末っ子とはどんな性格?男女別に相性のいい人の特徴も教えます

「末っ子っぽい性格だね」と言われたことある方もいるでしょう。末っ子っぽい性格とはいったいどのような性格なのでしょうか。甘えん坊で大人から可愛がられるといった印象は多くの方が持っているかもしれません。ここでは、末っ子の性格や男女別に相性のいい人の特徴などについてまとめてみました。

今回は

  • 末っ子はどんな性格?
  • 末っ子女性と相性の良い男性
  • 末っ子男性と相性の良い女性

についてご説明していきます。末っ子の方や、末っ子の異性に気になっている人がいる方はぜひチェックしてみてください。

末っ子はどんな性格?

兄弟や姉妹の中で、もっとも年下となるのが末っ子です。兄弟姉妹がいない方や、自分が長男長女という方は、どんな性格なのか想像しにくい面もあるでしょう。ここでは、末っ子の性格についてまとめてみました。ぜひチェックしてください。

甘えん坊

生まれたときから年上の兄や姉がいるので、甘えん坊な性格をしている方が多いです。兄や姉に甘やかされて育った人も多く、大人になってもその性格のままという方は少なくありません。誰に対しても甘え上手で心にスッと入っていきます。

タカリ体質

兄や姉が持っているものを欲しがって、泣き落としのようにして貰ったことがある末っ子の方もいるでしょう。ある意味タカリ体質とも言えるのは、末っ子の特徴かもしれません。子どものころそれでうまくいったため、大人になっても変わらないですね。

家事が苦手


末っ子は、家事が苦手なことが多いと言われています。兄や姉は両親の手伝いとして家事をすることもありますが、末っ子はほかの兄弟がやってくれるため手伝う必要がありません。家事をしなくても良い環境で育っているので、大人になっても家事ができない人が多いようです。

被害者意識が強い

子どものころは兄や姉から理不尽なことをされることもあり、末っ子という理由だけで扱いが雑になることもあります。兄弟のおさがりを着なくてはいけなかったり、お小遣いが少なかったりという経験があるため、被害者意識が強いのです。

要領がいい

ほかの兄弟、姉妹の失敗を近くで見ているので、とても要領が良いです。兄や姉たちの失敗から学ぶことができるので、自分は失敗しないように行動できます。末っ子が両親に取り入るのが上手なのは、こうした要領の良さが理由でしょう。

年上の人に人気がある


甘えん坊気質で、誰にでも上手に取り入ってしまうため年上からは好かれる傾向にあります。男女関係なく可愛がられることが多く、年上からもチヤホヤされやすいでしょう。要領が良いため、年上に好かれるために何をすればいいかも熟知しています。

年下の人は苦手

家族の中で一番の年下として生きてきたので、年下への対応の仕方が分かりません。年上ならいくらでも対応できるのですが、年下となるとどう接したらいいのか分からないのです。そのため、年下の人と2人きりになると沈黙してしまうこともあります。

頼るのが得意

末っ子は人に頼るのが得意です。子どものころから兄や姉にいろいろなお願いをしているため、どうすればお願いを聞いてもらえるかも知っています。上手に甘えて、相手にお願いを聞かせてしまうのです。

頼られるのは苦手

兄や姉に頼るばかりで、頼られたことがほとんどありません。両親もたいてい兄や姉にお手伝いをお願いするので、末っ子に頼るということはあまり考えられないでしょう。こうした理由から、人に頼られることにあまり慣れておらず苦手としています。

わがまま

末っ子ということで周りからチヤホヤされて育ってきた経緯があります。甘やかされて好き放題してきた方も多く、何でも思い通りになると考えている方もいます。ただ、わがままではあるものの、周りの言うことは素直に聞くことが多いです。

おしゃべり


子どものころは年上の兄弟や姉妹だけで遊ばれて、末っ子は放置されることがあります。そのため、兄や姉に構ってもらおうと必要以上におしゃべりになってしまうことがあるのです。うるさいと思われてしまうこともありますが、ムードメーカー的な役割を担うこともあります。

自己アピールが強い

末っ子は自己アピールをしないと両親や兄弟に構ってもらえないことがあったため、自然と自己アピールが強くなりやすいです。友人や知人などに対しても自己アピールが強くなってしまいます。そのため、就活など自己アピールが必要なシーンには強いかもしれません。

気分屋

気分屋な一面があります。気分次第で気持ちが変わることもよくありますし、昨日言っていたことと、今日言っていることで違うことも少なくありません。コロコロ考えや言うことが変わるため、周りからは変わり者と思われることもあります。

寂しがり屋

末っ子は、兄や姉ほど両親に構ってもらわなかった方が多いです。長男や長女だと両親から十分可愛がってもらっていますが、末っ子だと愛情が足りないと思っている方が少なくありません。寂しがり屋でかまってちゃんな性格をしている方が多い傾向があります。

喜怒哀楽が表情に出る


喜怒哀楽の表情が表に出やすいのは、末っ子の特徴といえるでしょう。感情を抑えておくことができず、すぐに表に出してしまいます。ただ、感情のコントロールができないわけではなく、自己アピールのために感情を出している部分もあります。

末っ子女性と相性の良い男性


末っ子の女性と相性がいいのは、いったいどのような男性なのでしょうか。末っ子の女性だと包容力がある年上の男性、妹のいる男性などがおすすめです。詳しくまとめてみたので、ぜひ読んでみてくださいね。

年上の大人な男性

末っ子の女性と年上男性は相性抜群です。甘えん坊の末っ子女性は年上男性から可愛がられますし、女性も思う存分甘えることができるため居心地が良いのです。ちょっとしたわがままでも寛容に受け入れてもらえるので、末っ子にはもっともマッチします。

包容力がある

包容力のある男性だと末っ子の女性のわがままに対しても、包み込むような優しさを発揮してくれます。ちょっとやそっとのことでは怒ることなく、好きなようにさせてくれるかもしれません。包容力のある男性といると、この上ない安心感に包まれるでしょう。

妹がいる

妹がいる男性だと末っ子の女性の扱いにも慣れていると思います。年下女性とどのように接すればいいのかも分かっているため、素敵な関係を築けるでしょう。ただ、この場合だと妹のように扱われてしまうこともあるため、その点は注意が必要です。

頼られるのが好き

女性に頼られるのが好きという男性は、末っ子の女性との相性が抜群ですね。末っ子女性はおねだりすることが上手なので、相手にうまく頼ることができます。

頼られるのが好きな男性は頼られることに喜びも感じているので、いつも自分を頼ってくれる女性を愛おしく思うはずです。

末っ子男性と相性の良い女性


ここでは、末っ子男性と相性の良い女性についてまとめてみました。末っ子男性と相性がいい女性は長女で甘えさせてくれる女性です。ときには厳しくビシッと叱ってくれる女性も末っ子の男性には向いていますね。

長女

長女の女性と末っ子男性は相性がいいです。長女だと年下の面倒をみるのに慣れており、接し方も上手です。特に弟がいるような女性だとなおさら末っ子男性とはうまく接することができるでしょう。末っ子男性も甘えやすく、女性も甘えられて嫌な気はしません。

甘えさせてあげる

末っ子男性は甘えさせてくれる女性に弱いです。末っ子は甘えん坊気質の方が多いですし、甘えたいという願望を常に持っている方も少なくありません。そのため、いつでも甘えさせてくれるような優しい女性には弱いと言えます。

叱り方が上手

叱り方が上手な女性の場合、末っ子男性も付き合いやすいでしょう。頭ごなしに叱るだけの女性では末っ子男性は反発してしまい、すぐに拗ねてしまうこともあります。末っ子男性が拗ねないように、上手に叱ってくれる女性だと長続きしやすいと考えられます。

褒めて伸ばすのが得意

叱って伸ばすのではなく、褒めて伸ばすのが得意な女性なら末っ子男性はさらに成長できるでしょう。末っ子男性は褒められることに飢えていることも多いです。自分を認めてほしい気持ちが強いことも多く、このタイプの女性との相性はバッチリです。

まとめ

甘えん坊気質でわがままだったり、自己アピールが強い末っ子ですが、基本的には誰からも好かれることが多いです。特に年上からは好かれることが多いので、末っ子の方はその特権を最大限活かすようにしましょう。ここでは末っ子の女性と男性、それぞれにマッチする相性のいい人についてもまとめました。参考にしてみてくださいね。