狭くてもお洒落な部屋にコーディネート!実例15選

広さを気にすることが多い部屋の間取りですが、工夫次第で狭い部屋でもお洒落な空間を作り出すことはできます。今回紹介する実例は、狭いことを気にすることなく、自由な発想で部屋づくりを楽しむ内容ばかりとなっていますので、是非模様替えの時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回は、

  • 部屋を広く見せるカラーコーディネート5選
  • 背の低い家具を置いたコーディネート5選
  • インテリアで部屋を広く見せるワザ5選

をご紹介します。

部屋を広く見せるカラーコーディネート5選

白で統一した女性らしい部屋

出典:instagram.com

?hl=ja

白でインテリア家具や小物を統一した女性らしい部屋は、明るい雰囲気が部屋を実際よりも広く見せる効果があります。物をあまり置かずにスッキリ見せるなど、飾り方や配置の工夫も大切です。

ベージュ系で温かみをプラス

出典:instagram.com

?hl=ja

温かみがプラスされるベージュ系は、木目の家具との相性もよく、どんなインテリアとも馴染みやすいのが特徴です。男女共に支持されることが多いベージュ系の色合いは、幅広い年代で取り入れやすいテイストでしょう。

グレーを取り入れて上品に

出典:instagram.com

?hl=ja

落ち着いた色味となるグレーは、忙しい日常を忘れて家でリラックスしたい人におすすめです。特に大きく存在感があるソファにグレーを取り入れますと、圧迫感がないので部屋が狭く感じません。

寒色系ですっきりと

出典:instagram.com

?hl=ja

鮮やかなブルーを取り入れた部屋づくりは、好きなカラーに囲まれて生活できる喜びを実感できるでしょう。インテリアの邪魔をすることがなく、爽やかで鮮やかなブルーは、季節を問わず取り入れやすい色味です。

白×ベージュ×グレーで

出典:instagram.com

?hl=ja

沢山の色味を使うのは難しい印象ですが、それぞれの主張が強すぎないスタンダードなカラーを複数使うことで、冒険しながらも飽きずに長く維持できる自分なりのスタイルが確立されます。

背の低い家具を置いたコーディネート5選

和テイストの家具で

出典:instagram.com

?hl=ja

背の低い家具を配置することで部屋の狭さはしっかりカバーできますが、おしゃれで落ち着いた印象の和風のテイストの家具にしますと、より一層居心地が良い空間となります。

ブルー系で可愛らしいインテリア

出典:instagram.com

?hl=ja

沢山の引き出しがあるブルー系のインテリアは、収納力が抜群です。個性的なテーブルやソファとのバランスがちょうどよく、窓際を彩る収納アイテムとして重宝します。

グレーの落ち着いたインテリア

出典:instagram.com

?hl=ja

暗くなり過ぎないグレーは、インテリアに取入れやすいカラーです。木目の家具との相性も抜群で、おしゃれで洗練された印象の部屋づくりが実現します。

フロアマット付きのロータイプソファで

出典:instagram.com

?hl=ja

マットとソファが一体化した便利なインテリアは、小さな子供さんがいる家庭でもソファを設置したいという願いを実現できるアイテムで、安全性が高くおしゃれな見た目もおすすめです。

天然木を使った家具でスッキリと

出典:instagram.com

?hl=ja

美しい天然木の家具をインテリアに用いることで、部屋全体が明るくスッキリとした印象になります。フローリングとの相性も良く、部屋全体が統一された印象になるので、実際よりも部屋が広く見えるでしょう。

インテリアで部屋を広く見せるワザ5選

大きな鏡で奥行き感を

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

少しでも広く見せたい場合には工夫が必要で、狭い間取りでも大きな鏡を設置することで、奥行きを活かして部屋全体を広く見せる効果があります。

ストライプのカーテンで部屋に縦長効果を

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

縦長効果を活かして部屋を広く見せる裏技もあります。カーテンを選ぶ際には、無地ではなくストライプ柄を選ぶようにしますと、実際よりも部屋を広く感じさせるでしょう。

ボーダーのカーテンで部屋に横長効果を

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

カーテン選びが重要な部屋を広く見せるコツは、ボーダー柄をセレクトして、部屋を横に広く見せる効果を上手に使うのがおすすめです。実際より少しでも広く見せたい場合には、カーテンの選び方で大きく左右されます。

ミラーを窓風に取り付けて

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

鏡があるだけでも部屋が広く見える効果がありますが、窓風に設置することによって、おしゃれ度をアップさせながら、実際の部屋の間取りよりも広く見せることができます。

奥行き感のある絵を飾る

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

壁面を使って部屋を広く見せることもできます。絵画を飾る場合には、奥行き感がしっかり描かれたものを選びますと、鏡を飾る時と同じように、部屋にも奥行きを与えて広く見せる効果が働きます。

まとめ

部屋の狭さをマイナスと捉えるのではなく、狭い間取りでも上手な工夫や裏技を使うことで、より広く快適に過ごせることが良く分かりました。自分の部屋が狭くて困っている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。