しらけ世代とは?大まかな特徴と上手に付き合う方法

「しらけ世代」という言葉を聞いたことがありませんか?ゆとり世代やバブル世代など、これまでの歴史の中でさまざまなネーミングの世代名が誕生してきました。付き合いにくいとも言われるしらけ世代ですが、ここでは大まかな特徴と、上手に付き合う方法についてまとめました。しらけ世代とかかわることがある方は、ぜひ目を通してくださいね。

今回は

  • しらけ世代とは?
  • しらけ世代の特徴
  • しらけ世代の義両親との付き合い方

について解説します。自分がしらけ世代かも…?という方はぜひチェックしてみてください。

しらけ世代とは?

しらけ世代とは学生運動が鎮火しつつあった時代に成人を迎えた人たちのことを言います。政治に関心がなく無気力で、「新人類」と呼ばれることもあります。ここではしらけ世代の概要についてまとめてみました。

1950年から1964年生まれの人達

学生運動が盛んだったのは、およそ1960年代から70年代。次第に落ち着き、鎮火してきた時期に大学生だった世代なので、生まれは1950年から1964年頃です。共通一次試験制度が始まる以前に大学に入学した世代ですね。1950年生まれだとすると、2018年には68歳になっています。

政治に無関心

学生運動は政治に関心を持ち、それが過激な行動となって表れたものです。しらけ世代はその学生運動が沈静した後に成人を迎えているため、政治には無関心な人が多いとされています。社会の情勢に興味が薄くしらけている、ということからしらけ世代という名前になりました。

無気力・無関心・無責任の三無主義


この時期には「シラケ」という言葉が若者のあいだで流行し、無気力で無関心、無責任の三無主義を中心とする風潮が見られるようになりました。一つの時代が終わったことへの無力感から無気力になってしまう人も多かったようです。

高度経済成長時代に学生生活を送っていた

日本経済が飛躍的な伸びを見せたのは1954年から1973年。日本の経済規模が飛躍的に拡大した高度経済成長期です。約19年間にわたり経済が拡大しました。しらけ世代の人はまさにこの時代に学生生活を送っていたのです。

新人類と呼ばれることもある

しらけ世代の人は今までとは違う価値観を持っていることから、「新人類」と呼ばれることもあります。従来とは異なる感性、行動規範や価値観を持っていると規定した新語で、栗本慎一郎氏が作った言葉です。また、一風変わった若者のことを「新人類」と呼んでいたこともあります。

しらけ世代の特徴

しらけ世代の人にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。クールで冷めている、感情的にならない、ブランド志向などいろいろな特徴がありますが、ここでは詳しくまとめました。周囲の人に当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

個人主義

しらけ世代の人は個人主義の傾向があります。個人の権利や自由を社会、国家に主張しているのが特徴です。政治に関しては基本的に無関心ですし、わざわざ議論しようとすることもありません。一方で個人を大切にしているので、権利に関しては敏感な傾向があります。

クールな性格


クールな性格なのもこの世代の特徴と言えるでしょう。あれほど盛んに行われた学生運動によっても社会が大きく変わらなかったこともあり、基本的には冷めています。カッとなって周りを振り回すことも少なく、いつでも冷静に話ができるのは魅力かもしれません。

ブランド志向

しらけ世代が青春時代を送る1970年代以降は、個人的な消費による自己実現をしようとする風潮が生まれた時代でした。そのためお金やブランドを大切にする方が多いのもこの世代の特徴です。自分をより大きく見せる、かっこよく見せることにこだわりを持つ世代とも言えるでしょう。

テレビやマンガの影響を受けた元祖オタク世代

1970年代の後半になると、アニメやゲームの業界が急速に発展しました。さまざまなテレビアニメやゲームが誕生し、多くの人が熱中したのです。この時代には著名なゲーム、アニメのクリエイターがたくさん誕生しており、オタク業界の先駆けとなったのもこの世代を言われています。

性格は穏やかで敵を作らない

穏やかな性格なので、わざわざ自ら敵を作るようなことはしません。激しい学生運動の様子を知っていることが影響しているのかもしれませんね。事を荒立てることもなく、トラブルなどに直面しても、いつも平和的解決を望みます。

仕事をわかりやすくマニュアル化するのが得意

この時代の人は「マニュアル世代」とも呼ばれることがあります。大学入試で共通一次試験が始まった世代でもあるので、マニュアルに順応しやすいのが特徴です。そのため、仕事でもわかりやすくマニュアル化することに長けています。

人と人とをつなげるのが得意

一定のコミュニケーション力を持つ人が多く、人同士をつなげることに長けた人が多いのも特徴と言えるでしょう。お互いの求めることを把握し、それを踏まえた上でマッチングできるスキルがあります。平和を望み、周囲のことをよく見ていることから、場を保つのが得意な方が多いのです。

感情的にならない


無気力で無関心と言われる世代の人たちなので、感情的になることも少ないです。怒りをあらわにすることはあまりなく、感動して涙を流すということも少ないかもしれません。職場では感情に流されることなく淡々と仕事をこなしていきます。

適応能力が高い

適応能力に優れているため、どんな環境でもすぐに慣れてしまいます。この世代の人はちょうど一つの時代が終わり、新たな時代が始まるときを生きています。嫌でもその環境に慣れる必要があったので、自然と適応能力も高くなったのでしょう。

セカンドライフ志向が強い年代

団塊世代の人たちは定年を迎えてもなお働きたがる傾向にありますが、しらけ世代の人は違います。セカンドライフ志向が強く、一定の区切りをつけてまた別の人生を楽しみたいと考えているのです。早い時期からリタイヤ後のことを考えている方が多いでしょう。

哲学や思想には意外と関心がある

何事にも無気力、無関心と言われるしらけ世代ですが、哲学や思想には関心を持っている方が多いです。しらけ世代の人が生きてきた時代には哲学や思想を語ることが一種のファッションとしての地位を得ていました。そんな時代柄、哲学の分野に興味を持つ人が多かったのが理由かもしれません。

テクノポップなど無機質なモノが好き


社会的に無機質な変容が感じられたのが1970年代以降のことです。この時代にはテクノポップも流行しています。YMOやヒカシューなど、後に続く人に大きな影響を与えるアーティストも誕生しました。

場の空気を読むのが得意

しらけ世代の人は場の空気を読むことにも長けています。争いごとは苦手で、調和を重視するため場の空気を読んでうまくまとめるのが上手です。その場の雰囲気を壊さず、周りに合わせることができるのは強みと言えるでしょう。

しらけ世代の義両親との付き合い方

しらけ世代の人は現在それなりに高齢になっています。2018年に54~68歳と、結婚相手の両親がちょうどしらけ世代ということも少なくありません。ここではしらけ世代の義両親との付き合い方についてお話します。

最初は一定の距離を取り深く入り込まない


基本的にこの世代の人は他人に無関心なところがあります。また、自分の領域を侵されることをあまり良く思っていないので、最初からなれなれしくしてしまうのはNGです。一定の距離を保ち、様子をうかがいましょう。最初からムリに心の扉をこじ開けようとしても失敗してしまいます。

徐々に距離を縮めていく

一気に距離を詰めるのは難しいので、少しずつ距離を縮めていくことをおすすめします。いきなりいろいろなことを話したり聞き出したりしようとはせず、一回の訪問につき一つの話題にとどめる程度がいいかもしれませんね。最初のうちは、会う頻度も控えめにしておいたほうが無難でしょう。

お祝いごとはしっかりと祝う


お祝いごとはしっかりと祝ってあげたほうが喜ばれます。無気力で無関心な世代とは言われていますが、けして冷たいわけではありません。意味もなく距離を詰めると警戒されてしまう可能性がありますが、誕生日や義両親の結婚記念日など、お祝いのタイミングは親しくなるチャンスです。

パートナーに根回しをお願いする

自分だけでいろいろ考えても失敗してしまう可能性があるため、パートナーに根回しをお願いしておきましょう。贈り物をするのならリサーチも必要ですし、一緒に食事に行くのならお店の手配もしなくてはなりません。相手に協力してもらいつつ仲を深めてください。

信頼できる人に話を聞いてもらう

しらけ世代の義父母にお悩みの方は、信頼できる人に相談に乗ってもらいましょう。頭の中で色々考えてしまいがちですが、言葉にして話すことによって、物事が整理されてゆき、対処法が自然と出てくることもあります

信頼できる人がいない、迷惑をかけたくない…という方には、cotreeでオンラインカウンセリングを受けることがおすすめです。

信頼できるプロのカウンセラーたちに「書く・話す」カウンセリングから選んで話を聞いてもらうことができます。まずは以下から、あなたの悩みに合うカウンセラーの診断をしてみましょう。

\臨床心理士など、資格持ちのプロのカウンセラーにカウンセリングをしてもらおう/

まとめ

元祖オタク世代とも言われるしらけ世代の人は、無関心で無気力、そのうえ個人主義と言われているので付き合いにくいと思ってしまうかもしれません。

しかし、実際には争いを好まず、人と人をつなげるのが上手など、良い部分もたくさんあります。ポイントさえしっかり押さえておけばしらけ世代の人ともうまく付き合えるので、ぜひ参考にしてくださいね。