おすすめの眉ティント7選!細筆・平筆別にまとめました

汗をかいたら眉が落ちてしまった、という経験がある人は少なくないでしょう。眉毛で顔の表情がかなり変わりますので消えてしまうと残念なことになります。キレイにしっかり描いた眉をキープできるのが、眉ティントです。色が定着するので落ちにくい眉ティント。メリットや選び方についてまとめてみました。

今回は

  • 眉ティントの基礎知識・メリット・購入の際のポイント
  • 細筆タイプの眉ティント3選
  • 平筆タイプの眉ティント4選

について紹介します。眉ティントが気になっている方はぜひチェックしてみてください。

眉ティントのメリット

眉ティントは色を定着させて、数日間描いた眉をキープできるアイテムです。入浴しても落ちないので、お泊りのときなども便利。そんな眉ティントには他にどういったメリットがあるのか紹介しましょう。

毎日眉を描く手間が省ける


眉ティントは色が定着するので、すぐには消えません。そのため、毎日眉を描く手間や時間を省くことができます。

眉を描くのは意外と難しいもの。眉山の角度が左右対称ではなかったり、太さが同じにならなかったりするので、時間がかかってしまいます。上手に描けても、汗をかいたら落ちてしまうこともあるでしょう。そんな悩みを解消してくれるのが眉ティントです。

また、眉の形を整え、時間が経ったらはがすだけという商品もあるので、メイク時間も短縮できます。夜に塗って、朝に剥がすだけ、という方法で美しい眉を作れる商品も。忙しい朝にはおすすめです。

入浴後も落ちないので旅行・お泊まりなどで便利

眉ティントは毛ではなく地肌を染めて色を定着させる仕組みなので、汗や皮脂で落ちることがありません。スポーツをしても、暑い日で汗をかいても落ちにくいです。入浴しても落ちないので、眉なしの顔を他の人に見せずにすむので安心。すっぴんになっても眉ティントで眉を描いておけば安心でしょう。お泊りなどにも便利です。

眉がキレイに描けた、と思ってもすぐに落ちてしまったり、キレイな眉が手に入ったのは1日だけだったりするのは悲しいものです。眉ティントならキレイな仕上がりを持続させることも可能です。しかも、描きやすいものが多く、眉尻などもシャープに描けるので、満足のいく仕上がりになります。

ただし、こすりすぎると色が落ちやすくなるので、眉のあたりはあまり触れないことです。特に洗顔をする際には注意が必要です。顔を洗うときには、クレンジング力の強い洗顔料などでゴシゴシとこすらないようにしましょう。また、汗をかいてハンカチやタオルで汗を拭くときにも、こすらないことが必要です。

持続日数は3~7日が目安

カレンダー
どれくらい持つのか?という点は気になるところですが、基本的には3~7日間程度です。ただし、使い方や肌質、メーカーなどによって異なります。余分な水分や油分が肌に残っていると持ちが悪くなるので、使い方はしっかりチェックしましょう。

水分や油分が眉に残っていると、色が定着しにくいのです。スキンケア化粧品なども落ちやすい原因となることもあるので、注意が必要です。商品によって特徴があるので、使用方法は必ずチェックしましょう。

眉ティントの中には、最初は濃すぎるほど色が付く場合があります。時間が経つと自然な色になるので不安になる必要はありません。濃すぎるからと量を控えめにすると、色がしっかりつかず持続力が落ちてしまうこともあるので、適量をしっかり塗るようにしましょう。

眉ティントを購入する際のポイント

眉ティントには筆の形や色など、複数の種類があります。使いやすいものや眉に合ったものを選びましょう。眉ティントを購入する際のポイントを紹介します。

カラーは髪色に合わせて選ぶ

失敗を避けるポイントとしては、カラー選びは髪色に合わせて選ぶことです。ブラウンといっても、メーカーなどによって多少色が異なりますので、できるだけ自分の髪色に近いものを選ぶといいでしょう。

また、眉ティントはカラーバリエーションが豊富なので、違った色をそろえておくと、髪色を変えたときなどにも便利です。

細筆:眉毛が細い方やシャープに仕上げたい方向け


細筆タイプは、シャープなラインを描くことができるなど、微調整しやすいのがメリットです。細い眉毛の人は、細筆タイプの方が使いやすいでしょう。眉毛の流れに沿って描けるので、初心者でも簡単に使えます。

平筆:太眉を描くのにおすすめ

面積の広い眉を描くのであれば平筆タイプがおすすめ。眉に使う時間を短縮することも可能です。眉からはみ出してしまうなど失敗しても、綿棒で消すこともできますので安心です。

細筆タイプの眉ティント3選

細筆タイプの眉ティントは、細かい調整ができるメリットがあります。シャープな眉を描きたいという人に向いているタイプでもあります。中でもおすすめの眉ティントを3つ紹介しましょう。

エチュードハウス プレイ101 ペンシル #41 [マルチペンシル]

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) プレイ101 ペンシル #41 [マルチペンシル]

ペンシルタイプで描きやすいのがポイントです。発色もよく、はっきりとした眉を描きたい人におすすめ。眉だけでなく、アイライナーやアイシャドウ、アイブロウ、チーク、コンシーラーなどさまざまな用途に使えるのも便利でしょう。ウォータープルーフなのでにじむ心配もありません。メイク仕立ての状態を長時間キープできます。

クリーミー、マット、グロッシー、シマーリング、グリッターといった5種類のテクスチャーで、メイクの幅も広がります。

ミシャ セブンデイズ ティンテッド アイブロウ 0.8ml (#01 Maroon Brown)

MISSHA Seven Days Tinted Eye Brow 0.8ml (#01 Maroon Brown)/ミシャ セブンデイズ ティンテッド アイブロウ 0.8ml (#01 Maroon Brown)

タトゥーアイブロウタイプなので、洗顔しても落ちにくいのがメリットです。最大で7日間持続するのも魅力でしょう。一度ていねいに描けば、長い期間その眉をキープすることができます。筆ペンタイプで描きやすく、微調整ができるので自然な眉を作れます。

シャープな眉尻を簡単に描けるので、眉を描くのが苦手な人にもおすすめ。水ですぐ拭き取るだけで、描き直しができる点も便利でしょう。

パルガントン インクティントアイブロウ IB30 グレーブラウン (1g)

パルガントン インクティントアイブロウ IB30 グレーブラウン (1g)

パウダーで描いたような自然な仕上がりになります。黒髪の人にぴったりのグレーブラウンで品よく見えるのも魅力。パウダーが肌の余分な皮脂や油分を吸着してくれるので、にじみにくく、乾いた後もサラサラとした感覚です。

細筆タイプで失敗しにくいうえに、整えブラシが付いているので、仕上げやすく美しい眉を描けるでしょう。すぐに乾くのでその後のメイクもしやすいです。

平筆タイプの眉ティント4選

太い眉なら平筆タイプがおすすめです。

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ05 ライトブラウン 8g

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ05 ライトブラウン 8g

毛並に逆らうように塗るだけで自然な眉に仕上がります。発色がいいので、キレイな仕上がりになるのもメリット。濃くなりすぎないので、眉だけ浮いてしまうという心配もありません。表情も明るくなります。ブラシの使い心地もいいので、快適にメイクができるでしょう。汗や水、皮脂に強く、こすれても落ちにくいので安心です。

エテュセ チップオン アイブロウ アッシュブラウン 2g

エテュセ チップオン アイブロー アッシュブラウン 2g

粉末状のアイブロウでパウダリーのナチュラル感がおすすめ理由です。ペンシルで描きやすいので失敗も少ないでしょう。眉描きが苦手な人にもおすすめ。ぼかしたりするテクニックも必要ありません。粉末アイブロウとパウダーチップで仕上げるのですが、肌にもやさしく、ふんわりした眉が作れます。高粘度オイルで密着するので持ちもよくなります。

Lipping アイブロウ ティント タトゥーパック 8g ブラウン

Lipping アイブロウ ティント タトゥーパック 8g ブラウン

太い眉でも濃すぎず、自然な眉に仕上がります。一度塗って剥がすだけという方法なので、簡単でメイクの時間も短くなるでしょう。寝る前に塗って、朝剥がすだけ、という方法であれば、朝の忙しい時間をより有効に使えます。

メイベリン ブロウインク ジェルティント 02 ミディアムブラウン

メイベリン ブロウインク ジェルティント 02 ミディアムブラウン 眉ティント

塗って剥がすだけで、最大7日間持続します。ジェル状で伸びがよく、使いやすいのがメリット。自然に色がつくのでナチュラルで美しい仕上がりになります。

眉毛と肌に負担をかけないよう、ローヤルエリーエキスやヒアルロン酸Na、アロエブラ液汁、水溶性コラーゲンといった美容成分が配合されているのも魅力。剥がす際にも優しく剥がせるので、眉毛が抜けにくく、肌への負担もかかりにくいです。

まとめ

眉ティントには筆の太さや形、色、形状などさまざまな種類があります。使いやすく、自分の眉に合ったものを選びましょう。また髪色などに合わせるなど顔全体のバランスを見ながら選ぶことも大切です。髪色を変えることが多い場合は、カラーバリエーションをそろえておくのもおすすめ。肌の弱い人は、配合成分などをチェックするといいでしょう。