1人になりたいときの5つの悩み!原因別の対処法を紹介します

「誰とも関わることなく1人になりたい…」と考える方は少なくありません。人間関係や仕事上の悩み、疲れ、心身の不調など、さまざまな理由で1人になりたいと思うことはよくあるものです。

今回

  • 1人になりたいと思う人によくある5つの悩み
  • 疲労、人間関係、ストレス、生活環境、病気でそれぞれ一人になりたいと思った時の解決策

についてご紹介します。1人になりたいと思うときの悩みや、それぞれのシーン別対処法をお伝えしますので、心あたりのある方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

1人になりたいと思う人によくある5つの悩み

どうして1人になりたいと思ってしまうのでしょうか。人によってその理由はまちまちで、ストレスや生活環境などが考えられます。ここでは、1人になりたいと思う人によくある代表的な悩みをまとめてみました。

1.疲労


身体が疲れているときは誰とも関わりたくないため、1人でゆっくりしたいと考えるものです。誰かと関わるとなると会話も必要で、場合によっては気を遣うこともあります。身体だけでなく、心が疲れているときも1人になりたいと思うことはあるでしょう。

2.人間関係

人間関係がしんどくなって、1人になりたいと思うことはよくあります。職場の上司や同僚とうまくいかない、友人との付き合いがツライといった場合、周りと関わりたくないでしょう。こじれた人間関係の中で生活していると精神的に疲労し、人と関わることも嫌になってしまうのです。

3.ストレス

ストレスを抱えるとイライラしてしまい、誰とも会いたくなくなります。人とのやり取りがストレスになることもあるので、なるべく1人になりたいものです。仕事や人間関係のほかに、家族や健康などもストレスの原因になることもあります。

4.生活環境

見知らぬ土地に引越したり、1人暮らしを始めたりすると今までの生活環境と大きく変わってしまい、大きなストレスを抱えることになります。慣れない土地で生活できるかどうか、学校や職場に馴染めるかどうかと不安になると、精神的に不安定になってしまうでしょう。

5.病気

病気になると気持ちが落ち込んでしまいます。自分は本当に良くなるのだろうかと不安な気持ちになり、普段であれば考えないことも深く考えてしまうことがあります。

また、弱っている自分を人に見られたくないという心理も働いてしまうため、1人になりたいと考える方は多いかもしれません。

1人になりたいと思うときの対処法その1:疲労編


疲労が原因で1人になりたいときの対処法について紹介します。疲労の原因を知ることが大前提となるので、自分がどうして疲れているのかを客観的に考えてみましょう。自分に合った適切な対処をしてください。

仕事の忙しさが原因なら有給休暇を取得する

有給休暇は労働者の権利です。どのような会社に勤めていても有給休暇は取得できるので、仕事が忙しくて疲れている場合、有給休暇を取りましょう。仕事を休んでゆっくりするのも良いですし、気晴らしに旅行へ出かけるのもおすすめです。

栄養バランスのとれた食生活を心がける

栄養が十分でないと疲れやすくなります。自分の食生活を振り返り、乱れた食生活を送っているのなら見直すようにしましょう。偏食だと栄養も偏ってしまうため、炭水化物やタンパク質、ビタミンなどバランスの良い食事をとることを意識してください。

いつもより1時間早く寝る

疲労の原因は、寝不足かもしれません。人間は睡眠によって体力を回復するので、しっかりと睡眠をとることが大切です。ぐっすり眠るには直前に食事をしない、お風呂で体を温めるといったことで、睡眠の質を高めることができるでしょう。

1人になりたいと思うときの対処法その2:人間関係編


人間関係に疲れてしまうと1人になりたいと思うようになってしまいます。人間関係に疲れてしまうシーンは多々ありますが、ここでは人間関係が原因で1人になりたいと思うときの対処法についてまとめてみました。

職場の人間関係疲れなら配置換えや転職を検討する

配置換えをお願いすることで嫌な社員、性格的にどうしても会わない人と顔を合わさなくて済みます。まずは直属の上司に相談してみましょう。また、配置換えを聞き入れてもらえないのなら転職を視野に入れても良いかもしれません。

恋人関係の悪化なら一度距離を置く

距離を置くことで本当に自分がパートナーのことを愛しているのか、どう思っているのかを客観視できます。距離を置いている間に関係が修復することも考えられます。もしかすると新たな恋が見つかるかもしれません。

夫婦関係の疲れなら家庭内別居

夫婦は長年一緒に暮らしているため、ストレスを抱えてしまうことがあります。家庭内別居なら用事があるときには会うことができ完全な別居にならないため、いずれ関係の改善も可能です。夫婦で相談して、家庭内別居も検討してみましょう。

子育てが大変なら家族に相談する

子育てを奥さん1人で行っているような場合、肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。家族に相談するだけで適切なアドバイスがもらえる可能性もあり、サポートをしてくれるかもしれません。1人で抱え込まないようにしましょう。

1人になりたいと思うときの対処法その3:ストレス編


現代社会で生活していると、ストレスを抱えてしまうことはよくあります。ストレスを少しでも溜めないようにすることが大切です。4つほど対処法を紹介しているので、当てはまる部分があれば参考にしてくださいね。

周囲に気を遣うのをやめる

過度に気を遣っていると、それがストレスになってしまいます。気を遣うことをやめれば精神的な負担も少なくなり、ストレスもあまり気にならなくなるでしょう。「自分がそこまですることはない」と考えるようにすると、気持ちが楽になります。

パワハラやセクハラが原因なら上司に相談する

直属の上司に相談することで、セクハラやパワハラがなくなるかもしれません。それでも改善されない場合は、専門家に相談すると良いでしょう。また、その会社にこだわりがない場合は、転職も視野に入れてみると良いかもしれません。

通勤時間がストレスなら引越す

通勤に相当な時間がかかってしまうとストレスです。職場の近くに引越すことで、通勤時間を減らすことができます。電車通勤なら駅の近くに引越すだけでも随分違ってくるでしょう。混みやすい方面の電車と反対の地域で探してみても良いでしょう。

仕事のミスが多いなら気分転換する

仕事のミスが多いのは、精神的にギリギリだからかもしれません。つまらないミスを頻発してしまうようであれば、疲労や精神的な問題だと考えられます。旅行に出かける、仕事を休んで自分の好きなことだけをやってみるなどがおすすめです。

1人になりたいと思うときの対処法その4:生活環境編


生活環境が原因で1人になりたいと思うこともあります。ここでは、生活環境が原因になった場合の対処法をまとめました。日々の生活の基盤となる場所でストレスを抱えてしまうと心が休まらないので、ぜひ参考にしてください。

マンション・アパートの住民が騒がしいなら大家さんに相談する

直接抗議してしまうと住民トラブルに発展する可能性があるので、大家さんに相談してください。大家さんから注意してくれるので、自分の負担も減らすことができます。また、夜間にうるさいのなら耳栓を使用する、音楽をかけるといった方法もあります。

家庭内にパーソナルスペースがないなら引越す

いくら家族とはいえ、プライベートなスペースがないのはストレスになります。パーソナルスペースを確保できる物件に引越せば問題は解決するでしょう。物件を探すときには、各自の部屋を確保できるかを意識して、間取り図を確認しましょう。

騒がしい環境の住まいなら引越す

近くに幹線道路や高速道路が通っている、鉄道があるといった環境だと騒音に悩まされることもあります。引越し先を決めるときには部屋の内覧だけでなく、周辺環境もチェックしましょう。実際に自分で外を歩いてみるのもいいでしょう。

1人になりたいと思うときの対処法その5:病気編


病気になると気持ちも弱くなり1人になりたいと考えてしまいますよね。ここでは、病気が原因で1人になりたいと思うときの対処法をまとめました。病気を患って、精神的に参っている人は目を通してください。

場合によっては医療機関へ行ってみよう

精神的に落ち着かない、ずっとイライラする、落ち込んでしまうといった状態だとうつ病や自律神経失調症の可能性もあります。このような病気は放置していても改善しないことが多いため、医療機関で診察を受けるのも一つの手です。

退職や休職、働き方を変えるなどを検討する

病気にもかかわらず、無理をして働いてしまうと身も心もボロボロになってしまう恐れがあります。退職や休職してまずは体をしっかり元通りにすることを考えましょう。また、アルバイトやパート、派遣社員として働くなど働き方を変えることも検討してください。

まとめ

1人になりたいと思うときは気持ちが落ち込んでしまい、体も疲れきっていることが多いです。このような状態だと日々の生活を楽しむことができないため、改善していく必要があります。シーン別の対処法についてもまとめたので、思い当たることがある方はぜひ試してください。悩みを解消して、晴々とした気持ちで過ごしてくださいね。