暗いリビングが明るくなるおうち事例15選!

家の中でも、家族が集まる場所がリビング。明るく落ち着けるリビングは、そこにいるだけで楽しくなります。

今回は

  • 窓が大きなリビングの例
  • 2階をキッチン&リビングにした例
  • 吹き抜けのあるリビングの例
  • 間接照明を利用した例
  • 白でコーディネートした例

を紹介します。

窓が大きなリビングの例3選

日差しが降りそそぐ明るいリビング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングの窓を大きくすると、日差しが降りそそぎ明るい雰囲気作りに役立ちます。窓を大きくしたリビングは、外の景色もより多く見え気分もアップしますよね。

大きめの観葉植物を置くと、明るいリビングのアクセントになります。

ウォールステッカーで遊び心を

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ウォールステッカーを使った、遊び心満載のリビング。窓に張った大きな英語のロゴが、ウッディで明るい雰囲気を醸し出しています。リビングの棚もアメリカンスタイルにして、楽しい雰囲気ですよね。

観葉植物のバケツの鉢もアメリカン!

狭い部屋でも大きな窓で明るく

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

狭い部屋を、明るく温かみのある部屋にするには、窓を大きくするのがポイント。窓が小さいと日当たりがあまり良くないため、暗いイメージの部屋になってしまいます。

大きな窓なら、開放感もあってリラックスできそうですね。

2階をキッチン&リビングにした例3選

明るく開放的な2Fリビングの例

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

立地の関係で、前の家の距離が近いということも少なくありませんよね。そのため、1階は日があまり当たらないということにも。そんなリスクを払拭するには、2階にリビングを配置するがおすすめです。

明るく開放的なリビングになりますよ!

お店のような雰囲気の2Fキッチン

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

一軒家の場合、キッチンは1階にあることが多くなっていますが、2階にキッチンを持ってくると、お店のような雰囲気が味わえて気分もアップ!キッチンに広めのカウンターテーブルを作って楽しく会話しながら食事できるのが魅力です。

眺めの良い2Fダイニングキッチン

出典:instagram.com

2階にダイニングやキッチンを作る大きなメリットは、明るく眺めが良くなる点です。オープンキッチンにすることで開放感もバッチリ!白のダイニングデーブルが明るさをアップさせていますよね。

小さなペンダントライトが可愛くておしゃれ!

吹き抜けのあるリビングの例3選

開放感のある吹き抜けのリビング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

明るいリビングにするには、吹き抜けにすることも技のひとつ。リビングを吹き抜けにして大きな窓を付けることで、明るさと開放感を引き出しています。余計なインテリアを置かずシンプルなリビングですよね。

リビングから見える青空が素敵です!

無垢の素材を使用した明るいリビング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

吹き抜けは、リビングの明るさと開放感を実感できる方法ですが、内装に使う素材によってより明るさがアップします。無垢の木材はリビングの明るさを際立たせてくれるおすすめの素材。

天井の梁に使うと、重厚感が出ますよね。

明るさと高級感のあるリビング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングの吹き抜けも、前面ガラス張りにすることで、一気にラグジュアリーな雰囲気が満載になります。ベージュの壁にブラウンの素材で高級感をプラス!

大きな観葉植物が、高級感漂うリビングのアクセントになっていますよね。

間接照明を利用した例3選

間接照明でお洒落に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングの明るさを確保するのが難しい環境なら、間接照明を活用するという手もあり!間接照明を上手に活用することで、リビングの明るさがグッとアップします。モダンな雰囲気にもできて、リラックス空間として大活躍してくれそう。

ダウンライトと間接照明の組み合わせ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングを明るくするには、ダウンライトもおすすめです。ライトが天井に埋め込んであるため、天井がフラットになりスッキリするのがメリット。人気の照明器具で、リビングを明るくおしゃれに演出してくれる優れものです。

遊び心のあるライトを使って

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

遊び心のある照明を使って、リビングを明るくするととてもワクワクします。たくさんの電球が付いた照明を吊るして活用すると、何だかいつもとは違う雰囲気に。照明も工夫次第で様々な顔に変化して楽しいですよね。

白でコーディネートした例3選

白で統一したリビング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングを内装やインテリアで明るくするには、白で統一するのがおすすめ。リビングに日差しが足りない場合には、爽やかさと明るさがアップしますよ。キッチンも白で統一することで、開放感と清潔感が漂うワンラックアップした空間になります。

シャビーシックなコーディネート例

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

リビングが暗いと悩んでいるなら、ダイニングやリビングの家具をシャービーシックにコーディネート。ちょっと古めかしいテイストにまとめると、ナチュラル感もあって明るくなりますよ。

デーブルや家具をDIYするのもおすすめ!

モノトーンのコーディネート例

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

大人の雰囲気漂うモノトーンのコーディネートは、明るさの中にもモダンな空間になります。縦長のブラインドが、シンプルで程よい明るさを演出していますよね。

シックでモダンな落ち着きのあるリビング・ダイニングの完成です!

まとめ

様々な条件が重なりリビングの明るさを確保できない時には、照明やインテリアなどを工夫することで、グンと明るさがアップします。日差しが降りそそぐリビングは誰でも憧れるものですが、落ち着ける空間であることも大切かもしれませんよね。