動物に好かれる人は人気!?好かれる人の特徴とNG行動

動物に好かれる人は好感度が高いと言われています。動物を可愛がっている姿を見ると優しそう、家庭的といった印象を抱く方は少なくないでしょう。

しかし、どうして動物に好かれる人は好感度が高いのでしょうか。

今回は

  • 動物に好かれる人の好感度が高い理由
  • 動物に好かれる人の特徴
  • 動物に好かれる方法
  • 動物に対するNG行動

についてご紹介します。動物に好かれる人、好かれたい人はぜひご覧ください。

動物に好かれる人の好感度が高い理由

優しそうに見える、裏表がないように見えるため、動物に好かれる人は好感度が高いです。ここでは、動物に好かれる人の好感度が高い理由をいくつかまとめてみました。

優しそうに見える


動物とたわむれているときは、自然と笑顔になるものです。柔和な表情になるため、優しそうに見えます動物は優しい人を見極めることができるとも言われているので、動物になつかれているだけで、いい人にも見えるのだと考えられます。

子どもが好きそうに見える

子ども好きや動物好きに悪い人はいないと聞いたことがある方もいるでしょう。動物に好かれる人は子どもが好きそうにも見えるので好感度が高いです。動物と仲良くしている姿は、小さな子どもを可愛がっていると見えるのかもしれません。

家庭的に見える

動物に好かれる人は家庭的に見えます。家庭的な人は、包み込んでくれるような優しさも持っているので、それが好感度につながっているのでしょう。小さな動物と楽しそうにしている姿から、子どものことも大切にしてくれるのではないかと思うのです。

裏表がないように見える

裏表がある人は、好感度が低くなってしまいます。人によって態度を変えたり、腹の中では別のことを考えていたりすることもあるため、好かれにくいといえます。

動物に好かれる人は純粋に動物との触れ合いを楽しむことができるため、裏表のない性格に見えます。これは、男性からも女性からも高い好感度が得られるでしょう。

素直な性格に見える

性格が素直だと感情も豊かですし、いろいろな表情を見せてくれます。動物が好きな人、好かれる人は純粋に見えますし、素直な人に見えます。人として接しやすそう、コミュニケーションを取りやすそうと思われるので好感度も高くなることが多いです。

アクティブに見える


行動力がある人は、頼りになります。いつまでも悩んでいることなく行動に移すのが早く、良いと思ったことはすぐ実践するようなタイプといえます。動物と一緒にはしゃぐ姿はアクティブに見えるため、実際行動力がある人も多いため好感度が高いといえるでしょう。

動物に好かれる人の特徴

ここでは、動物に好かれる人の特徴についてまとめてみました。動物に好かれる人は、動作や言動が落ち着いていたり、動物と同じ目線で接したりするなどの特徴があります。詳しくみていきましょう。

動作や言動が落ち着いている

動物と接するときは、急な動作や大きな声はNGです。動物の中には臆病なものも多く、驚かせてしまうため、こうした行為は避けたほうが良いでしょう。動物に好かれる人は、動作や言動も落ち着いています。喋るときもちょうどいい声量で丁寧に話します。

動物と同じ目線に立っている

動物に好かれる人は、動物と同じ目線に立っています。人間のほうが立場が上と横柄な態度で接することもなく、同じ生き物として接していることがほとんどです。また、動物の気持ちを理解しようとします。動物もそれが分かるため、そのような人になつくのでしょう。

タバコを吸わない


タバコには、ニコチンやタールなどの有害物質が含まれています。タバコは臭いもきついのですが、喫煙者の服や髪の毛には臭いもしみついています。人間よりも嗅覚に優れる動物は、喫煙者ということがすぐ分かるでしょう。動物に好かれる人が非喫煙者というのは珍しくありません。

香水をあまりつけない

動物に好かれる人は、香水をあまりつけません。動物は人間以上に嗅覚が優れているため、タバコと同じように強い臭いに敏感です。動物に嫌な思いをさせないように、敢えて香水をつけないという方もいます。香水の強い匂いがない人は、動物から好かれやすいでしょう。

他人の気持ちを考えられる

動物の気持ちを考えることができるため、自分以外の他人の気持ちも考えることができます。人間関係においても他人の立場に立って考えることができ、上から目線ではなく同じ立場からのアドバイスしてくれます。これも動物に好かれる人の特徴といえるでしょう。

感情的にならない

あまり感情的になることがない人が多いです。感情的になるとつい声が大きくなったり、乱暴な行動をしたりする人もいます。人間は、感情のある生き物なのである程度は仕方ありませんが、動物に好かれる人は感情を表に出すことはあまりないでしょう。

ポジティブ思考

ポジティブ思考という特徴もあります。いつも前向きな考えをしており、後ろ向きになることが少ないです。たとえ失敗したときでもクヨクヨすることなく、次にどうすれば挽回できるかを考えています。また、周りの人にも元気を与えてくれるタイプでもあります。

動物に好かれる方法

動物に好かれるようになれば、人からも好かれるようになります。では、いったいどうすれば動物から好かれるようになるのでしょうか。ここでは、動物に好かれるための方法をまとめました。気になる方はぜひ試してください。

まずは姿勢を低くする

姿勢を低くすると、自然と目線も下がります。動物に好かれるためには、目線を同じ高さにすることがポイントです。小型の動物からすると、人間の姿はかなり大きく見えます。恐怖を感じさせてしまうため、姿勢は低くして接するようにしましょう。

話す時の声は高め

声は若干高めにしたほうが、好かれやすいと言われています。動物は敵を威嚇するときに低い声でうなるので、低い声で話しかけると威嚇されていると勘違いするかもしれません。気持ち高めの声で、ゆっくりと話しかけると良いでしょう。

最初に手の匂いを嗅がせる


動物は人間よりも嗅覚が優れています。視覚よりも嗅覚のほうが発達している動物が多いので、動物にとって匂いはとても重要な情報になります。手は匂いがつきにくい部位なので、最初に手の匂いを嗅がせると嫌な臭いがないと認識してもらえます。

こちらから近付かずに動物が寄ってくるのを待つ

飼い主でもない人が自分に向かってどんどん近づいてくると、動物は身を守ろうとします。警戒心をむき出しにしてしまうので、動物も心を開いてくれません。一気に近づかないようにし、向こうから寄ってくるのを待ちましょう動物にもパーソナルスペースがあるので注意してください。

動物に対するNG行動

ここでは、動物に対するNGな行動についてまとめています。このような行動をしてしまうと動物に好かれるどころか、嫌われてしまうので注意が必要です。行動によっては、敵対心をあおり攻撃される可能性もあるため、気をつけましょう。

動物に対して怖いと思わない

動物のことを怖いと思ってしまうと、自分よりも弱い相手だと認識される可能性があります。びくびくしていると動物もそれを理解するので、動物を怖いと思うのはよくありません。また、怖いからと大きな声で騒いだりするのもダメですよ。

立ったまま近づく

大きな体の人間が立ったまま近づいてきたら動物は警戒します。小型~中型の動物だと人間よりも体が小さいことがほとんどのため、急に近寄ってくると恐怖を感じます。基本は近寄ってくるまで待つことですが、自分から近寄るときは姿勢を低くするようにしましょう。

大きな声を出す

動物を怖がらせてしまうので絶対にNGです。警戒心が強くなり、近づいてくるどころか離れてしまうでしょう。いきなり近くで大きな声を出してしまうと攻撃されていると勘違いし、反撃してくる可能性もあります。小さな声を意識してください。

香水の香りがきつい


動物の嗅覚は人間以上です。人間にとっては大した匂いでなくても、動物からするときつい匂いということはよくあります。香水の匂いも動物は敏感なので、たくさんつけていると近づいてきません。つけたとしても、少量にしましょう。

まとめ

動物から好かれる人は家庭的で優しく見え、行動力もあるように見えるので好感度が高いです。非喫煙者が多く言動も落ち着いていることが多いので、誰からでも好かれやすい特徴がありますね。ここでは動物に好かれるための方法も紹介しました。動物から好かれて好感度もアップさせるようにしましょう。