頭を使う問題でおすすめは?種類別のメリット・デメリットを紹介

頭を使うことに快感を覚える人もいますよね。なかには頭を使う問題を求めている人も多いもの。頭を使う問題を解くことには、メリット・デメリットがあることをご存知でしょうか?

ここでは、

  • 難しい問題を解きたくなってしまう理由
  • 問題を解くことのメリット・デメリット
  • 実際におすすめの問題

を紹介していきます。

頭を使う問題を求めるのはどうして?

人は頭を使う問題を、無意識に求めてしまうことがあります。脳は使わないと退化していくため、積極的に使うべきといえるでしょう。単純に退屈しのぎにもなりますが、趣味としてもおすすめですし、ダイエットに良いという噂もあります。ここからは頭を使う問題を求めてしまう理由について解説します。

単純に退屈だったから

人が退屈な状態に置かれたとき、脳はあまり働いていません。脳が働かないと、人間はより思考力が低下していき、眠気が襲ってきます。その状態から脱却するために、脳を使う問題を無意識に求めてしまうこともあるのです。事実、単純に暇な方ほど頭を使う問題を求める傾向があります。

新しい趣味が欲しくなった


新しい趣味として、頭を使う問題を求めてしまう人も多いです。趣味の範囲でできる気軽な問題は探せばいくらでもあるため、気になる方は挑戦してみる価値もあるでしょう。この手の問題は次々と新しいものが生まれており、趣味としてもとてもおすすめです。

ダイエットにいいという噂があった

頭を使うというのは、実はとてもエネルギーを使うことでもあります。普段から頭を使う人は、酸素の消費量も多いことがわかっています。身体に取り込む酸素の量が多くなればなるほど、人間の基礎代謝にも影響するでしょう。一時期は、頭を使うことがダイエットにいいという噂もあったくらいです。

深い眠りにつける話を知った

本を読んだり勉強したりすると、眠気が襲ってくることもあります。頭を使うと脳が疲れるので、自動的に休息を得ようとし、それが眠気に繋がってくるのです。普段から不眠症気味な方は、深い眠りにつけるよう頭を使うというのも良いでしょう。眠る前に頭を使うのが癖になっている方は、偶然とこの現象を求めてしまうのかもしれません。

大人になっても頭が良くなるという情報を得た

大人になってからでも頭脳を鍛えることは可能です。そのため、頭を使う問題を定期的に求めてしまうという方もいます。大人になってからは仕事一筋という方もいますが、勉強にもたまに目を向けたくなることはあるでしょう。こうした衝動に駆られたとき、頭を使う問題を求めることで快感を得ています。

資格取得系の頭を使う問題のメリット・デメリット

資格取得系の頭を使う問題は、その後のスキルアップやキャリアアップにも繋がります。自分の財産として勉強するのも良いでしょう。ただし、自分の限界を超える学習が求められることもあります。ここからは資格取得関連で頭を使う問題のメリット、デメリットを解説します。

実際に合格すれば資格が財産として残る


資格に合格すれば、一生の財産として残ります。他人に唯一盗まれないものがあるとすれば、それは自分自身の知識や技術だと言えるでしょう。資格もそのひとつといえます。もちろん、自分の能力自体が高くなるので、さらなる高みを目指すことも不可能ではありません。

スキルアップ・キャリアアップに繋がる

仕事はもちろん、勉強においてもスキルアップやキャリアアップに繋がります。資格取得を目指すだけでも思考力が磨かれ、自分磨きにもなるでしょう。なお成長に喜びを感じられる方は、より頭を使う問題に挑戦することで自己実現しやすくなります。

履歴書の資格欄に書ける

取得が難しい資格であればあるほど、履歴書の資格欄でも注目されます。趣味の一環として提供されている資格もあるので、そういうものはあまり使えません。しかし頭を使う資格であればあるほど、それが自分自身のスキルとして活用できるのです。国家資格などは専門性も高いので、より挑戦する価値もあるでしょう。

自分の自信につながる

資格を取得したという経験は、自分の自信にも繋がっていきます。事実、資格を取得したという成功体験があれば、さらに難しい資格にも対応できるようになります。そういう成功体験を積み重ねていくことで、自己実現にもつながっていくはずです。

さらなる資格取得にチャレンジしたくなることも


さらなる資格取得にチャレンジしたくなるかもしれません。人は頭を使って知識や技術を得たとき、それをどこかで活用したいと思います。もちろん、資格を取得すればその知識や技術を使って、さらにほかの資格にもチャレンジしたくなっていくでしょう。

資格の種類によっては合格のハードルが高くなる

資格に挑戦する場合、挑戦するものによっては合格のハードルがとても高いものもあります。頭を使うことができるので、より勉強にも精力的に取り組めるようになるでしょう。しかし合格のハードルが高過ぎる場合は、逆に自尊心を失う恐れもあるので適度な調節が必要となります。

長期間・計画的な学習が要求される場合も

本格的な資格を取得したいなら、十分に勉強しなくてはなりません。それこそ半年や1年という長期的かつ計画的な学習が要求される場合もあります。頭を使いたかっただけなのに、逆にそれらの欲求をプレッシャーに感じるようになる可能性もあるため注意しましょう。

通信講座や通学講座のように勉強方法によっては高額なお金がかかる

通信講座や通学講座を受ける場合は、高額なお金が必要となる場合もあります。頭を使いたいがために大きな出費をするというのは、もったいないと思うかもしれません。勉強する場合は、予算も考慮する必要があるのではないでしょうか。

クイズ・なぞなぞ系の頭を使う問題のメリット・デメリット

クイズ・なぞなぞ系の頭を使う問題にも、メリットやデメリットがあります。近年は色々なクイズやなぞなぞも登場していて、楽しみながらできるようなものも少なくありません。それらへ挑戦する前に、解くことの利点と欠点をチェックしておきましょう。

ネットだけでもかなりの数のクイズ・なぞなぞが公開されている

ネットで少し調べただけでも、かなりの数の問題が公開されていることがわかるでしょう。クイズやなぞなぞは出版社が発行している雑誌や書籍、本で楽しむものが多かったのですが、近年はネットで簡単に閲覧できます。手軽に頭を使える問題を解けるのは魅力的です。

スマホアプリも充実していて外出先の暇つぶしにもいい


スマホアプリも充実してきており、外出先の暇つぶしにも最適です。アプリであればアップデートによって更新されていくので、知識を身につけながら常に楽しむことができます。クイズやなぞなぞを解くための技術も磨けて一石二鳥です。

大抵は無料でチャレンジできる

ネットやスマホアプリの多くは、大抵が無料で公開されています。そのため、無駄に費用がかかることもありません。通信料などはかかってしまうため、パケット代には注意したほうが良いでしょう。なかにはオフラインでできるものもあるので、ぜひ上手に活用してみてください。

小学生もわかるようなやさしいようなものから超難問まである

問題のなかには子どもでも簡単に解けるものもあり、遊び感覚で頭を使うことができます。一方、超難問まで用意されていて、大人でも解けないものもあります。どちらも頭の体操には十分過ぎるほどなので、解くだけでも頭の回転を鍛えられるでしょう。

視覚的なクイズもあって楽しい

文章問題ばかりではなく、クイズやなぞなぞには視覚的な問題もあります。これらは知識というよりは直感を使って解くものなども多く、頭の体操には最適でしょう。心地良い刺激を得るためには、むしろ脳の直感を使うものがちょうどいいくらいです。

IQ判定できるテストもある

自分のIQはどれくらいなのか、気になったことがある人もいるでしょう。クイズやなぞなぞには、IQ判定できるテストも多々あります。自分の脳のレベルを計測するためにも、ぜひその手の問題にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格取得を目指すのと違ってすぐに飽きてしまっても損がない

資格取得の場合は教科書やテキストを購入して、通信講座や通学講座にお金がかかることもあります。しかし途中で飽きてしまうと、知識もつかず、金銭的にも損となるでしょう。ネットやスマホアプリの問題であれば、飽きても損がなく気軽に楽しむことができます。

友人や職場の親しい人に出題してみるなどちょっとしたネタになる

1人で黙々と解くのも良いですが、職場の同僚や学校の友人などに出題するネタにもぴったりです。合コンや街コンなど、ちょっとしたイベントでも何かクイズやなぞなぞを持っていると、盛り上がることがあります。活用方法は意外にも豊富なので、何問か頭に入れておくと良いでしょう。

愛好会に入って本格的な趣味にする選択肢もある


愛好会に入って本格的に練習をするのも一案です。実際にクイズやなぞなぞのサークルや集まりもあるので、参加してみてはいかがでしょうか。趣味として楽しむうちに、どんどん仲間が増えて出会ったことがないような問題にも挑戦できます。

正解が出せないとイライラしてしまうことも

クイズやなぞなぞによっては、ただ頭が良いだけでは解けないものもあります。それこそ右脳だけではなく左脳も使って解く問題も少なくありません。頭を使いたいのに、なかなか正解が出せないとイライラしてしまうこともあるので注意が必要です。

やってみよう!頭を使う問題

考えるより、まずはやってみましょう。頭を使う問題は難解なものからひらめき系まで、さまざまなものが用意されています。まずは興味があるものから挑戦してみてください。ここからは頭を使うおすすめの問題を紹介するので、解いてみてはいかがでしょうか。

100円はどこに消えた?


100円がどこに消えたのかを推理する動画となっています。頭のいい人ほど解けないと言われており、頭の体操になりそうです。実際に頭を使って考えるのが好きな方にとっては、とても面白い問題だと言えるでしょう。

かなり頭を使う難問


こちらの動画では、かなり頭を使う難題が6問ほど出題されています。制限時間は1分となっているので、その間に解けるかどうか挑戦してみてください。なお正解率は36%とそこまで高くないですが、低過ぎるわけでもありません。気づける人は頭がビリビリと刺激されるでしょう。

海外の大手企業の職務能力評価問題


海外の大手企業で実施されている職務能力評価問題を紹介している動画です。事実、海外では日本のような試験や面接ばかりではなく、本人の職務能力に関して色々なテストが行われています。頭を使うものが多いので、ぜひ挑戦してみましょう。

99%の人が間違えた有名企業の入社試験問題


某有名企業での入社試験で使われた問題が紹介している動画です。99%の人が間違えるという超難問となっていて、いかに気づけるかが重要となります。これが解ければ、もはや頭の回転は常人を超越していると言って良いでしょう。

まとめ

人は頭を使うことである種の快感を得ることができます。資格を取得してスキルを身につけるのも良いですし、クイズやなぞなぞで頭の体操をするのも良いでしょう。こちらで紹介した問題なども参考に、自分の頭もフル回転させてみてください。