お金の使い方が下手なのはこんな人!上手な人になる方法を教えます

お金の使い方が下手な人には、ある特徴があります。自分自身、お金の使い方が下手と自覚している方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、

  • うまくお金の管理ができない人の共通点
  • 上手な人になるための方法

を紹介していきたいと思います。

あるあるチェック!お金の使い方が下手な人の特徴

お金の使い方が下手な人は、安いからと不要なものまで買ってしまったり、我慢できなかったりする傾向が強いです。このほか贅沢品や嗜好品にお金をかけてしまうこともあります。そんなお金の使い方が下手な人の特徴を詳しく紹介します。

安いという理由で不要なものまで買っている

安いという理由だけで、本当は必要ないのに不要なものまで買ってしまう人はいないでしょうか?価値のあるものだからこそお金を支払うのであって、安くても使わなければ意味がありません。

買い物をするときに、つい値段の安さが目に付いてしまう場合には、要注意だと言えるでしょう。セールやキャンペーンなどにも惑わされないことが重要です。

欲しいものがあると我慢できず購入してしまう

欲しいものがあると我慢できずに購入してしまうのも、お金の使い方が下手な人の特徴です。お金は限られた予算の中で使うことが当たり前。しかし、欲しいものがあると借金やローンをしてでも買ってしまう人がいます。

それは結果的に支払いを先延ばしにしているだけで、結局は自分の財布から出すことになるでしょう。計画性がない人に多い傾向にあります。

コンビニや自動販売機ばかり利用している

コンビニや自動販売機は確かに便利ですが、実はコスパとしてはそこまで良くありません。コンビニも自動販売機も、目にする機会も多いためにちょこちょこと何度も買ってしまうのが問題です。

喉が渇いていなくても自動販売機を見つけるとつい買ってしまう、お腹が空いていなくてもコンビニを見つけるとお菓子を買ってしまうという方は要注意といえます。

外食中心の生活をしている


外食はコスパの面で言うと避けたほうがベター。外食中心の生活をしている方は、お金の使い方も下手です。確かに外食は美味しいですし、注文すれば好きなものが食べられます。しかし、よく考えてみると自宅で作れるものも少なくありません。

お金の使い方が下手な人は、外食ばかりしていることも多く、無駄に出費が重なってしまうことも多々あります。塵も積もれば山となるように、外食費も積もればかなりの金額になるため注意が必要です。

収入に合わない高価なものにお金をかけている

高級ブランドのバッグや時計、その他のアクセサリーが大好きというのも、お金の使い方が下手な人の特徴です。高級ブランドはお金が余っていて余裕があるから身につけられるものです。無理をしてまで購入するものではありません

しかし、お金の使い方が下手な人は収入に見合わないにも関わらず、そういうものも買ってしまう傾向があります。同じようなものをいくつも集めてしまう人も珍しくありません。

貢ぎ癖がある


ホストやアイドル、はたまたアニメなどに貢いでしまうことに喜びを覚える人もいます。個人の価値観なので自由なのですが、貢ぎ癖のある方はお金の使い方も下手だと言えるでしょう。特にホストなどは、商売でやっていることだと忘れて、とにかくお金をつぎ込んでしまうということも多いです。

ギャンブルにはまっている


ギャンブルは買ったり負けたり浮き沈みが激しいですが、総合的に見ると負けるように設定されています。お金のことで一喜一憂する傾向が強いと、それだけギャンブルにハマってしまう可能性も高いでしょう。

ギャンブルに関しては、遊びと割り切っている人であればまだ良いほうです。しかし生活費など必要なお金まで投入してしまっている方は、お金の使い方が下手といえるでしょう。

借金で借金を返済している

自転車操業で借金を借金で返済している人は要注意。多重債務者に多いのですが、自転車操業を繰り返していると、そのうち生活は崩れていきます。その結果、自己破産をしたり生活保護者になったりと、生活がさらに困窮した事態になっていくこともあります。そもそもお金の正しい使い方がわからないので、生活が破綻してようやく気づくでしょう。

見栄っ張りで誰にでもおごりたがる


お金がないのに見栄でおごりたがるのも共通した特徴です。「ここは出すから」が口癖になっていて、周囲の人もそれに甘えていることがあります。一度おごり癖が付くと、その後もお金がないのにおごってしまうことが多くなり、結果的に自分の生活が大変になっていく悪循環です。お金の使い方のベクトルが間違っていると言えるでしょう。

遠い将来までの資金計画を立てていない

その日暮らしをしている方は、お金の使い方も下手です。多くの人は将来のことまで考えて貯金をしたり、保険に入ったりしています。しかしお金に無頓着な人は、あればあるだけ使ってしまうのです。

当然ですが、怪我や病気で働けなくなるリスクなども考えていない傾向にあります。そもそも資金計画という考え方を持っていませんが、いざというときに困るのも自分です。

商品の購入・サービスの利用にあたり比較検討しない

商品を購入・サービスの利用などで、比較検討しないのもお金の下手な使い方です。商品やサービスのメリット・デメリットは、提供しているところによってそれぞれ違います。しかし、手間や面倒ということで比較することをやめ、目についたものを手に取ってしまう傾向があります。

当然、こだわりがないので商品やサービスにも満足できないことがほとんど。さらなる浪費に繋がります。

お金の使い方が上手な人になる方法

お金の使い方が上手な人は、どこに投資すべきかを知っています。さらにどこに出費しているかもきちんと把握し、管理が行き届いているもの。ここからはお金の使い方が上手な人になる方法を解説します。すぐにできることも多いので実践してみてください。

まずは自己分析をしてみる

ついついお金を使いすぎてしまう…という方は、自分の強みが悪い方向へ出てしまっている可能性も。まずは自己分析をしてみることから始めてみましょう。

グッドポイント診断では、あなたの5つの強みを知ることができます。「決断力」「俊敏」が高い人は、もしかしたらついついお金を使いやすい傾向にある人かも?まずは診断をしてみましょう!

\無料で5つの強みを知ろう!/

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

自己投資にお金をかける

新たな知識・技術の習得は将来の役に立ちます。英語を勉強したり、国家資格に合格したり、自分を磨くためにお金を使うと、上手にお金を使えます。自分に知識や技術が身につけば、それは将来的な財産として活用できるでしょう。

目に見える現金や物ばかりではなく、自分という存在価値を高めていけるようにお金を使っていくことが重要だと言えます。

価格の安さだけでなく質も重視する

価格の安さを重視することも重要ですが、品質も重視しましょう。確かに安いものでも良いものはあります。しかし安くて品質が低ければ、それは安物買いの銭失いです。ある程度は品質を重視し「長く使えるのか」という点をしっかり吟味してみましょう。

財布の中身を片付ける

財布の中身が散らかっていると、お金が貯まりにくいと言われています。それは不要なレシートやポイントカードが多いせいで、財布の中身が把握できないことが理由です。財布の中身を気にしない人はお金に無頓着になり、使い方に関しても適当になってしまいます。財布には最低限必要なものだけ入れるようにしましょう。

家計簿をつける


家計後をつけると日々の収支が明確になるため、お金の流れが理解しやすくなります。家計簿をつけることで、そこから無駄な出費がないかどうかもわかってくるはずです。収入と支出のバランスを取るためにも、まずはお金に対する無頓着から脱却する必要があります。

日々家計簿をつけていれば、いちいち細かな家計簿をつけること自体が面倒になってくるもの。自然と無駄な支出も減ります。

毎日長時間使用するものに資金を費やす

生活の中で、長時間使用しているものは何か見極めるのも重要です。例えば衣服は長時間使用しますし、パソコンやスマホなどの家電製品も生活には必要でしょう。

その他、ライフラインに関係するものも欠かせません。日々の生活の中で重要な順にランク付けし、より長く使うものだけに資金を費やすようにしてください。

交際費はケチらない


交際費はケチらないことが重要です。例えば仕事の関係で飲み会などがあっても、参加しないという方がいます。一見するとそれは節約にも繋がりそうですが、仕事の人間関係をスムーズにするためには、やはり飲み会などに参加するのも重要です。

もちろんすべての飲み会に参加する必要はなく、自分のためにならない交流は節約しましょう。人間関係をどう構築するか見極めることが大切になります。

貯蓄をして本当に手に入れたいもののためにお金を使う


本当に手に入れたいものだけを手に入れるために、貯金はしっかり行いましょう。安い代替品を使っても結局は壊れてしまって、長持ちしないことがほとんどです。

また、本当に欲しいものを買わなければ欲求が満たされることがないため、浪費も多くなってしまいます。普段から貯金するようにし、本当に欲しいものが見つかったときにお金を使いましょう。

ネットや雑誌などで価格・クオリティを比較して買い物をする


購入前にはネットや雑誌などで、価格・クオリティを比較してみてください。インターネットを使えば、その商品やサービスに対する評判もすぐに見つけられます。

雑誌などで商品やサービスが紹介されていることもあり、そちらで比較するのも一案です。比較することで本当に価値のあるものを購入できるようになり、浪費も避けられるでしょう

株式・投資信託など資金を投じて資金を増やす

株式投資や投資信託など、資金を投じて資金を増やすというのもひとつの手です。お金がある人は、実はお金を使って稼いでいます。投資はリスクもありますが、安定して資金を増やしたい方なら挑戦してみる価値はあります。

ただ、投資はあくまでも余剰資金で行うようにし、くれぐれもギャンブルのような感覚でやらないことが重要です。

まとめ

お金の使い方が下手だと、人生のなかで数々の損をしてしまいます。自分にとって価値のあるものであれば良いのですが、自分でも理解できないまま浪費している方は要注意です。

こちらで紹介した方法を参考に、今後のお金の使い方を一度考えてみてください。