女性のお腹

痩せ菌ってなに?痩せ菌が多く含まれる食材とその食べ方

痩せ菌という言葉がよく聞かれるようになっていますが、意味が分からない方もいるでしょう。痩せ菌を上手く活用できればダイエットできるのです。
  • 痩せ菌の詳細
  • 痩せ菌を増やす食材
  • 痩せ菌を増やすレシピ
  • 痩せ菌を増やす生活

などを紹介します。

痩せ菌って何だろう?

痩せ菌は腸内にいる善玉菌のことであり、痩せやすい体質を作ってくれる作用が期待できるものです。そんな痩せ菌について、その特徴を紹介します。

痩せ菌は善玉菌のこと

体の中には人間に良い影響を与えてくれる菌として善玉菌がいます。そして、痩せ菌は善玉菌の一種であり、バクテロイデス菌のことを指しています。これが痩せやすい体質を作るために役立ってくれるのです。

ただし、誰の体の中にも存在するものですが、その数には個人差があります。

痩せ菌は痩せやすい体を作る

痩せている方の腸の中には痩せ菌が多いとされています。腸内細菌と肥満の関係は研究が進んでおり、痩せ菌が少ないと肥満になるリスクが高まってしまうと言われています。

痩せ菌はたとえば代謝を高めたり、腸を活発に動かしたり、脂肪の吸収を阻害したりするといった作用をすると考えられています。これらの作用がそれぞれ痩せやすい体を作るために貢献しているのです。

痩せ菌は便秘を解消してくれる

痩せ菌が腸内にたくさんにいると腸内環境を整えてくれるため、便がきちんと作られるようになり、蠕動運動も活発になるためスムーズに便が出されていきます。

便秘で悩んでいる方は腸内に痩せ菌が少ない可能性があるのです。痩せ菌を増やすことができれば、便秘の問題も解決できる可能性があります。

痩せ菌を増やす食材

痩せ菌を増やすには、エサとなるオリゴ糖や食物繊維の豊富に含まれる食材をチョイスしましょう。痩せ菌を増やしてくれる食材をいくつか紹介します。

たんぱく質が豊富な豆類


タンパク質は痩せ菌を増やしてくれる効果が期待できます。そのため、毎日の食事の中にタンパク質が豊富な豆類を取り入れることによって、痩せ菌の生きやすい環境を作れるでしょう。タンパク質は肉類からも摂れるのですが、それだとデブ菌を増やしやすい環境になることもあるため、豆類のほうが健康的でおすすめです。

大豆や白いんげん豆、あるいはミックスビーンズもよいでしょう。納豆は発酵食品のため、豆類としてのメリットと、発酵食品としてのメリットを同時に得られてよいです。

食物繊維とビタミンが豊富な野菜

痩せ菌の好物の1つが食物繊維のため、食物繊維がたくさん含まれる野菜を食べましょう。また、野菜の中に含まれるビタミンも痩せ菌に効果的です。

食物繊維やビタミンが豊富な野菜といえば、キャベツやごぼう、れんこんといったものがおすすめです。

ミネラルと食物繊維が豊富なきのこ類・海藻類

ミネラルも痩せ菌を増やしやすい栄養素となっています。このミネラルと食物繊維が豊富なのがきのこ類と海藻類なのです。きのこ類は、しめじやしいたけ、エリンギ、えのきだけなど、海藻は、ひじきや昆布、わかめといったものがおすすめです。

ヨーグルトやぬか漬けなどの発酵食品

発酵食品も腸内環境を整える作用が期待できます。そのため、痩せ菌の生きやすい環境が整い、どんどん数が増えていくでしょう。ヨーグルトやぬか漬けのほかにキムチや納豆などもおすすめです。

発酵食品を食べることによって、便秘を解消や美肌効果にも期待できるでしょう。

オリゴ糖などの自然の甘み

オリゴ糖は直接痩せ菌のエサとなる重要な物質です。オリゴ糖は玉ねぎやアスパラガス、ゴボウ、トウモロコシといったものから摂れるでしょう。

注意点として発酵食品の場合は発酵させるための菌類がオリゴ糖を消費してしまっています。そのため、たとえば納豆にはオリゴ糖はほとんどなくなっているのです。

痩せ菌を増やすレシピ3選

痩せ菌を増やす食材を取り入れたレシピはおすすめです。痩せ菌を増やしたい方におすすめのレシピを紹介します。

玉ねぎヨーグルト

痩せ菌のエサである玉ねぎと発酵食品のヨーグルトを合わせているため、痩せ菌を増やすのに最適なレシピとなっています。用意するのはヨーグルトと玉ねぎ、そして塩です。塩はミネラルのたくさん含んでいるものを選びましょう。

 

1.スライスした玉ねぎに塩を加えます。

2.さらにヨーグルトを加えて混ぜ合わせます。

 

一晩寝かすことによって、食材同士がしっかりとなじむため、より美味しく食べられるようになります。

あわせて読みたい

玉ねぎヨーグルトとは?玉ねぎヨーグルトの身体への効果と基本レシピ

続きを読む

酢キャベツ

食物繊維が豊富なキャベツは痩せ菌のエサとなるでしょう。それに酢を加えることによって、美味しくなります。

 

1.キャベツは千切りにしましょう。

2.ジップ袋の中に入れて、酢を入れて合わせるだけです。

そのまま冷蔵庫に保存すると2週間はもつでしょう。

 

たとえば脂っこい料理を食べる際に、その付け合わせとしてこちらを用意するとよいでしょう。痩せ菌を増やすだけではなくて、内臓脂肪を減らす効果も期待できます。とてもシンプルなレシピのため、料理が苦手な方にもおすすめ。

豆や野菜でマリネ

痩せ菌を増やす食材である大豆と野菜を組み合わせた料理です。

キャベツと大豆を用意に甘酢とオリーブオイルを加えてあえるシンプルなレシピのマリネです。

市販されている大豆を用いてもよいのですが、自分で茹でるのもよいでしょう。その方がより大豆の甘味を出すことができるのです。

痩せ菌を増やす生活のコツ

痩せ菌を増やすためには、食生活を見直したり、運動をしたりすることが大切です。痩せ菌を増やす生活習慣について紹介します。

バランスの良い食事と痩せ菌の多い食材の摂取

栄養のバランスの取れた食事であれば、痩せ菌も増えやすくなります。痩せ菌を増やすことができる食材を知っておくと、より痩せ菌に良い食事を実現できるでしょう。

最近は食生活の乱れている方が増えているため、痩せ菌の少ない方が多いです。まずは自分の普段の食生活を見直し、タンパク質やミネラル、ビタミン、食物繊維といった栄養素を過不足なく摂取しましょう。

朝食を抜かない

痩せ菌を増やしたいならば、常に栄養を与える必要があります。そのためには朝食をしっかりととることが大切です。ダイエットのために朝食を抜いている方!それは逆効果となります。お腹がすいていると日中の活動に影響を与えるだけでなく、飢餓感が高まれば脂肪がどんどん吸収されていってしまいます。

痩せ菌を増やすための食事をしたいならば、さまざまな栄養素を摂取しなければいけません。1食抜いてしまうと、それだけで栄養のバランスが崩れてしまいます。

朝食を食べるのがきついならば、たとえばヨーグルトだけでも良いのです。

適度な運動をする


実は腸内細菌は運動をすることで鍛えられるとされています。特に、便秘は腸内を悪玉菌の優位な環境にしてしまい、痩せ菌がどんどん減ってしまいます。運動をきちんとする習慣があると、蠕動運動を促すことができて、便秘を解消できるでしょう。

もちろん、ダイエットをしたい方はちゃんと運動をするべきです。有酸素運動をすれば脂肪燃焼を促すことができるためおすすめです。ただし、毎日運動をする必要はありません。週に2日から3日程度で適度な運動をしてください。

おすすめの痩せ菌サプリ

【編集部おすすめ】LAKUBI【ラクビ】

『LAKUBI』は腸内フローラを整えることでダイエット成功に導く、カプセルタイプのダイエットサポートサプリです。

脂肪や余分な栄養分の吸収を抑え、代謝を上げる働きのある短鎖脂肪酸を作る働きを持つ酪酸菌。ラクビ1粒には、1700万個の酪酸菌が詰まっています。また、たくさんの酪酸菌はカプセルに詰められており、腸まできちんと届くように工夫されているので、より圧倒的な効果が期待できます。

\編集部で実際に1ヶ月使ってみました!/

まとめ

腸内に痩せ菌が多い状態となれば、脂肪の吸収を妨げて、痩せやすい体になります。痩せ菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖などを多く含む食材を積極的に取りましょう。また、運動をしたり、バランスの良い食事をとったりするなど生活習慣を見直すことも大切です。こちらで紹介した痩せ菌を増やすポイントやレシピを参考にしてください。