大殺界って?大殺界の時期と9つの過ごし方

占いが好きな方であれば大殺界という言葉を耳にしたことがあるでしょう。大殺界とは六星占術における運命期の一つで、運気が下がりやすい時期だと言われています。

ここでは大殺界の基礎知識、大殺界の時期、大殺界の過ごし方などをまとめてみました。

大殺界ってなに?

中国古来の易学や万象学などをもとに誕生したのが六星占術です。六星占術では運命期という考え方がありますが、その一つが大殺界です。運気が下降しやすい時期で何をしてもうまくいかないといわれています。

六星占術での運命期のひとつ


六星占術では12年を一つのサイクルとして考えます。財成・再会、乱気、達成、健弱、立花、緑生、種子、減退、停止、陰影、安定と、12に区分した考え方をします。大殺界はこの12区分のうち、減退と停止、陰影の時期を指しているのです。

つまり、12年のうちの3年間が大殺界の時期にあたります。では、大殺界の時期にはいったいどのようなことが起きるとされているのでしょうか。

六星占術での運気が下降する時期

六星占術における大殺界では運気が下降する時期と考えられています。陰影から始まり停止、減退と大殺界は進んでいきます。運気が下降する時期であるため、何か新しいことを始めるのにも向いていません。

特定の運気が下降するのではなく、全体的な運気が下がってしまうといわれています。そのため、金運や恋愛運など、あらゆる運が低下すると考えられます。

大殺界の時期は何をしても上手くいかない

大殺界は何をしても上手くいかない時期だといわれています。新しいことを始めるのにも適しておらず、チャレンジしても失敗することが多くなるようです。そのため、人生の転換期となる結婚や転職を考えるとき大殺界を避けるという方も少なくありません。

ただ、大殺界だから何をしてもダメ、ということはないようです。上手くいくかどうかをすべて運任せにするため、失敗しやすくなる、とも考えられています。

自分の運命星を把握!大殺界の時期を知るには?


人によって大殺界の時期は異なります。では、大殺界の時期を知るにはどうすればいいのでしょうか。ここでは自分の運命星、大殺界の時期を知る方法についてまとめてみました。

生まれた日で計算する

大殺界の時期を知るには自分の運命星を知る必要があります。六星占術の六星とは土星、金星、火星、天王星、木星、水星を言い、これらを土台として占います。この六星は生年月日によって決まります。

 

六星占術の運命数早見表を使い、生年月日から運命数を出します。

その運命数から1を引いた数字に生まれた日を足します。

こうして割り出した運命星を大殺界早見表に照らし合わせると大殺界の時期がわかります。

 

六星占術の本やサイトで自分の時期がわかる

計算は難しそう、と思った方も安心してください。六星占術の書籍はたくさん販売されており、より詳しいことが書かれています。また六星占術のサイトもおススメです。

六星占術の自動計算ができるサイトもあるので利用すると便利です。生年月日を入力するだけで運命星を調べることができます。手軽に大殺界を知りたい方はそちらを利用したほうがスムーズでしょう。

六星占術自動計算サイト

大殺界に関係する3つの運命期


大殺界は3期連続でやってきます。一過性のものではなく、3期連続で訪れるのが大きな特徴と言えるでしょう。ここでは、大殺界の関係する3つの運命期についてまとめてみました。陰影、停止、減退についてそれぞれ見てみましょう。

大殺界の一年目:陰影

大殺界の始まりが陰影です。運気が下降し始める時期で、四季で考えると冬の始まりのようなものです。それまで良い運気だった場合でも、陰影に入ると次第に運気が落ちていくといわれています。

ものの見方が歪むようなことがあったり、物事の判断を誤りやすくなるともいわれます。大きな錯覚に陥ることもあり、得体のしれない出来事に悩まされることもあるようです。

大殺界の二年目:停止

大殺界の真ん中にあたり、もっとも運気が下降する時期ともいわれています。何をしても成果に結び付かず、状況を改善しようともがけばもがくほど泥沼にはまるようです。

恋愛においても苦労することが多くなり、結婚している方だと離婚の危機に陥ることもあるといわれています。この時期はひたすらおとなしく過ごしたほうがいいようです。

大殺界の三年目:減退

運命周期の先頭である種子に向かうため、次第に運気は上昇していくといわれています。ただ、いまだ大殺界の中にあることは間違いないので油断することはできません。

この時期には人との縁が切れやすくなるといわれています。そのため、恋人や友人と疎遠になる、関係が切れるということも起こりえるようです。

大殺界の9つの過ごし方

運気が下がってしまう大殺界の時期にはどのような過ごし方をすればいいのでしょうか。意識することなく何事もなく無事に過ぎ去ってしまうのが一番ですが、ここでは大殺界で不安な気持ちになったときの過ごし方をご紹介します。

良くないことが起きても気にしない


良くないことが起きると何でも大殺界のせいにしてしまうことがあります。また、大殺界であることを気にしすぎる方も多いですがなるべく気にしないことです。

「大殺界だから悪いことが起きたんだ!」と考えてしまうとどんどん気になり始めます。上手くいくことも上手くいかなくなる可能性があるのでなるべく気にしないようにしましょう。

新しいことを始めないようにする

大殺界は新しいことを始めるには向かない時期です。例えば、この時期に起業するというのはあまりおススメできません。スタートダッシュに失敗していきなり倒産ということも考えられるでしょう。

引越しや結婚、転職などもしないほうが良いかもしれません。3年経てば大殺界を抜けるのでそれまでは我慢の時でしょう。

勉強するなど知識等を蓄える時期にする

大殺界の時期はあまり動かない方がいいでしょう。運気が上がる時期に備えて、勉強など知識を蓄える時期にすることをおすすめします。大殺界を抜けた時にその蓄積が役立ち、さらに大きな飛躍ができるはずです。

仕事は少し手を抜いて休む


仕事でも我慢の時期が続きます。何か大きな動きをしようとすると失敗することも考えられますし、大きなミスをしてしまうかもしれません。もがけばもがくほどドツボにはまる可能性があります。

少し手を抜いて休むことも大切です。大殺界の時期にはつい気負いがちになりますし、精神的に張りつめてしまうこともあるでしょう。肩の力も抜いてもっと気楽に働いてください。

わがままを言わない

大殺界の時期は物事がうまくいかず、人に当たりたくなるかもしれません。わがままを言いたくなることもあるでしょう。しかし、がままはさらに自分を窮地に追い込んでしまうことにもなりかねません。このような時期だからこそ、謙虚であることが必要です。

恋も不調な時期なので新しい恋には気をつける

大殺界の時期は恋愛も不調になりがちです。恋人との関係性が悪くなる、離婚してしまうというケースも少なくありません。また、新しい恋をするときにも気を付けることです。

この時期に出会った異性は、相性が良くないことが多く、結果的にうまくいかなくなることが多いのです。

金運には気をつける


トータルでの運気が下がってしまうのが大殺界です。そのため、金運に関しても低下してしまう可能性があるので注意しなくてはなりません。財布を落とした、転職して給料が大きく下がった、といったことも考えられます。

金運が良くなるようなおまじないをしてみるのも良いでしょう。財布に蛇の抜け殻を入れる、お札の向きをそろえるといった方法で金運アップが図れます。

前向きな気持ちで少しのことにめげないようにする

ちょっとしたことでめげていてはいけません。大殺界といっても3年で過ぎ去ります。前向きな気持ちを持っていれば、あっという間に終わってしまいます。

少しのことでめげていては精神的に辛くなります。小さなことは気にせず前向きに過ごしましょう。

厄払いをする

前もって神社などで厄払いをしておくのもひとつの手です。病は気からと言います。大殺界だと思うことで落ち込み、自ら悪い運気を読んでしまうこともあります。厄払いをすれば気持ちが楽になり、運もいい方向に向かうかもしれません。

まとめ

何をしてもうまくいかないと言われる大殺界ですが、あまり深刻に考えすぎないことも大切です。12年周期のうち3年間が大殺界となりますが、3年のあいだ悪いことばかり起きるわけではありません。

考えすぎてしまうと何もかも大殺界のせいにしてしまい、自分で運気を高めようという努力もしなくなります。あまり深刻にならないことです。