気遣いとは?気遣いが出来る人の特徴と気遣い上手になる方法

気遣いができる人は素敵ですよね。自分も気遣いのできる人になりたい、と思っている方も多いでしょう。しかし、気遣いといっても何をすれば良いのかわからず悩んでいませんか?ここでは、気遣いの意味やできる人の特徴、できるようになる方法などについてまとめてみました。気遣い上手を目指しているのならぜひ読み通してください。

今回は

  • 気遣いの意味
  • 気遣いができる人の特徴
  • 気遣いできる人になるためには?

についてご紹介します。気遣いできる人になりたい方はぜひご覧ください。

気遣いとはどんな意味なの?

気遣いのできる人、気遣い上手といった言葉はよく耳にしますが、気遣いとはどのような意味なのでしょう。気遣いは「相手のことを思って配慮すること」、「悪いことが起きるのではないかと心配すること」という2つのニュアンスがあります。

相手のことを思って気を遣うこと


病院に入院している友人や知人のためにお見舞いに行ったことはありませんか?これも一つの気遣いです。エレベーターの「開」ボタンを押して乗る人を待っていてあげた、だれかに道を譲ったなどといった小さなことでも「気を遣ってくれてありがとう」とお礼を言われますよね。相手を思って何かをする、気を遣うことが気遣いです。

悪い事が起こるのではないかと心配すること

一般的に気遣いというと、相手のことを思いやった行動のことを指すことが多いです。もう一つ、悪いことが起きるのではと心配することも気遣いと言います。こちらの意味で使用することはあまりないかもしれません。

心遣いや配慮といった意味に近い

「心遣い」とは相手のためを思っていろいろ気を回すことを言います。また、「配慮」は良い結果となるように心配りすることを意味します。気遣いはこの心遣いや配慮の意味に近いので、類似する表現として覚えておくと良いかもしれません。

気配りよりも対象相手が限定的な気持ち


「気遣いは気配りと違うの?」と思った方もいるでしょう。気配りは事が上手く運ぶように気を配ることを意味しており、その対象は気遣いよりも広くなります。気遣いは気配りよりも対象が限定的で、特定の人に対して気を遣うことを表すことが多いです。

気遣いができる人の特徴

ここでは気遣いができる人の特徴を見てみましょう。気遣いができる人は空気を読むのが上手で見返りを求めることもありません。頭の回転が速く察する能力にも長けています。詳しく見ていきましょう。

自分よりも相手を優先できる

気遣いができる人は、常に自分よりも相手のことを考えています。自分のことよりも相手を優先しており、自分のことは二の次で良いと考えています。お店で手に取ろうとしたものが被ったときなどに、「どうぞ」と言えるのは気遣いができる人と言えるでしょう。

また、気が利かないことで悩んでいる方は、以下の記事もチェックしてみてください。

相手に見返りを求めない

気遣いはあくまで相手のことを思いやったうえで気を遣うことです。何かをしてあげたから自分にも何かしてほしい、お返しをしてほしいなどとは考えていません。たとえ相手からお返ししたいと言われても断ることが多いです。

場の空気を読むのが得意

気遣いができる人は常に周りに目を配っているので、空気を読むことにも長けています。会議などで発言が被りそうになったら自分は遠慮し、違う意見を口にするといった対処もします。その場がもっとも丸く収まる方法を考えているのです。

また、空気が読めず無神経な言動をしてしまうことでお悩みの方は、以下の記事をチェックしてみてください。

無神経な人の特徴・心理・職場&彼氏との付き合い方!無神経さを治す方法も解説

男女問わず友達が多い


気遣いができる性格だと、周りの人に好印象を与えられます。一緒にいて心地良いですし、安心感もあります。そのため、男女を問わず友人が多いのも、気遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

また、友達がいないことで悩んでいる方は以下の記事もチェックしてみてください。

友達がいない人の特徴・性格・あるある。孤独を感じる人は52%!孤独を解消する方法

相手のことを知りたいと思う気持ちが強い

相手のことをよく知ればもっと相手のためになること、その人のことを考えた行動ができると考えています。また、相手を知ることで自分がその人に合わせることができるので、どんな人か知りたいと考えるのです。相手を知ればその人に合った対応ができますよね。

感動を共感する力が強い

周りの人たちと感動を共感できるのも気遣いができる人の特徴です。周りの人が喜んでいるときには自分も一緒に喜べますし、泣いているときには一緒に泣くことができます。心から共感してくれるため、だれかから話しかけられたり相談されたりすることも多いでしょう。

相手の細かい変化を感じ取ることができる

観察力に優れているため、ちょっとした変化にもすぐ気づきます。また、その変化に対して気の利いたコメントができるのも気遣いができる人です。相手からすると、小さな変化にも気づいてもらえてうれしい気持ちになります。

頭の回転が速い

今何を言えばいいのか、どうすればいいのかということを瞬時に考えることができます。相手の考えていることやその場の状況から、ベストな選択肢を導き出すことができるのです。いつも最善の答えを出してくれるため、周りの人からは重宝される存在です。

察する能力に長けている


ちょっとした変化にも気づく能力を持っていることが多く、相手の表情からいろいろなことを察することができます。顔色が悪いのではないか、元気がない気がするなど、周囲の不調に気づいてさりげなくフォローしてあげるのも上手です。

相手によって態度を変えたりしない

気遣いができる人はだれにでも平等に接しています。自分の中でランク付けなどもしていませんし、相手によって態度を変えるようなこともありません。だれに対しても同じ対応をしてくれるので信頼を得られ、周りには人が集まってきます。

マメな性格

マメな性格をしているのも特徴です。年賀状や暑中見舞いなどもきちんと送ってくれ、自分に何かしてもらったときにはお返しも欠かさないでしょう。友人の誕生日なども覚えていて、真っ先にメッセージを送るような人も気遣いができる人と言えます。

年下もリスペクトできる

自分より年下の人を、無条件に見下してしまう人はどうしてもいます。自分のほうが年上というプライドが邪魔し、素直にリスペクトできないのです。しかし、気遣いができる人は、周囲の人となりや行動を見る力に長けています。年下でも尊敬できるところを持つ人に対して、素直に尊敬の気持ちを持てるでしょう。結果、腰が低いので多くの人から慕われる傾向があります。

陰口を叩かない

気遣いができる人で陰口を叩く人はまずいません。陰口は本人のいないところでの悪口ですし、それは卑怯なことだと思っています。周りの人が特定の人をターゲットとして陰口を言っていたとしても、それに乗っかるようなこともありません。

笑顔であいさつできる

いつも明るく笑顔であいさつをしてくれるのも、気遣いが上手な人の特徴。あいさつは場の雰囲気を良好に保つための基本です。職場ではもちろん、友人や知人に対しても同じように元気にあいさつしているので良い印象を持たれている人が多いでしょう。

気遣いできる人になるためには

気遣いができる人になるには、いったい何に気をつければいいのでしょうか。相手の求めていることをすべて把握するのは難しいですが、ちょっとした行動で気遣いができるようになります。ここでは4つほどポイントをお伝えします。

自分の強みを知る

気遣いができる人間になりたい!と感じている方は、まず自己分析から始めてみましょう。

グッドポイント診断で5つの強みを知り、どのあなたの強みが「気遣い」に作用しそうかチェックしてみましょう。

「社交性」が強みに入っている方は、気遣いの素質がかなりある方。ですが、他の素質の中からも「気遣い」を見いだすことができるかと思うので、まずは自分を知ることから始めてみましょう。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

人によって態度を変えない


人によって態度を変えるのはNGです。このような人は信頼も失ってしまいますし、好印象を与えるどころではありません。だれに対しても同じように接することができないと、気遣いではなく贔屓ととられてしまうことも。人によって態度を変えるのはやめましょう。

周りを常に観察する

観察力を磨きましょう。気遣いをするには相手のちょっとした変化、違いに気がつかねばなりません。日々の生活の中で周りを常に観察するようにしてください。意識的に行うことで観察力も磨かれていくでしょう。人や物、いろいろなものを毎日観察してみてください。

困っている人がいたら手を貸す

相手を思いやった行動が気遣いなので、困っている人を見つけたら積極的に手を貸しましょう。恥ずかしい、ほかの人がやるだろう、という気持ちでは到底気遣いができる人にはなれません。手を差し伸べられて迷惑だと感じる人はほとんどいません。率先して自ら手を貸すくらいになってくださいね。

気がついたら共有物をキレイにする

共有物はみんなで使うものです。汚れている、散らかっていることもあるかもしれませんが、そのときには積極的にキレイにしましょう。マンションのエントランス、職場のエレベーターなどですね。こういうことが自然とできるようになれば気遣いもできるようになります。

まとめ

相手のことを思って行動するのが気遣いです。気遣いができる人は、小さな変化にも気づき性格もマメ、察するのが得意な人。

気遣いができるようになれば自然と人が周りに集まってきますし、友達も増えていくはずです。職場でも頼りになる存在とみなされるでしょう。これをきっかけに気遣い上手を目指してみませんか?