中性脂肪とアルコールの関係は?中性脂肪を下げるアルコールの飲み方

アルコールを飲みすぎると中性脂肪が増えてしまうといわれています。アルコールが好きな方は中性脂肪が気になってしまうでしょう。
  • アルコールと中性脂肪の関係
  • 上手なアルコールの飲み方
  • 普段からできる高い中性脂肪改善法

についてまとめました。

アルコールと中性脂肪の関係

アルコールの摂取によって中性脂肪が増えてしまうとされています。アルコールと中性脂肪の関係について詳しく紹介します。

アルコールと中性脂肪は肝臓で分解生成される

アルコールは体内で肝臓によって分解されるものです。そして、中性脂肪も肝臓で合成されて、それが血液に乗って全身に運ばれていくため、肝臓にかかわっています。

アルコールを飲むと胃や小腸から吸収され、肝臓に運ばれて処理されて、水と二酸化炭素に分解されます。この働きによって、人間はアルコールを処理することができるのです。

アルコールが多いと中性脂肪の合成を高める

アルコールを飲みすぎてしまうと、脂肪組織から脂肪酸が放出されるようになります。この脂肪酸が肝臓内でトリグリセリドを合成するのに利用されて、中性脂肪が増加すると言われています。

その結果、血液中に中性脂肪が増え、全身に運ばれて中性脂肪が蓄積してしまうのです。アルコールを飲みすぎると太ってしまうのは、以上のような理由によります。

中性脂肪のことを考えた望ましいアルコールの飲み方

アルコールは適量を守り、おつまみにも気を使うべきです。中性脂肪のために望ましいアルコールの飲み方を紹介します。

飲むアルコールは一種類が良い

中性脂肪を減らすためにはアルコールの摂取量を減らすことが大切です。そのためには、飲むアルコールを一種類に絞るとよいでしょう。

アルコールの適量というのは酒好きの方にとってはかなり少なく感じられるでしょう。だからといって、いろいろなお酒を飲んでしまうと、あっという間に適量を超えてしまいます。

また、飲むアルコールの種類が増えると、適量を守りにくくなります。自分がどのくらいのアルコールを摂取したのか分かりにくく,悪酔いしてしまう可能性もあります。そうなると自制心がきかなくなり,ほどほどに飲むことができなくなるでしょう。このような理由から、アルコールは一種類だけ飲むことをおすすめします。

適量を守る・飲みすぎない


アルコールには適量があります。女性は適量が男性の半分となっているため、男性と飲む際には注意しましょう。ビールは中瓶1本、酎ハイは缶1本、ワインはグラス2杯程度が適量です。日本酒は1合弱、焼酎は0.6合、ウイスキーやブランデーはシングルで2杯です。

お酒を飲むときにはこの適量をしっかりと守りましょう。また、お酒の適量は統計的に得られたものであり、個人差があります。お酒の苦手な方の場合は適量がもっと少ないというケースもあるでしょう。その場合は無理にお酒を飲むべきではありません。

アルコールの適量は体の大きさに比例します。そのため、小柄な女性にとっての適量は上記よりもさらに少なくなります。

アルコールは毎日飲まない!なるべく休肝日をつくる

アルコールは毎日飲んでしまうと肝臓の負担が大きくなります。肝臓がアルコールを処理するのは大変なことです。そのため、お酒を飲んだ日の翌日は飲まないようにするなど、休肝日をしっかりと作りましょう

おつまみの糖質・脂質も気になる!さっぱりとしたものを選ぼう


お酒を飲んで中性脂肪が増えやすいのは、おつまみが原因ともいわれています。お酒をたくさん飲むと、どうしてもおつまみの量も増えてしまいます。お酒のおつまみの中には糖質や脂質の高いものがたくさんあるでしょう。フライドポテトや餃子といったものは中性脂肪を増やします。

基本的にさっぱりとしたおつまみは中性脂肪を増やしにくいとされています。枝豆や冷ややっこ、野菜類がおすすめです。

高い中性脂肪の改善に普段からできること

食事の改善や運動の習慣をつくることが大切です。中性脂肪が高い時にできる対処法について解説します。

フルーツやケーキなどの糖質の摂取を控える

糖質は中性脂肪を生み出す材料となってしまいます。人間にとって重要なエネルギー源なのですが、現代人は基本的に糖質を摂りすぎです。そのため、どんどん中性脂肪を増やしてしまっています。

基本的に甘いものには糖質がたくさん含まれています。ケーキのような洋菓子は特に注意しましょう。また、意外にもフルーツには糖質が豊富に含まれています。フルーツはヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、糖質を過剰に摂取する可能性が高いのです。バナナやりんご、ぶどうなどは糖質が高いため注意が必要です。

また、炭水化物はたくさん糖質が含まれているため、少なめに摂取しましょう。野菜の中にも糖質の多いものがあります。イモ類やかぼちゃ、ごぼう、玉ねぎなどには注意しましょう。

ストレスを減らしてアルコールを飲むのを減らす!

アルコールをたくさん飲んでしまう方はストレスを抱えていることが多いでしょう。ストレス解消のためにどんどんアルコールを飲んでしまい、依存してしまうと考えられます。そのため、ストレスを減らすことがアルコールの量を減らすことにつながるでしょう。

たとえば自分の悩みや不安を打ち明けられる相手を見つけましょう。今の環境に不満を抱いているならば、積極的に環境を変える努力をしましょう。例えば引っ越しをしたり、転職をしたりすることはよいことでしょう。

ストレスを解消するための趣味を作ることもおすすめです。それに打ち込むことができるという趣味を一つは持っておきましょう。休みの日には思う存分趣味を楽しむのです。

運動量を増やして消費カロリーを増やす


摂取カロリーが消費カロリーを上回るために中性脂肪が増えてしまうのです。そのため、摂取カロリーを減らしつつ、消費カロリーを増やすことが大切です。運動量を増やせば消費カロリーが増えて、中性脂肪を減らせるでしょう。有酸素運動は特におすすめです。

有酸素運動というのは酸素を消費して脂肪を燃やす運動のことです。ジョギングやウォーキング、なわとびといった運動を,20分以上継続することで効率よく脂肪を燃焼させられるでしょう。運動の結果,筋肉を増やすことができれば、基礎代謝が上がるため脂肪燃焼の効率はより高まります。

ただし、有酸素運動をするならば、やりすぎないように注意しましょう。激しい運動は筋肉を傷めてしまい、呼吸も乱れるため、長続きしません。1日おきに30分程度の有酸素運動をしましょう。

まとめ

アルコールを飲みすぎてしまうと中性脂肪を増やしてしまいます。ストレスを減らし、アルコールの摂取量を適量に抑えて、休肝日を設けましょう。また、食生活を改善して運動をする習慣を作ることが効果的です。こちらで紹介した対処法を参考にして中性脂肪を減らしましょう。