彼が目を合わせてくれないのはどうして?目を合わせてくれない男性の特徴と心理

気になる男性が目を合わせてくれないとなると、女性としてはショックですよね。嫌われているのではないか、または避けられているのではと思ってしまっても仕方ありません。

なぜ目を合わせてくれないのでしょうか。ここでは、目を合わせてくれない男性の特徴や心理についてまとめてみました。仲を伸展させるポイントについても紹介するので、今後の恋愛に役立ててください。

今回は

  • 目を合わせてくれない男性の特徴・心理
  • 目を合わせてくれない男性の気持ちを読み取るポイント
  • 目を合わせてくれない男性と仲良くなる方法

についてご説明します。

目を合わせてくれない男性の特徴

気になる彼が目を合わせてくれないのは、自身に問題がある可能性もあります。ここでは、目を合わせてくれない男性の特徴についてピックアップしました。目が合わせてくれない男子には、どんな理由があるのでしょうか。

気が弱い

気が弱い人は目を合わせるのが苦手です。目を合わせたとなると何か会話しなくてはいけないと考えますし、気弱な人だとそれだけでドキドキしてしまいます。目が合ったら何か言われてしまうのではないかという恐怖心もあるのかもしれません。

自分に自信が無い

何かしらのコンプレックスを抱えていると自信が持てないことがあります。また、人に誇れるようなものが何もないと思い込んでいると、自信は持てません。自信があれば異性と目が合っても普通に話してくれますが、自信がないと変に思われる、嫌われるという心理が働いて目をそらしてしまいます

警戒心が強い

警戒心が強いと目を合わせてくれないことがあります。自分の気持ちを知られたくないという気持ちが働いているのかもしれません。目が合ってしまうと、自分の本心が伝わってしまうのではないかと考えているため、目が合いそうになっても合わさないのです。

女性に対して免疫が無い

単純に、女性に対して免疫がないことも考えられます。女性に慣れているのなら目を合わせて普通に挨拶するくらい簡単ですが、免疫がないと難しいものです。恥ずかしい、ドキドキするといった理由で目を合わせられないのかもしれません。女性経験が少ないと免疫がないこともあり、目をそらしてしまうのです。

目を合わせてくれない男性の心理

目を合わせてくれない男性の心理は、どうなっているのでしょうか。恥ずかしい、自信を持てない、仲良くなりたくないなどいろいろなことが考えられます。ここでは目を合わせてくれない男性の心理をまとめてみました。

恥ずかしい

恥ずかしいという心理が働くと、目を合わせることができません。恥ずかしい心理が働いてしまうのにもいろいろな理由が考えられます。相手の女性に対して好意を持っていたり、女性に免疫がなかったりする場合は、照れてしまうでしょう。

好きな気持ちを悟られないようにしている

男性 ハート

本心では好きなのに、それを知られたくないと思っている男性もいます。知られると今の関係性が壊れてしまうのが怖い、周りに知られて冷やかされるのが怖いと思っているかもしれません。徹底して気持ちを隠そうとしているので、目を合わそうとしないのです。

自分に自信を持てない

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と思い込んでいる男性もいます。自分に自信を持てず、異性に好かれるはずもないと思っているので目も合わせません。このようなタイプは意外に多く、見た目が良くて頭のいい男性でも自分に自信が持てないという人はいます。

昔から目を合わせて話すのが苦手

生まれつき、もしくは育った環境のせいで人と目を合わせるのが苦手になった方もいます。また、ずっとそのような状態で育ってきたので、社会人になってからもその癖が抜けていない可能性があります。目を合わせて話すことに、何かトラウマを持っている場合もあるでしょう。

色々と考えながら会話している

常に考えながら会話していると、目を合わせられないこともあります。思いついたことをそのまま口にする会話であれば問題ありませんが、頭の中で会話を組み立てていると視線が定まらないこともあります。何かを考えるときに斜め上を見たりするのと同じ行動といえるでしょう。

話すのが面倒だと思っている

目が合ったときには、会話の必要性も出てきます。絶対に会話しないといけないわけではありませんが、そこから会話が始まることはよくあることです。目を合わせてくれない男性のなかには、話すことが面倒だと思っている方もいます。

会話を避けるために目を合わせないことも考えられるでしょう。

話の内容がつまらないので上の空になっている

目の前で会話をしているのに目を合わせてくれないというケースは、会話がつまらないのかもしれません。相手の男性がまったく興味を持てないような話をしているとき、このようなことが起きてしまいます。相手が興味を持つ話題を持っていきましょう。

これ以上仲良くなりたくないと拒絶している

もしかすると、男性からの拒絶のサインかもしれません。特に、目の前にいて会話をしているのに目を合わせてくれないとなると、これ以上仲良くなりたいと思っていない可能性があります。返事なども上の空の場合、その可能性はより高くなると考えられます。

毛嫌いしている

嫌いな女性とは会話もしたくないため、目を合わせるのも嫌だと思います。そのため、女性を毛嫌いしているようだと目は合わせてくれないでしょう。

ただ、毛嫌いしている場合だとそもそも会話に応じてもくれないこともあるため、目を合わさない以前の何かがあるかもしれません。

隠し事をしている

自分が不利になるような隠し事をしているのかもしれません。人は隠し事など後ろめたいことがあると、相手の目を見ることができない方は少なくありません。目が泳いでしまうことで、そこから隠し事ややましいことがバレてしまうかもしれないからです。このような場合、挙動も不審になりがちです。

目を合わせてくれない男性の気持ちを読み取るポイント

目を合わせてくれないからといって、必ずしも嫌われているとは限りません。そこで、ここでは会話の中で男性の気持ちを読み取るポイントをお伝えします。これらのことを意識して、接してみてください。

表情の柔らかさ

会話しているときの表情はどうでしょうか。険しい表情で目も合わせてくれないのならあなたは嫌われているのかもしれません。しかし、逆に柔和な表情で会話に応じてくれているのなら脈はあると考えられます。目元や口元など、表情をチェックしてみましょう。

話を区切りたそうにしているか

話を区切りたいと思って、目を合わせてくれないのかもしれません。男性はもっとほかの話をしたい可能性があります。ソワソワしている、何か言いかけているといったときは、話題を切り替えるタイミングです。タイミングを見逃さないでください。

会話の口調の柔らかさ

口調の柔らかさでもチェックできます。会話中の口調が柔らかいのなら、たとえ目を合わせてくれないとしてもあまり問題はないでしょう。しかし、目も合わさずに口調もぶっきらぼう、むしろキツイとなると問題です。この場合は、嫌われているかもしれません。

目を合わせてくれない男性と仲良くなる方法

気になる男性とは何とかして仲良くなりたいものです。しかし、目を合わせてくれないとなるとそれ以上仲を伸展させにくいです。ここでは、目を合わせてくれない男性と仲良くなる方法についてまとめてみました。

横に座って会話をする

目を合わせてくれないのなら横に座って会話をしてみましょう。男性は恥ずかしい、女性に慣れていないという理由で目が合わせられないのかもしれません。ベンチなどで隣り合わせに座ると、目が合うことが少ないため落ち着いて話せるはずです。

笑顔で話しかけ敵対心が無い事をアピールする

警戒心の強い男性の場合、本心を隠すために目を合わせてくれないことがあります。このような男性に心を開いてもらうためには、敵対心がないことをアピールしなくてはなりません。笑顔で話しかけ、自分が害をなす存在ではないことを伝えるようにしましょう。

1回の会話は短めにする

会話は短めにしたほうが良いです。男性は女性に比べて長話をすることも少なく、必要最小限の情報でいいと考えています。1回の会話を短くして、その分何度も話しかけてみましょう。接触回数を多くすることで、好感を持ってもらえる可能性があります。

「はい」か「いいえ」で答えられる会話を準備しておく

男性が会話を苦手としていることも考えられます。会話が苦手なため、目を合わせてくれないこともあるので、この方法は有効です。

また、最初のうちはLINEでのやり取りに徹するのも良いかもしれません。仲が伸展してきたと思ったら、直接会話する頻度を増やしましょう。

まとめ

目を合わせてくれないのは単純に嫌われている可能性もありますが、男性に自信がなかったり、会話を苦手だったりすることもあります。嫌われているかどうかは、相手の態度や表情、口調などを観察してみると良いでしょう。ここでは、仲良くなるためのテクニックも紹介したので、試してみてくださいね。