仕事のやる気が出ない原因とやる気が出ない時の対処法

会社のため、お金を稼ぐためとはいえ、ときに仕事にやる気が出なくなる瞬間もあるでしょう。そうなると、モチベーションの維持が難しくなり、毎日がつらく感じられてくるかもしれません。ですが、事前に原因と対処法を知っておけば、スムーズにやる気を取り戻せます。以下の情報を、仕事でのモチベーションづくりに役立ててください。

今回は

  • 仕事のやる気が出ない原因11選
  • 仕事のやる気が出ないときの対処法

についてご紹介します。仕事にやる気・やりがいを感じない方は原因と対処法をチェックしてみてください。

【要チェック】仕事のやる気が出ない原因はこんなところにあるかも!

ある時期から突然やる気がなくなった、そんな感覚を味わったことがある人も多いかもしれません。もちろん、そこには原因があります。どのような対策をするか考える上でも有効なので、まずは原因を考えていきましょう。

職場の人間関係がうまくいっていない


仕事におけるストレスの代表格に、人間関係があるでしょう。業績を上げる、お客さんに満足してもらうといった共通目的を持つ集団であっても、性格は十人十色です。派閥やいざこざ、ハラスメント問題などは決して珍しいものでもありません。そうした人間模様に理解がある人なら良いですが、苦手な場合はやる気の喪失に繋がります。

お給料の安さに不満がある

仕事の報酬は、かならずしも業務に見合ったものとは限りません。それどころか、不満を覚えるような安さに設定されているケースも多くみられます。お給料は、仕事への明確な対価に他なりません。納得できない額の場合は、モチベーションをも左右します。

仕事に飽きてしまった

お金を稼ぐためとはいえ、仕事内容に飽きるとやる気の維持が難しくなってしまいます。同じような内容の流れ作業である、地味な業務である、イベントごとが少ない、そんな職場では仕事への意欲が低下してしまいがちです。休日のリフレッシュがしっかりできていれば良いですが、それも苦手となれば、ストレスがたまる一方でしょう。

自分の仕事にやりがいを感じる事ができない

仕事は大変で当たり前、古くからそう言われ続けています。とはいえ、やりがいを感じる内容とそうでないものとでは、やはり前者の方が意欲的に取り組めます。そこへきて、作業が単調であったり、自分に合わなかったりすると、やりがいが感じられずやる気を失うかもしれません。

頑張って働いても見返りが無い


お給料以外の見返りが少なくても、やる気は削がれてしまいます。かならずしも、物うんぬんの話というわけでもありません。たとえば、感謝の言葉やねぎらい、ちょっとした気遣いも含まれるでしょう。これらが欲しいときに与えられない、それもまた意欲低下に繋がります。

休日出勤が多い

仕事を長く続ける上で、休日の活用が重要になってきます。仕事漬けの日々が続けば、やはり誰でも疲労は溜まってくるでしょう。ですが定期的に休日を役立ててリフレッシュできれば、そんな疲れともうまく付き合っていけます。その点、休日出勤が多い場合、やる気は長続きしないかもしれません。

残業ばかりで仕事しかしていない生活

近年、残業問題が何かと取り沙汰されています。不当な残業によってメンタルを崩し、働けなくなるといったケースが問題視されているためです。不当残業で病気になるというのは極端な例ですが、規定内における残業が続く場合でもやる気の低下に繋がります。それこそ、毎日仕事ばかりで何のために生きているか分からなくなる、そんな精神状態にすら陥るかもしれません。

睡眠不足が続いている

メンタルの安定において、睡眠はとても大切です。毎日仕事が忙しくストレスが溜まっていても、毎晩しっかり睡眠がとれていればやる気の維持に繋がります。睡眠不足が続くと、心は弱くなり疲れやすくなります。

社風が合わない


会社には、それぞれ社風があります。会社のジャンルという意味でなく、組織の雰囲気に焦点を当てた考え方です。そしてこの社風が合わないと、毎回の出勤が苦痛に感じられてきます。例としては、落ち着いて仕事をしたいのに社風が体育会系である、エネルギッシュに働きたいのに自由度が低い、そんな不一致がみられるケースです。

家庭環境の悪化が仕事に影響

仕事のやる気は、かならずしも会社が影響するとも限りません。家庭環境の悪化に伴い、仕事どころでなくなる場合も、意欲的に業務を続けにくくさせます。親子問題や夫婦問題など、家庭の環境悪化はさまざまな面から生じる可能性があります。むしろ会社が居心地の良い逃げ場になるなら良いですが、そうでない場合は継続が難しくなるでしょう。

恋人と別れてしまった

こちらも、家庭環境のトラブルに似たプライベートの不調が影響するケースです。普段どれだけしっかりした人でも、恋愛面で問題が起こるとメンタルは不安定になりやすいです。結果、仕事のやる気すら失ってしまうかもしれません。

仕事のやる気が出ないときの対処法

前述の通り、仕事のやる気が出なくなるきっかけは多数考えられます。ですが、だからといって毎日だらだら働いていては、会社にとっても自分にとっても良くありません。責任感を失い、性格そのものまで怠惰になってくるでしょう。以下の対処を試して、調子を戻してみてください。

デスクを掃除する

仕事のやる気がでないとき、デスク周りを整頓しようという気まで薄れているかもしれません。そこで、気持ちのコントロールより先に、まずデスクの掃除から始めてみてください。業務環境を整えることで、気持ちの面まですっきりして働く意欲を取り戻せることでしょう。

とにかく最初の5分だけ集中する

何ごとにおいても、やる気のないときは集中力が欠けてしまいがちです。集中する、ただそれだけでも面倒に感じるでしょう。そこで、最初の5分だけ集中するという意識を持ってください。わずか5分だけでも、1日頑張ろうというモチベーションを作るきっかけになるかもしれません。

残業せずに帰宅しスポーツジムで汗を流す

日本人は、断ることが苦手な民族といわれています。そのため、上司から残業を頼まれると、ついつい引き受けてしまう人も多いでしょう。ですが、やる気がないにもかかわらず無理に仕事を詰め込むのは逆効果です。

いっそ残業をきっぱりと断って、思いっきりスポーツジムで体を動かしてみてください。残業を断ったこと、体を動かし汗を流したことにより、ストレス解消が期待できます。

マンネリ化を防ぐために自分で工夫をしながら仕事をする

仕事に飽きてしまうというのは、かなり致命的なやる気の失い方です。仕事そのものが原因であるため、それこそ掃除やスポーツによる気持ちの切り替えをしても、やる気は取り戻せないでしょう。そんなときは、同じ仕事でもやり方を変えて、飽きない工夫をしてみてください。

たとえば、定期的に作業の順序を変えてみる、頭の中でゲームのような感覚をイメージする、同僚と成果で張り合ってみるなどです。おもしろくない仕事も、見方ひとつ変えるだけで楽しく感じられるかもしれません。

週末に仕事を忘れ趣味に没頭する


やる気低下の解消は、やはり週末などの休日でしょう。どれだけ大変な仕事も、休日にしっかりリフレッシュできれば気持ちを切り替えてうまく続けられるものです。仕事のことを完全に忘れて、趣味に没頭してみてはいかがでしょう。スポーツや芸術、レジャーなどを楽しんで、心の充電をおこないましょう。

チョコレートなどで糖分を補給する

手軽な元気の補給法として、糖分の摂取が挙げられます。脳は体の中でも特にエネルギー消費が激しい部位であるため、疲れと関連が深いです。そして消費したエネルギーの補充の30%は、ブドウ糖からおこなっています。そのため、チョコレートなどで糖分を補給することは、脳の機能を高め頭をすっきりさせる効果に繋がるのです。

仕事をテーマにした映画や漫画を見てテンションを上げる

女性 映画を見る

仕事が楽しいと感じるか大変と感じるかは、人それぞれです。やる気が出ない状態の人は、もちろん後者のように感じているでしょう。そこで、仕事の楽しさを描いた映画や漫画を楽しんでみてください。作品を通して、仕事は楽しいものであると再確認できれば、実際の仕事においてもやる気を取り戻せることでしょう。

まとめ

日々働くことに、ストレスはつきものです。そしてストレスが蓄積すれば、やる気すら失ってしまうでしょう。そうなると、仕事は意欲的にこなせなくなり、日々の充実感も失われ、何とも非効率です。ですが、やる気を取り戻す方法というのもいくつか存在します。これらを定期的に試して、ぜひモチベーション維持に繋げてみてください。

- 1 / 1ページ -