オーラのある人の特徴とは?オーラを出す方法

オーラのある人に憧れている方は多いでしょう。しかし、オーラとは抽象的な言葉であり、具体的にどういうものか分からない方もいるのではないでしょうか。

今回は、

  • オーラの意味
  • オーラを持つ人の特徴
  • オーラを持つための方法

についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

オーラはスピリチュアルなもの


オーラにはスピリチュアル的な意味もあれば、単なる慣用表現として使われることもあります。そんなオーラの意味とは何なのでしょうか。

オーラとはその人の霊的エネルギーを指す

オーラとは人がそれぞれ持っている霊的エネルギーのことです。このエネルギーが大きな人のことをオーラのある人と表現しているのですね。そのため、誰でもオーラはあるものですが、それが他の人に感じられるかどうかに違いがあるということになります。

霊的エネルギーとは、一般的な物理学の法則とは異なる次元のエネルギーのことをさします。科学的に確認することはできないのですが、確かに存在すると信じている方も多かれ少なかれいるのです。

オーラは日常的には独特の雰囲気・存在感を表すのに使う

一般的にオーラがあると言われる場合、霊的エネルギーを念頭に置いているとは限りません。単にその人特有の雰囲気があったり、存在感がある人のことをオーラがあると表現されている場合が多いのです。そのため、オーラが絶対にスピリチュアル的な意味で使われているわけではないのです。

オーラがある人とはスター性がある事が多いですね。たとえば芸能人を称賛する際に用いられることが多いです。他に当てはまる言葉が見つからない場合などに、「オーラがある」が便利な表現として使われたりしますね。

オーラのある人の特徴


周りから慕われ、いつも堂々としていて自信のある人がオーラのある人です。ここからはそんなオーラのある人の特徴についてご説明しましょう。

人から慕われる

他人から尊敬されることをしていたり、憧れられる要素がたくさんある人は慕われる存在であり、オーラがあると表現される場合が多いです。芸能人でなくても、会社の社長や部活のリーダーなど、人の先に立つ人がオーラがある人と形容されることもあります。カリスマ性を持っているのですね。

いつもおおらか

気が小さくて細かいことにこだわる人を誰も慕ったりはしませんよね。オーラのある人は、とてもおおらかで、懐の深さを見せてくれるエピソードをたくさん持っているのです。たとえ失敗したとしても叱責したりせず、逆に励ましてくれるような人は慕われるのでオーラがある人と言えるでしょう。

堂々とした話し方をする


常に堂々としており、卑屈になったりしない人はオーラがあると言えます。人前で話をする際にも恥ずかしがったりせず、大きな声ではっきりと話します。このような話し方をする人は人の上に立つ素質があると言え、みんながその人の話をしっかりと聞くでしょう。

土壇場に強い

プレッシャーがかかってしまうような場面では誰でも緊張してしまい、普段よりもパフォーマンスが落ちてしまう、土壇場に弱いのが普通の人ですよね。むしろオーラのある人は、そのような状況であっても、普段以上の力を出、プレッシャーに負けない強さを持っているのです。

自信がある

自分に自信のない人はすぐに緊張してしまい、人前でもすぐに上がってしまいますね。オーラのある人は常に自信があり、どのような状況でも動じません根拠のない自信ではなく、自分の能力に確信を抱いており、周りも認める自信を持っているのです。

決断力がある

オーラのある人は何か大きな決断を迫られたとき、あたふたしません。危機的な状況にあっても、どちらの方向へ進むべきなのかしっかりと示すことができるのです。そのため、ピンチのときにはとても頼りにされます。

集中力が高い


オーラのある人は、目標を定めて何をするべきなのか把握したら、とことん集中することができます。普通の人以上の集中力を発揮することができて、それが長時間持続できるのです。そのため、他の人を圧倒するほどのパフォーマンスを発揮できるでしょう。

気配りする余裕がある

自分勝手な人間はオーラがあるとはいえません。その点、オーラのある人は自分のことだけではなく、周りの人を気にかける余裕があるのです。たとえば困っている人がいたら、積極的にその人を助けようとします。どのような相手にも別け隔てなく配慮できるのです。

明るい雰囲気がある

オーラのある人は、ユーモアのセンスも優れていることが多く、笑わせることも多いでしょう。一緒にいて楽しいと思わせる雰囲気もあります。その場の雰囲気を明るくすることにも長けており、リーダーとしての器があるのです。

物言いがハキハキしている

ねちっこい部分はまったくありません。また、オドオドして自信のなさ見せるようなこともありません。はっきりと物を言うことができます。自分に自信を持っていて、堂々としているため、言うべきことはしっかりと言えます。余計な言葉を付け加えたり、含みのあるようなわかりにくい言い方もしないでしょう。

オーラのある人になるには


堂々としても決して威張らず、何事にも一生懸命取り組んでみましょう。オーラのある人になるための方法について見ていきましょう。

目の前のことに一生懸命取り組もう

まず何事にも一生懸命取り組むことによって自信がつきます。やる気を出して何かに集中している姿というのは周りにアピールすることにもなります。何かに頑張っている人というのは、考え方や顔つきがどんどん変わっていくものです。

成功も失敗も体験として身につける

何事もひとつの体験として将来に活かすようにしてみましょう。オーラのある人でも、昔は失敗ばかりしていたというケースがあります。それでも失敗に負けずに頑張り続けてきたからこそ、最後にはオーラのある人になれたのです。自分を高めるためにさまざまなことをやってみましょう。

必要以上に自分アピールをしない

自分のことをアピールするのはもちろん必要なことです。しかし、過剰にアピールしすぎるのはとてもかっこ悪い行為ですよね。かっこ悪いことをしても、周りはオーラのある人だとは評価してくれないません。謙虚な姿勢を持つことはとても大切なのです。

自分を好きになる


自分に自信を持つためには自分を好きにならなることから始めましょう。自分が嫌いだかと卑屈になってしまい、劣等感を抱いてしまうからです。自分を認めてあげることによって、堂々としていられるようになっていくことでしょう。

曖昧な物言いはやめハッキリ意見を言う

言いたいことがあるならば、濁した言い方ではなくてハッキリと言ってしまいましょう。特に嫌味な言い方というのは相手を傷つけようとする意思があり、卑怯なやり方といえます。ハッキリと意見を言う自信がないからこそ嫌味に逃げてしまうのです。

姿勢を良くする

オーラのある人は姿勢が良い人が多いようです。猫背になっている人にオーラは感じられませんよね。しっかりと胸を張って背筋を伸ばしている人はかっこ良く見えるものです。

威張らない


オーラのある人はわざわざ威張らなくても周りの人は慕ってくれるものです。すごい人だとみんなから尊敬されるのです。謙虚であっても、素晴らしい能力を持っているため慕われるのでしょう。

小声でぼそぼそ喋らない

声が小さい人とは自分に自信がないと思われがちです。自分の発言をみんなが真剣に聞いてくれるという確信を持てないからです。そのような喋り方をしていても、誰も聞く耳を持ってくれません。大きな声でハッキリと喋ることによって、あなたの話に耳を傾けてくれるようになるでしょう。

前向きな考え方をする

何事にも悲観的にならずに前を向いて進んでいく人は、心の強い人であり、オーラがあると思われるでしょう。失敗することばかり考えていては、マイナス思考になってしまい、ネガティブなオーラが出てしまいます。みんなが憧れるような光り輝くオーラを持っている人は常に前向きなのです。

まとめ

オーラのある人は周りの人たちから慕われており、常に堂々としていて集中力や決断力を持っています。あなたも一生懸命何かに取り組んでみて、常に前向きな考え方をしてみましょう。ぜひ、ここで紹介した方法を参考にしていただき、オーラのある人になってください。