カラーバターで黒髪を染められる?キレイに染めるコツも紹介します

自分でヘアカラーをすれば、費用も安くすみ、都合のいいときに染められます。しかし、セルフカラーは髪へのダメージもあり頻繁にはできません。セルフでリーズナブルに、それでいて髪への負担の軽いカラーリングをしたい、という人におすすめのカラーバターについて紹介します。

今回は

  • カラーバターについての基礎知識
  • 黒髪にカラーバターを使用できるかどうか
  • 黒髪の方におすすめのカラーと染めるコツ

についてまとめました。

黒髪でカラーバターを使用したい方はぜひチェックしてみてください。

カラーバターとは?

カラーバターとはトリートメントとカラーリングを一度にできるものです。髪へのダメージを軽減したい人におすすめ。他にも発色がいい、黒髪にも使える、といったメリットもあるカラーバターについて見ていきましょう。

トリートメント剤と染料が配合されたヘアカラー剤


カラーバターの特徴はカラーリングだけでなく、トリートメントも同時にできることです。美容院に行くのではなく、セルフでカラーリングをすると髪へのダメージが大きいと言われていますが、カラーバターならその心配を軽減できると言われています。

カラーリングをしながら髪のダメージを補修してくれるカラーバターは、カラー剤ではなく、トリートメントに分類されるようです。ヘアカラーでは肌がかぶれるなど肌荒れを起こしてしまう人でも、カラーバターなら安心して使えるでしょう。

ただし、皮膚の弱い人やアレルギーのある人は、パッチテストをしてから使うことをおすすめします。

現在では種類も増え、さまざまなブランドやメーカーの商品があるので、自分の希望に合わせて選ぶことができるでしょう。

髪へのダメージを最小限に抑えられる

カラーバターの成分は90%がトリートメントです。ヘアカラーは髪へのダメージが大きいと言われている中で、カラーバターは髪を傷めずに使えるのがメリットです。髪の毛の表面に塗るだけなので、染料の色素を髪の毛の中に染み込まれるヘアカラーより、髪へのダメージが少ないとされています。

通常のヘアカラーでは傷んでいると色がキレイに出ないことがありますが、カラーバターならその心配はないとされています。何度もヘアカラーやパーマを繰り返し、髪が傷んでいる人におすすめです。

鮮やかなカラーが出やすい


カラーバターの特徴として発色がいい点も挙げられます。通常のヘアカラーでは出せないようなビビッドなカラーを出すこともできるのです。

ただし発色よく、ビビッドカラーで染めあげたい、という場合はブリーチが必要。ブリーチをしていることで、フタの役割をしているキューティクルを開き、中のメラニン色素を分解してくれるので、カラーが出やすいとされています。

カラーバリエーションも豊富

カラーバリエーションが豊富なのも、カラーバターの特徴の一つ。原色のほか、色を絵の具のように混ぜて使えるので、好みの色を出せるのです。色の配合率を変えれば、さまざまな色を楽しめるでしょう。

1剤、2剤などはなく単体で使用可能

一般的なヘアカラーは1剤と2剤を使い化学反応をさせて、発色させる仕組みです。一方のカラーバターは1剤2剤を使いません。単体で色を染めることができます。そのため、1剤を塗って待ち、2剤を塗ってさらに待つ、という面倒な工程も省けてカラーリングの時間短縮にもなります。

一般的なヘアカラー剤より持ちは悪い

ヘアカラーが髪にダメージを与えるのは、髪の内部に染料を浸透させるのが要因の一つです。しかしそれはデメリットではありますが、色持ちが長くなるというメリットにもなります。髪の表面に色をつけるカラーバターはそうはいきません。一般的なヘアカラーより、持ちは悪くなります。

カラーバターで黒髪を染めることはできる?

ヘアカラーは黒髪でも染めることはできますが、カラーバターも黒髪に使うことは可能です。ただし、ヘアカラーとは発色に違いがあります。どう違うのか、見ていきましょう。

明るい髪に使うほうが発色しやすい


カラーバターは黒髪よりも、脱色した明るい髪に使う方が向いています。髪の表面をコーティングするカラーバターは、ベースに色があると発色しにくいのです。黒に色を混ぜてもあまり色が変わらないでしょう。それと同じように、カラーバターも脱色してあるような明るい髪の方が、色が出やすいのです。

ブリーチなしではカラーバター特有のバリエーションが出にくい

カラーバターはブリーチで脱色した後に使うことが多いです。色を混ぜてさまざまなカラーバリエーションを出せるのがメリットですが、黒髪のままでは色の違いがよく分かりません。そのため、ブリーチで脱色をした後、使う方がキレイにカラーリングできます。

黒髪に使いたいという人におすすめのカラー4選

ブリーチで脱色をした方が発色のいいカラーバターですが、黒髪に使いたい、という人もいるでしょう。黒髪でも色によってさまざまな魅力を出すことも可能です。黒髪におすすめのカラーを紹介しましょう。

ナチュラルな印象を作れる・赤


明るすぎず、ナチュラルな印象になるのが赤です。ボルドーのような深みのある色合いは、女性らしくフェミニンな雰囲気に。顔色もよくみえて、健康的に見えるのもメリットです。ショートヘアならキュートな印象にもなります。

透明感がアップする・グレー


グレーは主張しすぎない点が魅力でしょう。透明感のあるグレーはエレガントです。大人の女性を演出したいときにおすすめ。軽やかな感じになるので、髪の量が多く重い感じをなくしてくれます。外国人のような仕上がりも魅力的です。

色落ちでグラデーションも楽しめる・シルバー


ミステリアスな雰囲気が魅力のシルバーもおすすめです。ヘアカラーが落ちてくると手抜きに見えますが、カラーバターのシルバーはそう見えません。グラデーションになり、オシャレな雰囲気を楽しめます。

黒髪にプラスして上品な印象になる・パープル


優しく上品な雰囲気になれるのがパープルです。主張しすぎる紫は派手な印象を与えますが、カラーバターで染めるとそうなりません。カッコいい女性に見られたいならパープルもおすすめです。

カラーバターでキレイに染めるコツ

自分で髪を染めたことがあれば、カラーバターを使うのもそれほど難しくないでしょう。初心者でも簡単にできるのがカラーバターのメリットです。よりキレイに染めるコツを紹介します。

カラーバターの基本的な使い方


カラーバターの基本的な手順は次の通りです。

1. シャンプーをして水分をしっかり吸い取ります
2. 適量を手に取り、ムラなく塗布します
3. ラップを巻いて15~20分程度放置します。
4. ラップを取り、5分程度放置します。
5. 洗い流し、ドライヤーで乾かします。

カラーバターを使う際には、手袋を使うと肌荒れの心配がありません。ムラなく塗布するには、クシなどを使うといいでしょう。ヘアカラー特有のツンとしたニオイも気にならない商品も多いので、気分が悪くなるなどのデメリットも避けられます。

髪を洗わなくても色をつけることは可能ですが、シャンプーをして汚れや整髪料などを洗い流した方が仕上がりはキレイです。濡れている髪に使った方が、カラーバターの伸びもよく、ムラができにくいでしょう。ただし、タオルでしっかり水分を吸い取ってから始めることが大事です。

いくつか混ぜてオリジナルカラーを作ることもできる


カラーを混ぜて自分好みの色を作り出せるのも、カラーバターのメリットです。色の割合を変えることで、オリジナルカラーができます。いくつか色を混ぜることも可能なので、市販のヘアカラーでは出せない色もできるでしょう。

自分の目で色をチェックしながら、足したり、薄めたり、異なる色を加えたりすることができるのも便利です。希望の色に近づけるには、実際に髪の一部に塗布してみるといいでしょう。また、頭皮についても、すぐに落ちるので安心して根本まで塗り込むことができます。

ドライヤーで温めるとトリートメント効果がアップ

カラーバターを塗布した後、ラップで髪をくるんだら、ドライヤーで温めましょう。カラーが安定し色がしっかりつく効果と、トリートメント効果もアップすると言われています。弱風でゆっくり温めるのがコツ。洗い上がりはサラサラした髪になります。

まとめ

成分の90%がトリートメントというカラーバターは、髪の補修をしながらカラーリングができます。髪が傷んでいる人には特におすすめです。黒髪にも使えますが、発色を重視したい場合はブリーチをしてから使うといいでしょう。オリジナルカラーもできるので、オシャレの幅も広がります。