシンクの距離が近い昔ながらのレイアウトは、小さな子供さんがいる家庭でも安心して料理ができるスタイルになっていて、いつでも様子がうかがえる便利さがあります。

キッチンにテーブルを横付けした例

出典:instagram.com

?hl=ja

キッチン横にそのままダイニングテーブルが備え付けられているレイアウトは、食事の準備や後片付けがしやすいだけではなく、キッチンを独立した形にしないので、家族の誰もが家事に参加しやすい設計になります。

対面式キッチンの基本レイアウト

出典:instagram.com

?hl=ja

対面式キッチンは、現在多くの間取りで取り入れられいるスタイルで、キッチンカウンターそばにダイニングテーブルを置いて、キッチンとの距離が程い感覚で保立ているのが特徴です。

対面式キッチンとダイニングを平行に配置

出典:instagram.com

?hl=ja

対面式キッチンに並行する形でダイニングテーブルを置くレイアウトは、独立したスタイルで食事ができるメリットがあり、来客時などにキッチン内の様子があまり見えないという良さがあります。

円形テーブルを置いて

出典:instagram.com

?hl=ja

視界杭テーブルが多いダイニングですが、人が集いやすい丸形のテーブルは、おしゃれで温かみがあるインテリアが実現します。指し色に赤を加えるなどしますと、木目とのバランスがちょうどよくなるでしょう。

L字型&コの字型キッチンレイアウト5選

動線重視の壁付けタイプ

出典:instagram.com

?hl=ja

家事をする人が動きやすい壁面を活かしたキッチンのレイアウトは、間取りが狭い場合でもゆとりを持って大きなダイニングテーブルを置くことができます。配膳や片付けがしやすく、おしゃれで使い勝手が良いスタイルでしょう。

キッチンスペースの中にソファを

出典:instagram.com

?hl=ja

リビングに設置されていることが多いソファですが、キッチン内に設けるようにしますと、シンク台と繋げてダイニングスペースがあることから、家事や調理の間にひと休みすることができます。

カフェ風のダイニングキッチン

出典:instagram.com

?hl=ja

まるでカフェのような雰囲気で食事が楽しめるダイニングのレイアウトは、シンク周りをカウンターがヵ国スタイルになっているので、調理や片付けをしながら家族との会話を弾ませることができます。

コンパクトなL字型

出典:instagram.com

?hl=ja

L字型のキッチンは、狭い空間を最大限に有効利用できるようになっていて、コンパクトで動きやすいことから、掃除や手入れが負担にならずにいつでも綺麗な状態を維持できます。

会話も弾むコの字型

出典:instagram.com

?hl=ja

キッチンにいる人との距離が近いコの字型のレイアウトは、会話を楽しみながら準備や片付けが進められるだけではなく、キッチンにいる人だけが一人にならずにお互いの様子を知ることができるでしょう。

個性的なキッチンダイニング5選

用途が色々楽しめるレイアウト

出典:instagram.com

?hl=ja

独立した印象があるキッチンですが、ダイニングテーブルやカウンターの配置によって、まるで一つの部屋のようにして設けられます。家族皆がキッチンやダイニングにいつもいるような、居心地の良い空間が無理なく完成するでしょう。

カウンターとキッチンが一体型に

出典:instagram.com

?hl=ja

広いカウンター感覚でダイニングテーブルをキッチンに備え付けますと、キッチンとテーブルが一体化したレイアウトが完成します。食事時間がバラバラでも配膳や片付けがしやすく、スムーズな家事動線が実現するでしょう。

椅子を置いて趣味のスペースに

出典:instagram.com

?hl=ja

キッチン内に椅子を置くようにしますと、調理中に窓の外を眺めながらひと息つきたい時や、趣味のスペースとして書斎感覚で自分だけの居場所を設けることができます。

奥行き感のあるレイアウト

出典:instagram.com

?hl=ja

シンクとダイニングテーブルの距離が近いレイアウトは、奥行きを活かしてシンクの先に家事コーナーやパントリーを設けますと、キッチンやダイニングがいつでもスッキリした状態になるでしょう。

畳敷きのリビングと一体化

出典:instagram.com

?hl=ja

小上がりタイプの和室をリビング内に設けている場合は、ダイニングテーブルと一体化させることで、大人数での集まりやパーティーなどでも、居心地がよくゆったりとした時間を過ごせる空間が完成します。

まとめ

長い時間を過ごすことが多いキッチンは、ダイニングとのバランスやテーブルの配置によって、様々なレイアウトが楽しめることが良く分かりました。興味がある方は、ぜひ今後のレイアウト変更時に役立ててみてはいかがでしょうか。